ヨルダン軍パイロット、テロ組織ISILに惨殺される

それも、1月3日に、だ。

ヨルダン軍パイロット殺害か 映像が投稿

2月4日 2時35分
イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されていたヨルダン軍のパイロットが殺害されたとみられる映像がインターネット上に投稿されました。ヨルダンのアブドラ国王は、パイロットが殺害されたことを確認するとともに、「われわれは遺族と共にいる」と述べて、国民に連帯を呼びかけました。
結局、テロリストは取引なんてするつもりはなかった。


殺害シーンもかなり衝撃的であった。
日本時間4日午前2時前、イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されていたヨルダン軍の戦闘機のパイロット、ムアーズ・カサースベさんが殺害されたとみられる映像がインターネット上に投稿されました。映像には、オレンジ色の服を着せられたムアーズさんが銃を持った覆面姿の男たちに囲まれ、その後、火を放たれて殺害される様子が映っています。
生きたまま火を放ったのである。
惨殺、という言葉以外に思いつかないほど、惨たらしい方法で殺害された訳だ。空爆を行ったパイロットへの見せしめという意味合いが強いと言われている。
が、ニュースでも解説されるように焼殺という行為は、イスラム圏で特別な意味を持つ。
そのうえで、投稿された映像で火を使っていることについて、保坂さんは「イスラム教の教えで殺害に火を使うことは、神以外が行ってはならない最も残虐な刑罰とされ、世界中のイスラム教徒から非難されかねない行為だ。イスラム国は支配地域が減少し、求心力を高めるために焦っているのではないか」と指摘しています。
テロリスト風情が、神に代わって刑を処すということを示した訳で、この事でイスラム圏全域にテロ組織ISILが喧嘩を売ったことになる。


だが、このニュースで衝撃を受けたのはその部分ではない。
これを受けて、ヨルダンの国営テレビが速報でこの映像について伝えるとともに、アブドラ国王の緊急声明を放送し、国王は「大切なパイロットがひきょうなテロリストの手にかかり殺害された」と述べ、ムアーズさんが1か月前の先月3日に殺害されたことを確認しました。そのうえで、アブドラ国王は「われわれは遺族と共にいる」として、国民に連帯を呼びかけました。
先月の3日、つまり1月3日には殺害されていたということをヨルダン政府(国王)が発表した点である。

これを何時の時点で把握したかは難しいところだが、個人的には後藤氏釈放交渉時には把握していたのでは?と睨んでいる。
テロ組織ISIL側は死刑囚と後藤氏との交換を条件にしていたのに対し、ヨルダン側はパイロットと死刑囚の交換を前提に交渉していた。
こちらの記事で言及しているが、後藤氏は交渉中に移送されていたという情報が出ているが、「何らかの事情」で交渉が破綻したとされている。
その事情が「パイロットが既に殺されていた」という情報がヨルダン側に伝わっていたのだとしたら、頷ける話だ。


ヨルダン側からの情報を鵜呑みにする事が正しいかは分からない。
ただ、パイロットの生存情報などが交渉において示されていなかったことなどを考えると、何れにしても交渉の時点でテロ組織ISIL側のカードにはならない状況だったことは確かだろう。
中東調査会の高岡豊上席研究員は、パイロットの安否を巡ってヨルダン国内で政府への批判も出ていたなか、さらなる動揺を誘おうとしたという見方を示しました。また、ヨルダン政府が、「ムアーズさんは先月3日に殺害された」としていることに関して、高岡さんは「日付が正しければ、解放を巡る交渉には全く応じる気がなかったということになる。一方、先月末くらいまで殺害されていなかったとしたら、水面下で解放を巡るやり取りがあったとは思うが、そうした交渉も長引かせるつもりはなかったということだ」と指摘しました。
ヨルダン政府としても、少なくとも交渉を始めるまでは、すなわち1月の26日辺りまではパイロットの安否について情報を持っていなかった公算が高い。

もちろん、ヨルダン政府は既にその情報を持っていた上で、わざわざパイロットの交換を持ちだした可能性はある。交渉の余地がないことを知らせる意味や、世論をかわすためなどの理由は考えられる。
ただ、そうなると交渉のために死刑囚を移動させたなどというニュースとは矛盾する話になってくる。

どちらかと言うと交渉を進めた段階で情報を得たという可能性のほうが高そうだ。

一方の、日本政府がその話をどの時点で得たのかは定かではないが……、後藤氏の交渉が途中で挫折する運命にあったという状況を、このニュースが出てくる前に把握していたのかもしれない。

いずれにしろ、テロ組織ISILはマトモに交渉出来る相手ではないってことだ。
どっかのバカな新聞社は政府の要請を聞き入れずに現地に取材に行ったらしいが、テロ組織ISILにしてみればカモがネギを背負って大量に飛んできてくらいの状況なんだろうな。二次被害に拡大しないことを祈りたい。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


コメント