2015年3月17日火曜日

韓国紙「THAADは有事時に輸送機で」(キリッ

いや、無理あんだろ、それ。

THAAD 有事時に輸送機で韓国配備へ

記事入力 : 2015/03/15 12:23
【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」が、有事時に朝鮮半島で展開される米増員戦力に含まれたことが分かった。
アメリカ側の主張ではなく、韓国の報道で明らかになった辺りがかなり怪しい。

ここのところ韓国に配備すると言われている高高度防衛ミサイル(THAAD)の話が色々と飛び交っていて面白い。
で、このニュースは、THAADの配備について、「緊急時に韓国に配備される」と認識していると、韓国軍の消息筋が答えた、という話をニュースにしている模様。

しかしこれ、ちょっと考えれば、いくら何でも無理筋だろうと思う訳である。
何しろ、THAADは迎撃ミサイルである。
韓国のシナリオでは、北朝鮮が保有するスカッドミサイルが韓国国内に同時多発的に撃ち込まれた際に、防衛するシステムの一環であると、その様になっているはずだ。
ところが、このニュースではこんな事が書かれている。
 韓国軍消息筋は15日、「THAADは朝鮮半島有事に米増員戦力に含まれている。THAADは米空軍輸送機で運ぶことが可能で、迅速な配備が可能と承知している」と述べた。
いや、ちょっと待て(笑)


ニュースで想定しているシナリオはこうなる。
北朝鮮「よし、オマエの国土にこれから無慈悲なミサイルの雨を降らせるニダ!」
韓国「ちょ、ちょっと待つニダ」「あ、アメリカさん?北朝鮮がミサイルを撃ち込むと言っているニダ!!」
アメリカ「了解、じゃあTHAAD配備するぜ」
北朝鮮「準備はいいニダか?」
韓国「OKか?」
アメリカ「いつでも来いやー」
北朝鮮「発射!!」
THAAD「迎撃じゃー」

……無理があるだろ。


そりゃあ、緊張が段々高まるというような事態はありうるだろう。でもさぁ、ミサイル撃つぞと通告がある可能性は否定しないが、防御態勢を整える暇を与えるわけが無いだろうに。

例えばだ。近くにホームセンターがあり、「緊急持ちだしグッズ」を売っていたとしよう。
「地震が起きたら、買いに行けばいいや」
などと思う人がいるだろうか?
この話はそういうレベルなんだが。
 THAADは、トレーラーに搭載される発射台と迎撃ミサイル、航空輸送が可能な探知レーダー(AN/TPT―2)、C4Iシステムからなる。「C4I」とは「指揮」「統制」「通信」「コンピューター」と「情報」の頭文字をとったもの。 
 THAADの迎撃高度は40~150キロに達する。現在、韓国に配備されているパトリオットミサイル(PAC-2、3)の迎撃高度が40キロ以下となっている。そのため、THAADが有事時に迅速に配備されれば、北朝鮮の弾道ミサイル脅威に備えた防御システムが構築できるとみられる。
 THAADを開発した米ロッキード・マーティンは「THAADは航空、陸上、海上を通じ全世界に輸送でき、迅速な配備が可能だ」と説明した。

THAADが幾ら迅速な配備が可能だと言ったって、アメリカ本土からTHAADの装備一式を送り、韓国で展開するまでにはどんなに急いだって数日はかかる。


 在韓米軍司令部が2012年から昨年まで韓国国内でTHAADを配備する場所を非公式に調査したことも、常時配備の可能性のほか、有事時の配備を念頭に置いた措置とみられる。
 ただ、THAADは輸送や設置に相当の時間が必要であることから、朝鮮半島への常時配備を求める声ももある。
どんなに言い繕っても、常時配備が妥当、というか、それ以外の選択肢がある様には思えないのだが。
 
 韓国政府は北朝鮮の核・ミサイルの脅威が高まる中、在韓米軍に配備されれば、韓国の安保に有益だとする点を認めながらも、周辺国の反発を意識して購入計画はないと否定するなど、「曖昧な戦略」を維持している。
この記事も曖昧な戦略の一環ってことかね?
いくら何でも無理だと思うんだが。

