2015年3月12日木曜日

テロリストにカンパする韓国国会議員

20人もいるのか。

米大使テロ:金容疑者に韓国の国会議員20人がカンパ

2年間で約320万円

記事入力 : 2015/03/12 10:31
 マーク・リッパート駐韓米国大使を刃物で切り付けた金基宗(キム・ギジョン)容疑者(55)が、現職・前職の国会議員たちからカンパを受け取っていたことが分かった。
なかなか凄い話だな。


この韓国のテロ事件には余り追求しないつもりなのだが、しかし、この問題には触れておいた方が良いと思ったので取り上げた。
警察は、金容疑者が2013年1月から事件前日の今月4日まで、現職・前職の国会議員約20人から3000万ウォン(約320万円)ほどのカンパを受け取っていたことを把握したと発表した。

僕がまず注目したのは日付だ。
2013年1月からって、それ以前に貰っていたかどうかは不明だが、実行犯は2010年7月に在韓日本大使に対してもテロ活動を行い、実質的に無罪を勝ち取った人物である。

判決の時期は調べきれなかったが、執行猶予3年が言い渡されているので、2013年1月にカンパ開始と言うことは執行猶予期間内だ。流石だな!

テロの実績を買われてカンパ、というのは当然考えられるだろう。

カンパした議員のリストには、それぞれ約20万ウォン(約2万1000円)を寄付したW議員、M議員、S前議員など野党側の政治家が多く含まれていたことが分かった。野党のあるベテラン政治家は、金容疑者が野党のイベントを宣伝すると持ち掛けたため、広告費として金を送ったという。

野党側の議員ね。
でもこの書き方だと、与党側の議員も含まれているって事だよね?


だいたい、「それぞれ20万ウォン」と書かれているが、総額は3000万ウォンである。20人で割っても150万ウォンという計算になるはずで、大口でカンパした議員がいるって事になる。誰なんだろうね。


 文化財庁長官を務めたY氏もリストに含まれていた。Y氏は事件の直後、メディアのインタビューに対し「しばらく付き合いがなかったが、かなり前に突然訪ねてきて、事務所の家賃を払えないと言うので、カンパを渡したことがある」と述べた。また事件当日、リッパート大使の講演会を主催した民族和解協力汎(はん)国民協議会(民和協)で活動している与党セヌリ党の前議員も、金容疑者にカンパを渡していたことが分かった。

金の無心に来た活動家に、その背景も調べずにお金を出す……。

いやぁ、普通ならあり得ないんだけど、そんなことが韓国では可能なんだろうか。いずれにしても、与党側の人間も野党側の人間も、カンパに値する人物だとその様に認識していたわけだ。

結構な有名人って事だな。

そりゃ、襲撃事件のあった会場に顔パスで入れるわけだ。流石だな、韓国。

 警察は、カンパを渡した政治家たちのほとんどが今回のテロ事件とは無関係とみられると話した。

無関係って、そもそもテロリストへの資金供与の事実そのものが問題なわけで。


テロリストに対して資金供与とあっては……。あ、そういえば民主党はそんなこともしていたな。


革マル派と付き合いのある枝野氏やら、「市民の党」というテロリストが参加する団体に資金供与をしていた話やら。
流石に、民主党の所行と韓国のこのカンパの問題とではレベルが違うが、同質ではある。あ、そう言えば、山田太郎とか言う犯罪者も議員になっていたくらいだし、日本も笑って誤魔化すことは出来ないかも知れない。

しかしまあ、いずれにしてもこの話を含めてアメリカちゃんも流石に黙ってないだろう。
こんな実態を野放しにしたら、アメリカの「テロとの戦い」という看板そのものに傷がつく。

追記

アメリカがFBIを韓国に駐在させている事実が、韓国メディアで報道された。

駐韓米大使襲撃事件 FBIが韓国警察庁に常駐

入力 : 2015-03-12 14:42:23 修正 : 2015-03-12 14:42:23

リッパート韓国駐在アメリカ大使がこのほどソウル市内で刃物で襲われて重傷を負った事件で、アメリカのFBI=連邦捜査局が韓国の警察庁に常駐しながら捜査状況の報告を受けていることがわかりました。

かなりアメリカがごり押ししたようだね。下手すりゃあ内政干渉レベルの行動だが、しかし、それも無理は無い。韓国は条約を守る気が無い未開の地だからだ。

韓国のメディアによりますと、リッパート大使が刃物で襲われた5日、アメリカのFBIがソウルの警察庁を訪れ、合同捜査の意向を示してきたが、韓国側は、他国の司法当局が捜査に加わるのは司法主権の概念に反するとして拒否したということです。

韓国警察によって真面な捜査ができている前提であれば、この韓国側の主張は正しい。

しかし、FBIは事件当日から警察庁の会議室に要員を常駐させて、報告を受けているもようです。

が、あんなザル警備だった上に、警備に当たった警察官は誰一人動かず、更に「警備を求められていなかった」と言い切った韓国警察が、アメリカに信用されるわけも無い。

そりゃFBIも出てくる訳だ。

追記2

信頼されていない証拠にこれである。

リッパート大使、警察にギムギジョン処罰を要求

2015/3/13

(ソウル=連合ニュース)グジョンモ設定勝記者=マーク·リペット駐韓米国大使が自分を攻撃したギムギジョン(55·拘束)氏に対する処罰要求を警察に表明した。

普通はこんな要求はなされない。内政干渉レベルの話だからだ。

しかし、韓国は在韓日本大使襲撃の際に「執行猶予」付き判決を出して実質無罪とした前科がある。

リッパート氏が実刑要求を出すのも無理は無い。そして、これが守られなければどうなるかは想像しなくとも分かる。

そう言えばTHAADもお断りしていたが、そんな寝言が通用する段階じゃ無いぜ?


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。