2015年3月26日木曜日

H2Aロケット28号の打ち上げ成功と朝日新聞

順調だな。

H2Aロケット28号機打ち上げ成功 情報収集衛星搭載

2015年3月26日11時04分
三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は26日午前10時21分、H2Aロケット28号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。搭載していた情報収集衛星は約20分後、正常に分離され、打ち上げは成功した。
これでH2Aロケットの打ち上げ成功は22回連続となり、成功率は96.4%となる。


H2Aの詳細については語るまでも無いのでここでは割愛しておく。
AS20150326001294_commL
無事打ち上げられて何よりである。
で、今回は、打ち上げられた光学5号機について。
日本では、光学センサを搭載して画像を撮影する光学衛星の打ち上げを行っており、合成開口レーダーによって画像を取得するレーダー衛星とセットで運用している。
  • 2003年3月 光学1号、レーダ1号、打ち上げ 分解能1m:運用終了
  • 2003年11月 光学2号、レーダ2号、打ち上げ → 打ち上げ失敗
  • 2006年9月 光学2号再打ち上げ → 分解能1m:運用終了
  • 2007年2月 レーダ2号再打ち上げ → 2010年に電源系トラブルにより運用中止
  • 2009年11月 光学3号打ち上げ 分解能60cm級
  • 2011年9月 光学4号打ち上げ 分解能60cm級
  • 2011年12月 レーダ3号打ち上げ 分解能1m
  • 2013年1月 レーダ4号機打ち上げ 分解能1m
  • 2015年3月 光学5号打ち上げ 分解能41cmより高性能


情報収集衛星は、光学衛星のほか、雲があっても地上の様子を電波でとらえられる「レーダー衛星」があり、それぞれ2機の4機態勢で、地球上のあらゆる地点を1日1回撮影できる。運用する内閣衛星情報センターによると、光学5号機の開発と打ち上げ費は計431億円。
えーっと、光学5号は実証機がレーダ4号と一緒に打ち上げられていて、そのせいかをフィードバックされて作られている模様。
現状ではレーダ2機と光学3機の5機体制で動いているハズだが……。どういうペアリングなんだろう?レーダ5号は2016年打ち上げ予定なので、光学5号はそれまで待ちぼうけなのかな?

詳しい情報はJAXAも三菱重工も開示していないのでよく分からない。いわゆる特定秘密にあたる話なのかもね。

え?タイトルの「朝日新聞」は何かって?
「情報収集衛星」だと説明しながら、こんな一文を忍ばせているところが「朝日」だということだ。
衛星は事実上の偵察衛星である「光学5号機」で、地上にある40センチのものまで識別できるとされる。
まあ、Wikipediaにもそう書いてあるんだけど(苦笑)
そして、朝日はこんな記事も書いている。

情報収集衛星、見えぬ効果 最新の商業衛星に劣る解像力

2015年3月25日14時35分
~~略~~
 日本では過去最高の解像力40センチ級となる見込みの光学5号機だが、最新の商業衛星は30センチでさらに上を行く。米軍の偵察衛星は、米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡とほぼ同じ設計で、解像力は10センチかそれ以上とみられる。日本は情報収集衛星に年600億円以上を投じているが、安全保障や防災にどれほど役立っているかは見えないままだ。
確かに対費用効果を求めることは良いことだ。メディアにとっても、それはやるべき事なんだと思う。
解像度
しかしねぇ、「日本の技術はまだまだだから、もっと研鑽を!」というのならば分かるが、「無駄だから止めて民間から情報を買え」みたいな論調はどうかと思うぜ。


今のところ、2021年に打ち上げが予定されている光学8号が分解能25cm以下というスペックが狙われている模様。

アメリカの情報が本当であれば、2021年になっても日本はまだアメリカの技術に追いつけないことになる訳なんだけど、技術が追いつけていないとか、そういう問題では無いのである。
この手の衛星を自国で運用できることこそが国家の安全保障の一助となるのであり、そしてそれに関連する以上は真面な情報は出てこない可能性が高い。

だいたい、ちょっと考えてみたら、アメリカの民間会社から情報を買うって、アメリカの国益に反する情報だったらどうするんだという話。1枚数十万円だかなんだか知らないけれど、その情報はアメリカにも筒抜けなんだが……。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ





0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。