しかしまあ、こんな無理な記事を書くのも無理は無いかも知れない。

米中高官が相次ぎ来韓、THAAD・AIIBめぐり神経戦

記事入力 : 2015/03/16 08:16
 米中の外交当局の韓半島(朝鮮半島)担当次官補が15、16日に相次いで韓国を訪問する。米中の韓半島担当がほぼ同じ時期にソウルを訪れるのは極めて異例だ。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題などをめぐり、米中がソウルで外交戦を繰り広げるのではないかとの見方も出ている。米中はこれまで、THAADをめぐって激しい駆け引きを繰り広げてきた。
アメリカと支那から、陰に日向に圧力がかけられているようだからだ。
もちろん、切っ掛けは米大使襲撃事件であることは、疑い様も無い。
 まず15日夜に訪韓した中国の劉建超次官補は、16日に韓国外交部(省に相当)の李京秀(イ・ギョンス)次官補と面会するほか、同部の趙太庸(チョ・テヨン)外交部第1次官を表敬訪問する。北京の外交筋は「THAADやアジア・インフラ投資銀行(AIIB)の問題に対する中国の姿勢は日増しに強硬になっているようだ。劉次官補はこのような中国政府の意向を韓国に伝えるよう指示を受けてきたと聞いている」と話した。
アジアインフラ投資銀行(AIIB)の話は、このブログではしていないが、支那がインフラ整備のために使えるお金をプールする目的で設立される銀行である。
何やらイギリスが参加するとかしないとか言う話も出ているが、基本的にはロクでもない計画である。
 一方、米国のダニエル・ラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は16日午後に訪韓する。ラッセル次官補の訪韓は、今月5日に従北(北朝鮮に追従する)主義の男に襲われて大けがをしたマーク・リッパート駐韓大使を見舞うためというのが公式の目的だ。韓国政府の当局者は「ラッセル次官補の訪韓スケジュールは事件後に急きょ決まった。ソウルに到着したらすぐにリッパート大使のお見舞いに向かう」と説明した。通常のアジア出張では韓中日3カ国全て訪れることの多いラッセル次官補だが、今回は1泊2日でソウルにだけ滞在して帰国する。

アメリカからの圧力は言わずもがなだ。
二者択一できずに、韓国は両方とも受け入れというバカバカしい選択肢を選びそうな気もするが、多分、それでは話にならない。
これ、どれくらいの期限で決めなければならない話なんだろうね。

追記

ほれほれ、支那がまたせっついてきたぞ。

米迎撃システム配備問題 中国の憂慮に「決定事項ない」=韓国

2015年3月16日(月)19:02

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題について中国が再び憂慮を示した。
 来韓中の中国の劉建超外務次官補は16日、ソウル市内の外交部で李京秀(イ・ギョンス)次官補と会談を行った後、記者団に対し「米国と韓国がTHAAD問題について妥当な決定を下すことを望んでいる」とした上で、「中国側の関心と憂慮を重要視してもらえるとありがたい」と述べた。

いやいや、「ありがたい」って「配備するな」と言っているのと同じだよね。

 劉氏はまた、中国が主導する国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)への韓国参加について「AIIBの推進現況を説明し、韓国がAIIB創設メンバーになることを希望するとの立場を表明した」という。

はいはい、こちらも踏み絵を迫っているよー。

追記2

そうそう、ちょっと笑ってしまった(怒)記事を1つ。

韓国内の「THAAD論議 」大きくなりすぎて..米国、早く解明しなければならない

連合ニュース | 入力 2015.03.17 08:00 | 修正 2015.03.17 08:14

米シンクタンク研究員の主張... "中国、朴槿恵政府の外交力試験しようとして" (ワシントン=聯合ニュース)ノヒョドン特派員=米国政府が高々度ミサイル防衛システム(サード·THAAD)の韓半島配置問題を早急に解明し、議論を沈めべきであるという指摘が提起された。米国の戦略国際問題研究所(CSIS)のエレンキム研究員は16日(現地時間)ワシントンDCカーネギー財団から国際交流財団(理事長ユヒョンソク)と米国マンスフィールド財団(所長フランクジャヌージ)が共同主催した「韓米関係と地域安保」セミナーでこのように明らかにした。

えー、日本語なのに何が書いてあるか読んでも分からない人が大半だろう。

僕も分からない(笑)

キム研究員は「THAADの問題は、基本的に韓国政府が独自の戦略的判断に基づいて導入するかどうかを決定する必要が問題であって、中国などの外部国が強制することは問題ではない」とし「しかし今、韓国内ではTHAAD配置を巡って政治的論議があまりにも大きくなっている」と明らかにした。キム研究員は、特に「韓国としては米中の競争構図の間でどちらかを決定する必要があり、状況に置かれることが最悪のシナリオ」と「それでも中国がTHAAD議論を利用して、朴槿恵政府の外交力と韓中協力関係を試そうとする」と主張した。彼は引き続き米国政府に向かって、「同盟国である韓国内でTHAADがもはや議論がされていないように迅速に解明し、議論を最小限に抑えるなければならない」と強調した。

本文を読んで、まず、主張しているのがアメリカのシンクタンクに勤める韓国人系アメリカ人である事に注目しよう。

そして、彼は韓国の意見を代弁して、アメリカのシンクタンクとしての意見を言っているようにこの報道は見せかけている。

で、何を言っているかなのだが、「アメリカが大きくなりすぎた韓国国内のTHAAD問題を解決すべきだ」と言う訳だ。

 

韓国には解決能力が無いから、THAAD問題はアメリカが解決してね!(ニッコリ

 

ふ・ざ・け・る・な!である。

この構図、何処かで見たことがあるよね。

そう、いわゆる慰安婦の問題だ。日本に解決しろと迫る韓国。自分たちでは何もしようとしない。

いつまで属国根性丸出しなんだろうねぇ、この国は。

追記3

おお、なんか逆ギレしている模様。

韓国国防部 中国高官発言に不快感=THAAD問題で

記事入力 : 2015/03/17 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は17日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に対し露骨な反対意思を示した中国に不快感を表した。

強気な反応はステキだが、しかし、良いのか?

韓国は支那に経済的な部分を握られているんだぜ?早速、株価辺りに影響があったりして(苦笑



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。