2015年4月28日火曜日

韓国兵器の稼働率……戦闘艦の場合

韓国軍の兵器の整備状況は、戦闘機よりもより艦船の方がヤバイ模様。

軍主力戦闘機·戦闘艦稼働率も「未達」

記事入力2015-04-22 11:42 | 最終修正2015-04-22 15:12

海·空軍の主要戦闘機·戦闘艦稼働率に赤信号が灯った。

赤信号もみんなで渡れば恐くないぜ?


既に戦闘機の方は紹介しているが、こちらの記事では韓国海軍の保有する艦艇についてだ。

海軍の主力戦闘艦である忠武公李舜臣艦(4500t· KDX -Ⅱ)級6隻も、有事の際に直ちに動員が可能な艦艇が1〜2隻に過ぎない。

忠武公李舜臣艦(KDX-II)は韓国海軍の主力であるヘリコプター搭載駆逐艦の名前である。

このシリーズ、李舜臣級駆逐艦と呼ばれるのだが、韓国海軍伝統のトップヘビー気味の構造と重装備なのは他の船と同様である。

そして、他にも色々欠点はある様だが……。C4ISRを搭載しているので、ミニイージス艦と呼べるのかな?

 

現在、韓国の保有するKDX-IIは6隻。

  • DDH-975 忠武公李舜臣 ← 「李舜臣」は韓国屈指の将と言われるが、露梁海戦で島津水軍に討たれて戦死した敗戦の将でもある。
  • DDH-976 文武大王 ← 「文武王」は新羅の第30代の王で半島統一を果たした人物だとされる。
  • DDH-977 大祚栄 ← 「大祚栄」は、渤海国の初代王だが、渤海国と朝鮮との関連性は薄い気がする。
  • DDH-978 王建 ← 「王建」は、初代高麗の王。
  • DDH-979 姜邯賛 ← 「姜邯賛」は、高麗の重臣。
  • DDH-981 崔瑩 ← 「崔瑩」は、高麗末期の重鎮。

イマイチ命名ルールがよく分からないのだが、高名な人物でも選んでいるのだろうか?


で、まあ、運用できる艦が1~2隻しかないという話だが、これもある程度は仕方が無いのかな、と。

海軍戦闘艦稼働率はさらに深刻だ。

海軍関係者は「4500t級6隻のうち、アデン湾の海賊退治に投入され、海を行き来する船が年間2隻、3〜6ヶ月かかる整備修理中の船が年間1〜2隻、年1回海外巡航に動員される1隻が常時配備され、最近では西北5度の監視に1隻が常時配置されて、有事の際の緊急戦闘動員が可能な艦艇は1隻に過ぎない」と述べた。

6隻あって3隻が運用できる状態にあり、2隻は整備に回され、1隻は待機状態にあるような状態であることは、さほど珍しくは無い。

半数は整備に回されているという状況は、即応力を考えればおかしくない状況なのだ。

 

寧ろ、2隻が整備に回され、他の4隻があっちこっちに割り当てられて、緊急戦闘動員が可能な艦艇が1隻しか無いという状況がかなり深刻だ。

いや、この1隻というのが整備修理に回されている艦艇をカウントしている状況を考えれば、寧ろ緊急戦闘動員を掛けられる艦は無いと言う風に考えた方が良さそうだ。


そもそも、この忠武公李舜臣艦(KDX-II)の計画自体が、5000tに満たない規模の船体に過剰な戦力を詰め込んだ無理のある構成で、発展型としてもう少し大きな船を投入したいという狙いは、韓国軍にはある様だ。

4500t級主力戦闘艦を代替する5600t級ミニイージス艦6隻を建造するKDX -ⅡA事業は、電力化時期が2030年以降に延ばされて深刻な空白が懸念される。

でも、その計画は頓挫している模様。

KDX-IIIやらKDX-IIAやら、色々検討されているみたいだけど、小型で取り回しの良い船艇を複数運用できるような体制にした方が良いぜ。

 

戦いは、数だぜ!

 

まあ、北朝鮮側に国力が無いので、韓国の状態を見て今すぐ戦闘状態に突入するような事は考えなくて良いとは思うが……。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. 取り回しの良い船艇を複数運用できるような体制にした方が良いぜ
    > 天安艦は魚雷さえ発見できないソナーしか備えていなかった。魚探でも同じだったでしょうけどねっ。

    返信削除
    返信
    1. 天安艦の事件は韓国海軍のトラウマなのでしょう。
      浦項級コルベット後期型の「天安」は哀れな最後を迎えたわけですが、北朝鮮との戦いを前提にするのであれば、あのレベルの船を複数備えるべきなんじゃないか?と、個人的には思っています。

      未だにソナーは魚探を積むようなアリサマですが(笑)

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。