AIIBは無慈悲に北朝鮮の参加をお断り

無慈悲(笑)

中国 北朝鮮のAIIB参加を拒否「金融水準低い」

記事入力 : 2015/03/31 08:41
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)への参加を表明したが中国に拒否されたと、米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が31日、英メディアを引用して伝えた。
コリア予想外……、でもないか。



実は、北朝鮮の現状では世界銀行からもアジア開発銀行ADBからも資金調達は出来ない状況にある。

これは、北朝鮮が金融組織など全容を明らかにしていないことに起因するようだ。ソースが確認できていないのだが、IMFが調査に入ったことがあるらしい。
  アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所(AEI)のニコラス・エバースタット研究員は「米国や欧州の西側諸国がAIIBの透明性に強い疑問を示している状況で、中国が北朝鮮の加入要請を受け入れられなかったものと思われる」と解説した。すなわち、国際金融機構に参加して援助を受けようとするのであれば、正確な人口数などの社会統計と、外貨準備高や金融組織など全般的な経済資料を定期的に提出するべきだが、北朝鮮はこうした資料を提出する体系が整っていないという指摘だ。エバースタット研究員は「1997年10月、国際通貨基金(IMF)が調査団を北朝鮮に派遣した加入の可能性を検討したが非適格判定を下した。それから今まで北朝鮮の状況は大きく変わっていない」と話した。
http://japanese.joins.com/article/337/198337.html?servcode=500&sectcode=500&cloc=jp|main|breakingnews
そんな訳で、AIIBとしても北朝鮮を参加させると「ヤミ金融」の性格を色濃く印象づける可能性があったため、拒否をしたというのが表向きの理由だ。



だが、正直言って北朝鮮は借りる側で、間違っても貸す側に回ることは無いと思われる。
つまりAIIBに参加して、拠出金を出すこと無くひたすら引き出す側に……(笑)

支那にとってそんなことを許せるはずも無い。もちろん、表向きは「出来ない」と言っていても、支那から北朝鮮への資金供与は行われているのが現実である。
ま、いずれにしても、北朝鮮がAIIBに参加することは体裁が悪い、と言うのが支那が参加を断った理由であることは間違いなさそうだ。


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント