「言論人たち」の声明がヒドイ

よくもまあ、こんなメンバー揃えたモノだな。

マスメディアに広がる政権批判「自粛」の空気に抵抗する~言論人たちが声明(全文)

弁護士ドットコム 2月9日(月)23時20分配信

中東の過激派組織「イスラム国(ISIS)」による日本人人質事件が発生して以降、政権への批判を「自粛」する空気が日本社会やマスメディア、国会議員に広がっているとして、作家や学者、ジャーナリスト、映画監督、音楽家など、表現活動にたずさわる人たちが2月9日、「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」を発表した。

「セイフノダンアツに抵抗する俺たちカッコイイ」って感じなんだろうか。


ショボイ声明を出しているのは、こちらの方々。

声明には、映画作家の想田和弘さんや社会学者の宮台真司さん、憲法学者の小林節さん、元経産官僚の古賀茂明さんのほか、音楽家の坂本龍一さんや映画監督の是枝裕和さん、作家の平野啓一郎さんや馳星周さんら、多くの言論人や表現者が名を連ねている。その数は1000人以上にのぼるという。

「言論の自由」というものは貴いモノであるという主張を妨げる積もりは無いが、「言論の自由」はフリーパスではないって事を理解しなければならない。


まあ、とにかく声明を追って行ってみよう。

●翼賛体制の構築に抗する 言論人、報道人、表現者の声明  

いきなり「翼賛体制」なんていう加齢臭漂う古臭い単語が出てきた時点で、読む気が無くなるのだが、この単語から説明しておく。

翼賛体制とは、1940年に成立した大政翼賛会と呼ばれる政治組織を中心に、太平洋戦争下で軍部の方針を追認し支える体制を指す言葉である。

大政翼賛会というのは右派・左派合同組織で、強力な指導体制を発揮した団体だったのだが、そこには思想が無く、綱領や宣言の類も整備されず、多数決による合意よりも総裁による衆議統裁(最終的な意思決定の権限を一人の人物に集める政治手法)に重きを置く組織であった。

……あれ?民主党に似てないか?

 

まあ、それはともかくとしてここで声明のタイトルに使われている理由は、安倍政権批判を目的としたものであり、実態に合っているかどうかはどうでも良いようだ。


で、序文はこんな感じだ。

私たちは、[ISIL]と称する組織・集団による卑劣極まりない邦人人質惨殺事件を 強く非難し、抗議するものである。また、この憎しみと暴力の連鎖の帰結として起きた事件が、さらなる憎しみや暴力の引き金となることを恐れている。

この辺りは当たり前の認識だな。

 同時に、事件発生以来、現政権の施策・行動を批判することを自粛する空気が国会議員、マスメディアから日本社会までをも支配しつつあることに、重大な危惧を覚えざるを得ない。

え?現政権の政策・行動を批判することを自粛する空気?何処にあるんだそんなもの。

メディアも、政治家も散々安倍政権を批判しまくっているじゃ無いか。

批判は当然である。

安倍政権は何もできなかったのだから。

ただ、それが安倍政権の責任だけに帰結しないと言う点は注意しなければならないが。

何もできないことが分かった上で、精一杯の努力をしてベストを選択したのが今回の安倍政権の評価だろう。あれ以上できたとは思えないし、嘆くのであればそんな制約を課した状態を造り上げたこれまでの日本の政治体制を嘆くべきだ。


そして、こんなことを言い出す始末。

「人命尊重を第一に考えるなら、政権の足を引っ張るような行為はしてはならない」
「いま政権を批判すれば、テロリストを利するだけ」
「このような非常時には国民一丸となって政権を支えるべき」  
そのような理屈で、政権批判を非難する声も聞こえる。

既にこの辺りから目的と手段を見失いつつある模様。

やるべきは、安倍政権の批判では無く、邦人救出手段の獲得に関する議論だろう。


そして、声明は方向を見失い始める。

まず、実際の日本政府の行動や施策が、必ずしも人質の解放に寄与するものとは限 らず、人質の命を危うくすることすらあり得るということだ。

当然だろう。

だが、その前の前提として、日本政府は日本国民全体のことを考えなければならない。身勝手な行動によってテロリストに捕まった人間を助けたが為に、他の日本国民の生命を危機に曝してはならない。

