【平昌五輪開催危機】IOCの苦言を予想するの巻

この流れ、見飽きた(笑)

IOC調整委会議で「平昌が聞くであろう5つの苦言」=韓国ネット「誰のためのオリンピック?」「まだ間に合う!日本に開催権を…」

配信日時:2015年3月17日(火) 12時17分
2015年3月17日、韓国テレビ・SBSは「平昌が聞くであろう五つの苦言」と題する記事を掲載した。
先に言っておくぞ?日本は開催権なんて要らないから。韓国に関わるとロクな事が無い。


韓国のメディアが3月17日~19日に開催されるIOC調整委員会の苦言を予想して見せている。
その内容がこれだ。

1.競技場の建設が遅れているのはなぜ?
新設する競技場の完成度を見てみると、フィギュア・ショートトラックは10.7%、アイスホッケー1は10.9%、アイスホッケー2は12.0%、そり競技場は20.3%、アルペンスキー競技場は8.3%だ。

さらに、着工が最も遅かったスピードスケートの競技場は、再設計が終わっていないため、いまだに本格的な工事を始められずにいる。
2.来年2月のテストイベントに間に合うのか?
2016年2月、テストイベントとしてアルペンスキー・ワールドカップが江原道の競技場で開催される。しかし、環境破壊問題などで工事の着工が遅れたため、競技場の完成度は8.3%にすぎない。

大雨や台風などで工事が遅れた場合は、テストイベントが開催できない可能性もある。国際スキー連盟(FIS)のカスパー会長も先月、開催準備の状況について「テストイベントを正常に開くことは難しそうだ」と苦言を呈した。
3.スポンサー契約はこれだけ?
現在、組織委員会と契約を結んだスポンサーは、KT、ヨンウォン・アウトドア、サムイル会計法人、パゴダ・アカデミーの4社だけ。18日には大韓航空と契約を結ぶ予定だが、これまでに確保した金額は、組織委員会が設定した目標額の30%ほどだという。
4.外国人専門家は本当にいないの?
現在、組織委員会の職員数は約300人で、2016年までに800人に増やす計画だ。李完九(イ・ワング)首相は、政府から優秀な人材を選抜し、101人を組織委員会に派遣すると発表したが、冬季スポーツの専門知識と外国語力、国際感覚を兼ね備えた専門家が大幅に不足している。

IOCは「韓国に有能な人材がいない場合は外国人の専門家を雇用するように」と提案したが、外国人専門家の給与は全額、組織委員が負担しなければならない。財源の確保が難しく、なかなか決断できない状況だという。
5.開催後の競技場活用はどうする?

これまでにIOCは何度もこの問題に言及してきたが、組織委員会は、一部の競技場を除いて、明確な回答を提示できずにいる。競技場を「どのような用途で使用するか」また、「誰が運営するか」を決定しなければならないが、江原道と文化体育観光部の間で意見が分かれている。

ふーん、だがこれ、外れだと思う。



まず、会場の完成度に関してだが……。
  • フィギュア・ショートトラック 10.7%
  • アイスホッケー1 10.9%
  • アイスホッケー2 12.0%
  • そり競技場 20.3%
  • アルペンスキー競技場 8.3%
  • スピードスケートの競技場 未開始
と、この様に書かれているが現実は、この他に開会式と閉会式を行う会場が未だに決まっていないという深刻な問題を抱えている。
開会式場を新しく建設するのに1億ドルかかるというが、IOCは建設するべきだと言ったことがない。野外に仮設の建物を作ってしてもかまわない。長野・インスブルック・リレハンメルがそのようにした。IOCとの交渉をうまくすればいいが、それがうまくいかないようだ」
http://japanese.joins.com/article/769/197769.html?servcode=400&sectcode=420
野外に仮設会場を作るとか寝言を言っている状況だが、それだって予算は必要なのだ。

それぞれ見ていくと、アイスホッケー場とスピードスケート場なのだが……。
例えば江陵(カンヌン)に1079億ウォンをかけて新しくつくるアイスホッケー競技場と1311億ウォンを投じて新設するスピードスケート場は、従来のソウル木洞(モクトン)アイスリンクと泰陵(テルン)スケート場をそれぞれ改・補修して使えば充分だというのが専門家たちの評価だ。
http://japanese.joins.com/article/569/195569.html?servcode=100&sectcode=110
今年の1月の記事がこれなのだが、冒頭の記事だとアイスホッケー競技場とスピードスケート場は既に10%作り終えている話になっている。
ちなみに去年の夏頃には「再設計」の話が出ていたのだが、「10%」とは一体何処まで進んでいる話なのやら。

