とうとうロシアからもTHAAD配備に注文がつく

キター(笑)

韓国政府、在韓米軍の防衛ミサイル配備問題でロシアから「警告」=「北東アジアで軍拡競争が巻き起こる」―中国メディア

Record China 3月26日(木)5時44分配信
2015年3月25日、環球時報は米国が在韓米軍への配備を検討している高高度防衛(THAAD)ミサイルについて、ロシアが韓国に「警告」を発したと報じた。
かねてからロシアも懸念を表明しているという噂があったのだけれど。


ただ、このニュースがレコードチャイナが報じたものという点で、ちょっと信ぴょう性には疑問符が付く。
とは言え、言われても不思議はないのも事実。
ロシアの外交当局は「THAAD配備が実現する可能性は高い」と見ており、「米国のミサイル防衛システムが国際社会に与える影響を考慮した場合、THAADの配備によって北東アジアで新たな軍備拡張競争が起こることが考えられる」と指摘している。さらに「朝鮮半島の核問題は解決がさらに難しくなる」とし、韓国政府にTHAAD配備後の状況を事前にしっかりと分析するよう要求した。
ロシアにとっても韓国へのTHAAD配備は、面白くはないだろう。
そして、なかなかうまいタイミングでロシアは牽制をかけてきたものだと思う。何しろAIIBには加入します、THAADは配備します、と言っている矢先にコレである。

しかし、実際の所、THAADが韓国に配備されたところでロシアの国土は殆どレーダーの範囲に入ってこない。
THAAD ほんのちょっぴりレーダーの射程範囲内に入るだけだ。
まあ、そうはいってもその「ちょっぴり」にウラジオストクが入ってしまうのもまた事実。
ロシア
面白いか面白く無いかと言ったら、面白くないに決まっている。
どーする?韓国。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント