2015年4月7日火曜日

訪韓したベトナム戦虐殺被害者の参加行事が中止に

何というダブスタぶり。

訪韓したベトナム戦虐殺被害者の参加行事が参戦者団体の圧力で中止

登録 : 2015.04.07 07:38修正 : 2015.04.07 07:44

 「私たちがベトナム戦問題を解決できなければ日本との過去の歴史も解決されない」
 専門家は参戦軍人団体に苦言「感情的対応は問題解決の助けにならない」
 「合理的な考えの人たちが組織文化を変えねば」

いや、韓国の主張する慰安婦問題は捏造の類だろうに。


なかなか、驚きのニュースだが、韓国らしくもある。
 ベトナム戦当時の韓国軍駐屯地域で発生した民間人虐殺被害者が参加する行事が、参戦軍人団体などの激しい反発で会場の予約が取り消されるなど、異常な事態となっている。参戦軍人団体は「歴史を歪曲する不純勢力の反民族的行為」と主張し、行事を大規模集会で「完全に封鎖」すると警告した。
「参戦軍人団体」の主張する「歴史を歪曲する不純勢力」というのは、寧ろ鏡に映った自分たちの姿じゃ無いのか?


どうやら、この韓国内での騒ぎは、写真展のレセプション行事に関して起こされた話であるようだ。
 平和博物館は7日午後7時、ソウル堅志(キョンジ)洞の曹渓寺内にある韓国仏教歴史文化記念館国際会議場でベトナム戦を扱ったイ・ジェガプ写真展「一つの戦争、二つの記憶」のレセプション行事を行う予定だった。先月6日に手続きを終えていたが、曹渓宗財務部は3日になり突然、申請を取り消すと平和博物館に通知した。曹渓宗はハンギョレとの通話で「理念葛藤と安全上の問題で行事を取り消すことにした」と明らかにした。
「理念葛藤」とは笑わせるが「安全上の問題」というのは、韓国では深刻なのだろうな。
何しろ、アメリカ大使がナイフで切りつけられたり、日本大使がコンクリートブロックを投げつけられたりする国である(同一犯人によるものだが)。


このレセプションが中止になった一番の理由はこちら。
 レセプションには、4日にベトナム戦終戦40年目にして初めて韓国の土を踏んだベトナム戦民間人虐殺被害者ウンウイェントルロン氏(64)とウンウイェンティタン氏(55)が参加する予定だった。
何というか、韓国では本当に言論の自由が無いのだね。
ベトナム戦参戦者会は会員たちに「左傾化した反国家的な一部勢力が民間人虐殺被害者の証言という、根拠も証拠もない演劇を行おうとしている。命を縮める覚悟で彼らの陰謀を粉砕する」と公示した。
……根拠も証拠もあると思うんだが。それこそ、自称従軍慰安婦のお婆さん達に比べれば遙かに立派なやつが。


そして、ベトナム戦参戦者会の会員が酷いかと思ったら、反論する側も十分に酷い。
 パク・テギュン ソウル大国際大学院教授は「私たちがベトナム戦問題を解決できなければ、日本との過去の歴史問題も解決できない。ベトナムの被害者の話を聞くのは参戦軍人の犠牲を否定するものではない。彼らも犠牲者と認められるよう国家の謝罪を要求する」と述べた。パク教授は「韓国政府が民間人虐殺に対して謝罪をする瞬間、参戦軍人も加害者でない国家動員被害者になるという点を認識しなければならない。感情的対応は問題解決に役立たない」と指摘した。
日本との過去の歴史問題って、それ、本当に実在するの??
「感情的対応は問題解決の役に立たない」って、そっくりそのままお返しするぜ。


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ



0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。