ちなみに、数字的に一番進んでいると思われるソリ競技の方はと言うと……。

韓国、財閥企業ついに破綻か 負債比率深刻…平昌五輪を直撃の様相

2015.1.9 11:30
 大韓航空の「ナッツ・リターン事件」をきっかけに韓国の「財閥」と呼ばれる企業グループに厳しい視線が向けられるなか、大手財閥「東部(トンブ)グループ」の傘下企業が法的処理の手続きを申請した。同社は2018年に平昌(ピョンチャン)で開かれる冬季五輪会場の工事も施工しており、準備がさらに遅れる恐れもある。
今年1月に施工業者が破産しているんだが(苦笑
いや、そもそも韓国にはソリ競技人口がゼロなので、ソリ競技場自体が存在しない。故にコースを作るノウハウが無い。20%も会場が出来ているらしいのだが、一体何が出来ているのか聞いてみたいところだ。

更にアルペン競技だが……。
  環境団体が山林毀損を懸念する旌善可里旺山(カリワンサン)のアルペンスキー競技場については、「ここが五輪ができる唯一の地域。出発地点を中峰からで海抜1370メートルの下峰に変更し、女性コースをなくして男女統合コースとして運営し、山林毀損を30%減らした」と説明した。
http://japanese.joins.com/article/635/191635.html?servcode=400&sectcode=400

こんな寝言を言っていたが、国際スキー連盟(FIS)は「変更はダメ」と数日後に声明を発表している。
スキージャンプはFISにダメだしを喰らって、深刻な資金不足に陥っている。改修しなければ大会は開けないが……、改修費用のあてが無いという状況。

……これって、何も進んでいないのとそんなに変わらないよね。順調に進んでいるところが1つも無いとは(汗



よって、2番目の苦言は全く意味が無い。

3番目の苦言についてだが、「KT、ヨンウォン・アウトドア、サムイル会計法人、パゴダ・アカデミー」ってどれも聞いたことの無い様なメーカーだよねぇ。
本当に30%の予算が確保できているんだろうか。


一番心配なのは、組織委員会が設定した予算の3割って辺りだろうな。
そうそう、こんなニュースも飛び込んできた。

[単独]平昌、財政確保緊急「千億ウォン台飛ばせる版」

ニュース9 2015.03.17
<アンカーコメント> この間、大統領まで出て平昌冬季オリンピックの成功のために企業の後援をお願いしました。オリンピックのスポンサーシップは、サムスン電子などのIOCと直接契約したグローバルトップスポンサーと平昌組織委員会との契約しているローカルスポンサーに分かれています。IOCのスポンサー保護方針に基づいて業種が重なる企業は当然、ローカルスポンサーとして参加することができません。
ところが最近、トヨタ自動車がIOCのグローバルスポンサー契約が結ばれ、現代車との交渉を繰り広げていた平昌に緊急を要しました。
注:所々意味不明だが、機械翻訳のままである


トヨタGJ!(苦笑


記事にも紹介されているが、オリンピックはグローバルスポンサーとローカルスポンサーの2種類があり、IOCのスポンサー保護方針に基づいて、異なる業種でスポンサー契約する必要がある。


平昌組織委員会は、ヒュンダイとローカルスポンサー契約を結ぶつもりだったのに、トヨタがIOCとグローバルスポンサー契約を結んだので、この計画が破綻してしまったという話。平昌組織委員会の損失は1000億ウォンとか。いや、損失って、まだ契約結んでなかったから(笑)


きっと、ヒュンダイは大喜びである。

トヨタがグローバルスポンサー契約をしたのは東京五輪の為で、ヒュンダイにローカルスポンサー契約を先に結ばれると、東京五輪のスポンサー契約が危うくなる。
故におかしな話では無いのだが、資金繰りに苦慮している平昌組織委員会は顔面蒼白だろう。


やったね!

じゃあ、世界企業のサムスンが平昌五輪のスポンサーになってやれよ!と言う話も出てくるわけだが、こちらはIOCとグローバルスポンサーになっているのでダメ。その結果、LGはローカルスポンサーになれない。ロッテも既にグローバルスポンサーだから無理なんだって。

LGもヒュンダイも韓国を代表するメーカーだが、これは大変だね(棒


あーらー、どーすんでしょ?


4番目の苦言だが、そもそも組織員会はお金が無くて必要最低限の人材すら用意出来ていない。だとすると、3番目の「30%の資金確保」という話もデタラメの可能性が高そうである。

5番目の苦言など、気にする必要は無いだろう。だって、このままなら開催出来ないのは間違い無いのだから。

ネットユーザーのコメントで6番目の苦言が、寂しい限りなのだが、「本当に雪は降るの?」という話。このブログでも散々してきた。
だが、ソチ五輪は人工降雪機で雪を作ってオリンピックを開催している。ただ、ソチの方法は非常に乱暴で、近くに人工のダムを造って水源を確保し、多大な電力を使って雪を降らせた力業である。

資金難の平昌にこの荒技は使えない
この他にも、宿泊施設やインフラ整備など、無いものをあげるとキリが無いので止めておく。あるものを数えるべきだろうな。……何があったっけ?プライド?




