日本軍発行の証明書に「連行」の文字が!と騒ぐ韓国

なんだか壮大な自爆の気配だが。

「慰安婦の連行に協力を」 日本軍発行の証明書を発見

2015年04月09日08時19分
  旧日本軍が慰安婦を連行したと明示した過去の日本の記録が発見された。安倍首相が慰安婦の強制動員を否認し、日本政府が中学校の教科書から慰安婦連行の絵を削除するよう指示した中で出てきた文書だ。
興奮気味にニュースが伝えている内容は、取り立てて騒ぐ話でも無い。


だが、解説は必要だろうと思ったので取り上げておく。
息抜きみたいなものだな(笑)
連行
さて、これが記事のネタになっている文章だ。
  金文吉(キム・ムンギル)韓日文化研究所長(70)は8日、「従軍慰安婦関係資料集成」と題した報告書の写本を公開した。日本の財団法人「女性のためのアジア平和国民基金」(以下、国民基金)が1997年に出版し、日本のある市立図書館が所蔵している報告書だ。
ふむ。


確かに「連行」=「連れて行くこと」の文字は見て取れるな。
  600ページ分量の報告書の152ページには、中国と戦争をした日本軍塩田塩田兵団の林義秀部隊長が1940年6月27日、部隊傘下の慰安婦所の管理者に発行した証明書が出てくる。国民基金が報告書で「外務省と警察庁で確認した」とする証明書だ。証明書は「この人は当部隊付属の慰安婦所の経営者であり、今回慰安婦を連行して帰ってくる。慰安婦は当部隊に慰安をするために必要であるため、渡航に便宜を図り、問題がないようにするべき」という内容だ。
旧日本軍の軍部が許可を出しているのは、「慰安所の経営者が慰安婦を連れて行くための許可」だ。
慰安所の売春婦が連れて行かれる話ではあるが、「慰安婦は当部隊に慰安をするために必要であるため、渡航に便宜を図り、問題がないようにするべき」との主張をしている模様。


注意すべき点は5つある。
1つ、慰安婦所の経営者が軍に許可を求めている点。
1つ、[連行」についての許可がされている点。
1つ、原文が1997年に財団法人「女性のためのアジア平和国民基金」が出版したものである点。
1つ、原文の載る「『従軍慰安婦』関係資料集成」の著者は吉見氏である点。
1つ、許可証の「慰安婦」の国籍は明らかにされていない点。

まあ、いちいち解説するまでも無いが、軍の強制の証拠になるという主張は、この資料からはどこをどう読んでも理解出来ない。
  金所長は「『連行』という言葉を日本軍が直接使ったという点で、慰安婦強制動員を否定する日本政府の主張に反論できる資料」と述べた。
いや、日本政府が否定しているのは軍の強制性であって、関与は否定していないよ?
冒頭の証明書は軍が業者からの申請を許可した証拠であるから、軍と業者の間には一定の距離間があった事は明白であるし、それを強制性に結びつけるのはどうあっても無理だ。
そして、慰安婦の国籍すら不明だ。

いいかい?連行、とは連れて行くの意味だ。分かるね?
確かに「連行」は本人の意思にかかわらず連れて行く意味なので、本人が嫌がっていた可能性はあるのだろうが、可能性の問題であって証拠にはならない。寧ろ、これを見て旧日本軍が業者に経営を任していた証拠であると言う方が、まだマシだ。

漢字を捨てた民族は、漢字の意味を理解出来ないから困ったものである。


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


コメント