2015年2月9日月曜日

外国資本に食い荒らされるFITの実態

なんと言って良いのやら。

韓国のLS産電 日本最大のメガソーラー完工

2015/02/08 11:09

【ソウル聯合ニュース】韓国のLS産電は8日、日本から受注した4万キロワット級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を19カ月ぶりに完工したと発表した。同発電所は日本で稼働されている太陽光発電所のうち最大規模という。

こんな事のために、日本企業は高い電気料金を支払わねばならないのかと嘆きたくなるな。


民主党の残した負の遺産であるFIT制度は、外資を除外すること無く受け入れているので、こんな話があっちこっちに出てくる。

2015.02.06_01_01_JRE

水戸で東日本最大の40MWのメガソーラー稼働、「リングメインユニット」を国内で初めて採用

2015/02/07 20:20

~~略~~

 ジャパン・リニューアブル・エナジーは、米ゴールドマン・サックス・グループと、森トラスト・ホールディングスの森章社長が設立したMAプラットフォーム(東京都港区)による合弁会社の傘下の企業である。

禿タカファンドの親玉である、ゴールドマン・サックス・グループが1枚噛んでいる上で、韓国のLS産電に発注したというから、外資に資金を垂れ流しと言うわけだ。


更に厄介なことには、この日経の記事にはこうある。

 EPC(設計・調達・施工)サービスは、鹿島建設が担当した。採用した太陽光パネルやPCSなどについては、非公開としている。

非公開って、オマエ、韓国のニュースで情報が公開されているじゃ無いか。

 

太陽光発電を推進する一派の実態がこんな状況だ、というのを国民は理解した上での話なのだろうか?

 

ただでさえ、太陽光発電は電力会社の荷物になっている現状があり、そしてその発電費用は電力を使う国民の電気料金に転嫁されることになる。

「エコロジー」と悦に入っているが、その実態はこんな有り様なのである。これで何十年も利益が保証されるのだから、ぼろい商売だな。

 


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。