つまり、人命救助は第一目標ではあるが、その目標を達するが為に、更なるリスクを他人に負わせるわけには行かないのである。

であるならば、政府の行動や施策は、主権者や国会議員(立法府)やマスメディアによって常に監視・精査・検証され、批判されるべき事があれば批判されるのは当然の事であろう。

そうであるとすれば、「常に監視・精査・検証」等と言う下りはともかく、暢気な足の引っ張り合いをやるのは後回しにしたとしても、何の問題があるだろうか。


無論、政府の行動や政策を監視・精査・検証するのは「国民の義務」であり権利だ。それはマスコミの特権というわけでは無いし、常に追求していかなければならない事ではあろう。

 

だが、そうしたことを時と場合を辨えずに無秩序に振りかざすことは、時として政府の判断を誤らせる原因にすら成り得ることを忘れてはならない。

だから「自粛しろ」とは言わないが、批判の為の批判をする必要性は無いのだ。


声明では、こんなことを言い始める始末。

また、「非常時」であることを理由に政権批判を自粛すべきだという理屈を認めてしまうなら、原発事故や大震災などを含めあらゆる「非常時」に政権批判をすることができなくなってしまう。

菅直人が暴走した時、マスコミはしっかりとそれを追求したか?

都合の良いときだけ批判するのは、「常に監視・精査・検証」とは言わないと思うんだが。

たとえば、日本が他国と交戦状態に入ったときなどにも、 「今、政権を批判すれば、敵を利するだけ」「非常時には国民一丸となって政権を支えるべき」という理屈を認めざるを得なくなり、結果的に「翼賛体制」の構築に寄与することになるだろう。

もうこの辺りになってくると、論理が飛躍し過ぎてついて行けない。

政府の判断が明らかに間違っていると映れば、批判や批難は当たり前だし、その間違いを正す必要があると思う。

だが、今回、何かおかしな対応があったか?


そして、何故かいつもテレビが正しいという話にすり替わっている。

実際、テレビで政権批判をすると、発言者や局に対してネットなどを通じて「糾弾」の動きが起こり、現場の人々に圧力がかかっている。  

ネットの危険性を指摘するのは分かるし、ネットがいつも正しいとは思わない。

だけど、今回はマスコミがかなりおかしな事を口走っていたので、批判されたというそれだけの話だったじゃ無いか。

それを、自分がおかしな事を言って批判されただけで、逆ギレよろしく声高に意味不明な声明をあげてしまうあたり、救いようがない。言論人(笑)。

問題なのは、政権批判を自粛ないし非難する人々に、自らがすでに「翼賛体制」の一部になりつつあるとの自覚が薄いようにみえることである。

この一文、そっくりそのままサヨクの皆様にお返ししよう。

古賀茂明氏は「I AM NOT ABE」などと言ったし、岩上安身氏は「安倍総理の首を差し出し(辞任)、その代わり、2人の首を切らないように頼む(助命)」等と言う意味不明なことを言い放った。

坂本龍一氏は音楽だけ作っていれば良いのに、意味不明な言論活動に参加しているし、雨宮処凛氏はウヨクからサヨクに転向した9条教信者である。

小林節氏は安倍氏が憎くて仕方ないらしく、あちらこちらで噴火を起こしている始末。

みんな、自覚の無い方々ばっかりである。


カッコイイ事を言ったつもりになっているのかも知れないが、辺りを顧みず自慰行為を止めない!と、宣っているのと同然である。

私たち言論・表現活動に携わる者は、政権批判の「自粛」という悪しき流れに身をゆだねず、この流れを堰き止めようと考える。

前段はともかく、後段はおかしいから。

政権批判は必要であればすれば良い。でも、必要も無いのに政権批判を重ねて非常時の政府の足を引っ張るのは止めて頂きたい。

誰が、どの党が政権を担おうと、自身の良心にのみ従い、批判すべきだと感じ、考えることがあれば、今後も、臆さずに書き、話し、描くことを宣言する。

誰が、どの政党が政権を担おうと、の下り、鳩山由紀夫や菅直人が政権を担っていた時に、政府を批判できていた人だけが言える台詞だぜ?

 

署名した1200人のうちのどれだけが、それを実行できていただろうか?


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント