2015年3月18日水曜日

戦闘機「F3」様のエンジン開発を進める模様

偶にはこういう話題をしておかないと、ブログを続ける気力がガリガリと(苦笑

政府、国産ステルス戦闘機「F3」開発へ 戦後初、エンジン製造にめど

SankeiBiz 3月17日(火)8時15分配信
 政府は航空自衛隊の戦闘機「F2」の後継機となるステルス戦闘機「F3」(仮称)を開発する方針を固めた。
やったー(笑)



この記事に食いついてくる厄介な隣国もあるんだろうけれど、日本人としてはこのニュースを素直に喜びたい。F3戦闘機様の登場である。「様」を付けるくらいはしても罰は当たるまい(笑)


で、まずはこの関連記事をあげておこう。

え?ATD-Xは関係無いって?

いやいや、冒頭の記事にも言及されているように、F3戦闘機の基礎技術を使って作られたのがATD-Xに採用されているXF5-1(推力49kN)である。
XF5-1
このXF5-1は推力重量比8:1というちょっとおかしな性能のエンジンなのだが、アフターバーナーも備えたターボファン方式のジェットエンジンであり、能力的には2基搭載しても10t程度の推力しか発生できない。


それを、推力15tにしようというのだから、気が狂っていると表現しても控えめである(苦笑

 F3に搭載するステルス戦闘機用の「ハイパワースリムエンジン(HSE)」は「先進技術実証機(ATD)」と呼ばれる試験機に搭載された推力5トン級の「実証エンジン(XF5)」の技術を生かしながら、IHIと防衛省技術研究本部が開発する。15年度予算の事業として心臓部の圧縮機や燃焼機、高圧タービンの試作に着手し、18年度をめどに試作エンジンを仕上げる計画だ。
しかし、これ、GOが出たということは、以前、XF5-1のエンジンを作るIHIの社長が豪語していた話もまんざら嘘では無いと言うことだな。


IHIの社長は、予算があれば15tクラスのジェットエンジンだって出来ると豪語していたようで、どうやらATD-Xのエンジンテストを見て、自信を深めた模様。

5~7年あれば戦闘機用も作れる

この時は5年は欲しいみたいなことを言っていたけど、平成18年に試作エンジンを作るとは又急いでいるな。

そもそも、ATD-XはXF5-1を2基搭載しているだけなので、推力は10t程度。よって、搭載できる武器もたかが知れている。よって、ATD-Xを戦闘に使うと言うこと自体が現実的では無い。何処かの国みたいに軽戦闘機だ!と、喜ぶような単純な話にするならば、ネタとしてはアリかもしれないが。

おっと話が逸れたが、XF5-1は「実証エンジンの研究」の派生物であり、「実証エンジンの研究」は究極的にはF3戦闘機のエンジンを作る事を目標にしていた。

今回のニュースは、XF5-1のテストが順調だったので、スケールアップも出来そうだって判断なんだろう。


まあただ、正直な話、F3戦闘機は日本だけで開発というのは現実的では無い。主に費用的な面での話ではあるが。

 日本が戦闘機用のジェットエンジンを開発するのは初めて。これまでは純国産戦闘機を開発しようにも、米国からエンジンの供給がないと実現できないというジレンマがあった。1980年代に純国産の「次期支援戦闘機(FSX、後のF2)」を目指す動きがあったものの、最終的に米国との共同開発になった理由の一つもここにある。HSEの実現により初の純国産ジェット戦闘機の開発が視野に入る。

こんな事が書かれているが、実際のところはまだまだ紆余曲折があるものと思われる。


実際、F-35A戦闘機は開発費だけで31兆円に達しているらしく、現役最強と言われるF-22戦闘機の予算も650億USドル(6.5兆円程度)ほどだと言われている。
今後の戦闘機開発には色々と予算が必要であることは目に見えている。

参考までに、日本で作ったF-2はF-16ベースで、似ているのは形だけというちょっとおかしな戦闘機だ。で、かかった開発費は3270億円であった。無論、エンジンはアメリカ製なので、エンジン開発費は含まれていない。


いずれにしても、新たな戦闘機を日本単独で開発するというのは実に効率が悪いし、現実的では無いと思われる。ステルス機ともなれば1兆円ではとても足りないだろう。


まあ、良くありがちな「経済効果」の試算もあるみたいだけど、あてにはならないね。夢はあるけれども。

 ◆経済効果8兆円超
 F3開発は需要創出を通じて経済にも貢献する見通しだ。左藤副大臣は「戦闘機開発には1100社以上が関連するので経済効果が大きい。雇用や新技術開発にもつながる」と指摘する。
それでも基礎研究は進めておき、実際に組み上げたら出来るんじゃ無いの?と思わせるレベルには研究も進めて欲しいところ。
 
それは、間違い無く日本の科学技術力への貢献と、防衛力への貢献にも繋がる話だからだ。


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。