IOCが正気ならば、そもそも韓国の開催能力を疑う所からスタートすべきなのだが、本来はこの開催地を選ぶ方法として立候補してくる都市は、開催能力がある前提になっている。
つまり、IOCには韓国からオリンピックを辞退する声が上がるまで待つしか無く、韓国のプライドとのチキンレースをやるしかない訳だ。

わーお、分の悪い賭だな。
案外、トヨタとのグローバルスポンサー契約というのはIOCのイヤガセの一環なのかも知れない(苦笑

追記

もう良いんじゃ無いかなぁ?オリンピック返上しても。

だって、平昌に五輪を誘致した輩は、大儲けしたんでしょ?十分にさ。

[社説]平昌五輪誘致しながら裏で投機に励んだのか

登録 : 2012.02.29 08:54

記事登録:2012.02.28 19:21(1484字)
 ‘ひょっとして’と思ったら‘やっぱり’だった。2018年の冬季オリンピック開催地である平昌(ピョンチャン)で広がった土地投機をめぐる話だ。昨日財閥ドットコムが一部公開した、主な企業大株主と特殊関係者の平昌一帯の土地財産現況を見ると、平昌オリンピックが投機屋の欲望を満たす市場に成り果てた思いがするためだ。

ちょっと古い記事だが、韓国の財閥系が誘致前に散々土地を買い占め、3度もオリンピック誘致を頑張った。

そして、誘致された結果、高値で土地が売れる訳だ。

 財閥ドットコムが主な企業の資産現況を調査した結果、ロッテとジーエス(GS)などの大企業の総師と家族、系列会社、幹部役員ら22人が2000年以後に平昌郡一帯の主要な土地を大挙買いとったことが明らかになった。彼らが土地を買った後5~7年で値段が10倍以上に上がったという。土地買い入れ時期はオリンピック誘致戦が始まりながら投機旋風が吹いてきたのと重なったという点で正常な投資として見るのは難しい。
 より一層衝撃的であることは、土地購入者の相当数がオリンピック誘致公式スポンサーとして参加した企業の大株主や幹部役員という事実だ。

そーいや、小沢君も辺野古に土地をせっせと買ってたね。

何処にでもある話ではあるが、ゲスい話でもある。

 

儲けたんだからさ、開催を諦めようぜ。その方が、全世界の冬季オリンピックに関連するスポーツ選手達にとっても幸せなんだし。

追記2

日本のせい!きたー(笑)

トヨタとIOCの契約が平昌冬季五輪に大打撃、1000億ウォンがパーに・・韓国ネット「韓国はなぜ活かせない?」「今からでも遅くない。日本に…」

フォーカス・アジア 2015年3月18日 11時35分 (2015年3月19日 16時21分 更新)

トヨタ自動車が今月13日、国際オリンピック委員会(IOC)と五輪のグローバルスポンサー契約「TOPパートナー契約」を締結したことが、韓国で波紋を広げている。

上に引用した記事に、韓国ネットユーザーのコメントを載せた記事だが、こんなコメントが。

「日本がわざとやった。これまでに平昌を台無しにしようと頑張ってきた」
「せっかくの機会を韓国はなぜ活かせない?」
「90年代から平昌五輪誘致を進めてきたのに、おそまつ。20年も何をしてきた?国民の同情をかって国家財政を危険にさらすなら、五輪は返上しろ」
「今からでも遅くないから、日本にやってもらおう」
「近いうちに第二の金融危機が来る。F1の赤字も数百億」

あっそう。

追記3

あ、大韓航空はスポンサーになったんだ。

平昌五輪:大韓航空がスポンサー契約

記事入力 : 2015/03/19 08:20

 2018年平昌冬季五輪組織委員会(趙亮鎬〈チョ・ヤンホ〉委員長)は18日、江原道江陵のラカイサンドパインリゾートで、韓国を代表する航空・運送企業の大韓航空と航空部門の公式スポンサー契約締結式を行った。

良かったじゃ無いか。

追記4

なんだ、ヒュンダイ、残念だったね。

平昌五輪組織委「トヨタがトップパートナー? 現代車スポンサー問題ない」

2015年03月19日08時35分

  日本のトヨタ自動車が最近、国際オリンピック委員会(IOC)のトップパートナーになったことで現代自動車のローカルスポンサー参加が不透明になっていたが、これについて問題はないことが明らかになった。

これで平昌の資金問題は解決だね!(棒


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント