2015年4月3日金曜日

AIIBにまつわる野党の主張

なかなか面白いのが出そろったので、このブログでもまとめておこうと思う。大した話じゃ無いんだけどね。

アジアインフラ投資銀行への参加問題について

志位委員長が会見

2015年4月2日(木)

 日本共産党の志位和夫委員長は、1日、国会内の記者会見で、アジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本政府が参加を見送ったことについて、次のようにのべました。
トップバッターは日本共産党である。


委員長の志位氏、こんな事を仰っておられる。
 アジアインフラ投資銀行(AIIB)の動きは、大きくとらえると、世界銀行・国際通貨基金(IMF)体制が、アジア経済、世界経済の変化―世界の構造変化に対応できなくなっているもとでの動きです。

~~中略~~

 アジア諸国はこぞって参加し、韓国、オーストラリアも参加、イギリス、フランス、ドイツなど主要な欧州諸国も参加しています。日本は、「出遅れ」は否めませんが、今からでも参加すべきです。公正・民主的な新しい国際経済秩序を展望した国際金融システムをめざすという立場で、アジアインフラ投資銀行に参加し、ルールづくりに参画していくべきです。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-04-02/2015040202_01_1.html
要約すると、「世界銀行・IMF体制はもう古い!支那中心の新しい秩序AIIBに日本も参加すべき!今からでも遅くない!」なんだそうで。

いや、世界銀行・IMF体制、ADBのシステムが問題ならば、そっちを改革すべきじゃないの?
あと、TPPの時は、共産党はなんて言ってたんだっけ??

TPP 情報隠し時代遅れ

あー、TPPは非公開で交渉されて内容がよく分からないから拒否しろって言ってたねぇ。


お次は民主党だ。

G7分裂「大きな失態」=アジア投資銀で政府対応批判―岡田民主代表

時事通信 4月1日(水)20時48分配信
 民主党の岡田克也代表は1日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)をめぐり日米が参加を見送った一方、英独などが加わることについて、「先進7カ国(G7)の結束が乱れたのは大きな失態だ。(安倍晋三首相は)あれだけ首脳外交をしていてなぜ統一歩調を取ろうとしなかったのか」と述べ、政府の対応を批判した。衆院議員会館で記者団に語った。
G7というと、フランス、アメリカ、ドイツ、イギリス、日本、イタリア、カナダの7カ国だよね。
このうち、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアはAIIBに参加を表明している。日本、アメリカ、カナダは今のところ参加しない方向だね。

確かに、対応は分かれた感じだけど……、G7で結束してAIIBに参加しない方針!とかいう話だったっけ?少なくとも、他国のAIIBへの参加を邪魔する権利は日本には無いと思うんだが??
そして、G8やG10は無視?
蓮舫氏も寝言を呟いているようだ。
 民主党の蓮舫代表代行は2日、「貧困解消や格差是正などのために日本はアジアで努力すべきだったが、結果は成功していない」と指摘。主要7カ国(G7)では日米が孤立した状況で、「結束の乱れは大きな失態だ」(岡田克也代表)との声が強まっている。
http://mainichi.jp/select/news/20150403k0000m010067000c.html
あれ、カナダも参加取りやめだったと思うんだが。
カナダがAIIBへの参加を検討していた事実はあるけど、参加したというニュースは聞いていないぞ。

お次は維新の党。
 維新の党の江田憲司代表は2日の記者会見で、主要国の相次ぐ参加表明について「中国外交の勝利、日本外交の完全敗北だ」と強く批判。「アジア経済、インフラ開発の秩序作りに貢献すべきだ。今からでも遅くはないので参加してほしい」と要求した。
http://mainichi.jp/select/news/20150403k0000m010067000c.html
ふむぅ、日本とアメリカが参加しなかった次点で、支那の外交の「勝利」では無いと思うが。
「日本外交の完全敗北」って何に敗北したんだろうか??じゃあ、何をやったら「完全勝利」だったのか教えて欲しいものである。
そもそも、アジア経済、インフラ開発の秩序作りならば、既にADBや世界銀行がある訳なんだが、それは無視かよ!


何というか、相変わらず野党の主張はお粗末である。
意見すら出せない政党はこの際どうでも良いが、「今からでも遅くないから参加しろ」という意見は一体どういうことだろう。
寧ろ、様子を見て参加の可否を決めても、問題無いのでは無いか?

どのみち日本がAIIBに参加する場合でも、出資比率は高められる訳では無いし、そうなると発言権そのものだってあるかどうか分からない状況となる。
支那の仕切りなのだ。口が挟めるとも思えない。理事会すら開催するかどうか怪しい状況なのに、だ。
そうであるならば、やはり日本は参加を見送るべきであったと、そう思う。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


2 件のコメント :

  1. 野党はリスク大嫌いの筈ですがAIIBにはリスクは無いのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 大抵の物事にはリスクは憑きものですが、憑いてくるリスクが半端なく大きいのがAIIBという印象ですな、今のところ。
      もちろん、リターンはあるのでしょうが、支那が大きなパイを食べられるような設計になるでしょうから、残りの切れ端で喜べるかどうかは(苦笑

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。