台湾、AIIBへの参加で揉める

あらまあ。

台湾 学生団体が馬英九総統官邸前でAIIBへの参加に抗議

2015年04月01日 11時06分
3月31日夜、7つの台湾青年団体が台北の総統府前のケタガラン通りに集まり、馬英九政権の不正な操作を非難し、「主権の矮小化」を拒否し、実質的な評価を展開し、プロセスの公開化・透明化を図り、社会の共通認識を達成し、民意基礎を強めるよう要求した。
独裁色の強い馬政権。今回のAIIBへの参加表明という危険な賭に、色々と無理をした模様。


馬政権は、3月31日、つまり締め切りギリギリになってAIIBへの参加を表明するに至った。
だが、支那はこんな発言をしている。

台湾のAIIB参加、中国「名称適切なら歓迎」

2015年 04月 1日 14:59 JST
[北京 1日 ロイター] - 中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への台湾の参加について、中国政府は「適切な」名称を使用する限り歓迎するとの意向を示した。新華社が1日報じた。
支那にしてみれば、香港同様台湾は支那の一部なのだ。中華思想というのは、漢人達が世界の中心に立つという思想であり、かつて支那の大地を統治していた中華民国の正当性など、支那共産党にとっては認められるはずも無い。

だからこそ「適切な」名称を使えと、そう迫ったわけだ。


アレだな。
チベットや東トルキスタン辺りがAIIBに参加を表明してきたら面白かったんだが、そういう発想は無かったのかね。

まあ、いずれにしても香港も台湾もAIIBへの参加というのは1つの外交政策の1つだとは言えるだろう。

米国など大半の国々は、中国からの圧力を受けて台湾を国家として認めておらず、台湾は国連や世界銀行、国際通貨基金(IMF)にも加盟していない。ただ、アジア開発銀行には「Taipei,China」の名前で参加している。
馬氏が一体どんな積もりでAIIBへの参加を表明したかは知らないが……、「支那の共産党への手土産に台湾を献上」と言うので無いとすれば、面白い選択肢だとは思う。


ただ、台湾の議会は相当混乱したようだ。

台湾、中国主導のインフラ銀行への参加目指す-野党は反発

2015/03/31 18:37 JST
  (ブルームバーグ):台湾当局が中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を目指す方針を示した。野党がこれに反発し、31日には立法院(議会)が混乱した。
ケーブルテレビの映像によれば、立法院の議場で野党の一角、台湾団結連盟(台連)と与党国民党の議員同士で小競り合いが発生。台湾紙の自由時報は、台連の議員が行政院(内閣)の毛治国院長(首相)に対し「台湾を売り渡そうとしている」と述べたと報じた。
そして、どうもこの際の議論がしっかり行われずに強行採決をしたような感じだな。ニュースが報じていないのでよく分からないのだが、立法院での議決無しに参加表明したという噂も出ている。
 
冒頭のニュースはそうしたやり方に反対した学生達が抗議をしたと言う事みたいだ。
条約の批准で無ければ議会を通さなくても良い気もするが……、追加でニュースが出てこれば又追いかけていきたいと思う。



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ






コメント