韓国、色々譲歩を決断する

いやまあ、何というか、ご愁傷様。

米国、THAAD韓国配備を公論化?

2015年03月13日09時17分

  韓米連合司令部が12日、米軍の高高度ミサイル防衛体系(THAAD)配備を念頭に置いて候補地調査を終えたという事実を公開したのは、これまで韓国・米国政府が見せてきた「戦略的あいまい性」とは差がある。このため、今はもう問題を水面上に表し、THAAD問題を公論化するという意味ではないかという観測が出ている。

韓国へのTHAAD配備は半ば決定事項だったが、とにかく表面化するのを怖れていたのが支那にすり寄りたい韓国政府だ。が、それも在韓米軍大使襲撃テロで問答無用な状態になった。


ご愁傷様としか言いようが無い。

これで大統領支持率が上がるのだから、理解不能な国だな!韓国は。

支持率、40%近くに回復=米大使襲撃で保守層結束か-韓国大統領

 【ソウル時事】韓国の民間世論調査機関「リアルメーター」は9日、朴槿恵大統領の支持率が、1週前より4.0ポイント増の39.3%になったと発表した。
 保守層に限った調査では、支持率は8.3ポイント増の73.0%に達した。支持率回復は、1~8日の中東歴訪による「イベント効果」に加え、リッパート駐韓米大使が5日に反米・親北朝鮮主義者に襲撃された事件を受け、米韓同盟を重視する保守層が結束したためとみられる。(2015/03/09-15:33)

ちょっと前にも斜め上行動に関してはまとめたが、続報はどんどん来るらしい。

なにしろ、ちょっと前まで30%を切っていたと青くなっていたのに、だ。

テロ支援国と言われても仕方が無いレベルである。


っと、いきなり話が脱線してしまったが、韓国国内の話は割とどうでも良いが、海外の国々は、韓国政府に外交官の警護を依頼したり、大使を傷つけられたアメリカはFBIを韓国に派遣し警察に常駐させるなど、信頼失墜も甚だしい。

 

そして、アメリカとしてはこれを期に色々と物事を有利に進めるつもりのようだ。

その1つがTHAADの話である。

THAAD関連は色々追いかけてきたが、詳しくは最新の記事を確認頂きたい。

韓国国内にTHAADを配備するのは既に確定路線だと言われていたが、ついにアメリカが公にしてきた。それが冒頭の話である。

  「『3NOが政府の立場』という青瓦台(チョンワデ、大統領府)発言の翌日に連合司令部が立場を出した点も注目される。「3NO」とは、THAADに関して米国から「要請を受けることも(No Request)、協議したことも(No Consultation)、決定したこともない(No Decision)」という意味だ。青瓦台が一線を画すると、韓国に圧力を加えようとしている、という観測が出ている。来月相次いで訪韓する予定のカーター米国防長官とケリー国務長官がTHAAD問題にどう接近するか、政府は注目している。

青瓦台は火消しに躍起だが、もはやこれも手遅れの感がある。


そして、もう一つ気になるニュースが。

米軍基地2カ所返還合意…韓国が汚染浄化費用負担へ

2015年03月13日13時32分

  韓国国内の米軍基地5カ所のうち2カ所について事実上交渉が妥結した。2011年5月に韓米両国が交渉を始めてほぼ4年ぶりだ。しかし汚染浄化費用を韓国側が負担すると伝えられ、波紋が予想される。

日本同様に韓国も又米軍基地に対して用地返還請求をしている。

アメリカとしても在日米軍基地や在韓米軍基地の規模縮小は、予算の圧縮のためにも必要だと判断しているようなので、今後、この話は加速していくと思われる。

が、問題は、時期だ。

この時期に、汚染浄化費用負担して韓国から立ち退いて貰うという決定をしたことに、テロ事件との関連性を疑わざるを得ない。


この話も、あらかた方向性は決まっていたのだと思われる。

  複数の政府関係者によると、釜山市の米国防総省物資再活用流通事業所(DRMO)と京畿道東豆川市(トンドゥチョンシ)のキャンプ・キャッスルに関する返還交渉が終わった。韓米駐屯軍地位協定(SOFA)合同委員会の最終署名だけを残した状態だ。

ただ、交渉が劇的に進展する切っ掛けは明らかにテロ事件だと思われる。

いや、報道するタイミングをここにあせたと言うべきか。

  その間、米軍基地返還交渉では汚染した土地の浄化問題が障害物として作用した。キャンプ・キャッスルは全体敷地15万6261平方メートルのうち6万6339平方メートル(42%)が学校用地としての許容値を超過する油と重金属で汚染されている。釜山DRMOの場合は3万4945平方メートルのうち7.5%が油と重金属のために鉄道用地に適していないという調査結果が出た。

このような汚染は基地であれば当然ある程度覚悟する必要があるのだが、その土地浄化費用をどうするかというのはなかなか頭の痛い話である。

実際、返還された用地の転用にあたり、沖縄などでも汚染の除去に頭を痛めているというニュースがあり、他人事では無い。

 

今後もこうした話が続くと思われる。

いやー、韓国の現代の英雄の尻ぬぐいも辛いねぇ(苦笑


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