2015年4月14日火曜日

那覇市、単独予算でも「龍柱」の完成目指す

……単独予算と言っても、他の部分に国からの補助金が回されたら、結局同じ事じゃ無いですかね?予算の付け替えってだけで。

那覇市「龍柱」単独予算で完成へ 一括交付金繰り越し断念

2015年4月13日 08:01
那覇市(城間幹子市長)は若狭緑地で建設中の「龍柱」の事業費に充てる一括交付金の一部約6400万円の繰り越しを断念、単独予算で完成を目指す方針を決めた。
ちなみに、この那覇市に建設中の龍柱、爪は4本以下だと噂されているが、真相や如何に?


その前に、五本爪の龍の話をしておこう。

五本爪の龍描き 孔子廟、松山公園に完成

2013年6月12日 
 久米三十六姓の子孫でつくる一般社団法人久米崇聖(そうせい)会(神村光二理事長、会員約200人)は、儒学の祖で中国の思想家、孔子を祭る久米至聖廟(しせいびょう)(久米孔子廟)を那覇市久米の松山公園内に建立した。
僕も検索して初めて知ったのだが、支那で描かれる龍には特別な意味があり、五本爪の龍は皇帝と孔子のみに使うことが許されている。
 新しい大成殿の石柱、階段中央部分の石版は孔子の生地、曲阜(きょくふ)の現地に、孔子廟と同様に製作するよう依頼し、取り寄せたもので龍(りゅう)の爪が五本描かれている。龍の五本爪は中国皇帝と孔子にのみ使うことが許されたもので、首里城の龍柱は四本爪だ。
ちなみに、首里城の龍柱も四本爪となっているが、これが元々の首里城の仕様であったかどうかは定かで無い。
創建年は、復元に先立って実施された発掘調査から14世紀末頃と見られている。その後ほぼ同位置で数度の焼失・再建を繰り返してきた。現在の建物は18世紀初めに再建され、沖縄戦で焼失するまで残っていた正殿をモデルに1992年(平成4)に復元したものである。
正殿の建築は、中国の宮廷建築と日本の建築様式を基本にしながら琉球独特の意匠(いしょう)にまとめられている。正面の石階段の両脇に龍の彫刻があるが、これを「大龍柱(だいりゅうちゅう)」と言い、手すりの奥にはもう一対「小龍柱(しょうりゅうちゅう)」がある。その他柱や梁(はり)等にも龍の彫刻が多数施されている。龍は国王の象徴であり、たくさんの龍が首里城には棲んでいる。
http://oki-park.jp/shurijo/guide/194
何故ならば、首里城は幾度となく建て直されており、今ある建物は1992年に復元したものだからだ。
もちろん、正確に復元されて四本爪も再現されたものである可能性は否定しない。


いずれにせよ、琉球王国と支那との間に密接な関係があったことは否定しないし、歴史的にも外交的に貿易上の観点から、明や清の冊封を受けていた事実はある。一方で薩摩藩による実質的な支配下に入った時代もあり、日本と支那の両方の影響を色濃く受けて独自の風土を生み出していった事は確かであろう。

そして、冊封(名目的な君臣関係を伴う外交の形態)を受けていた以上は、四本爪の龍がデザイン化された柱があっても不思議は無いし、それが自然だろう。


話は逸れたが、那覇市は支那と密接な関係を伺わせる龍柱の建設を今も諦めてはいないと、そういうことらしい。
このリンク先の記事で触れたように一端は頓挫しかけた計画だったが、続行の意思アリ、というのが冒頭のニュースだ。
市の担当者は2014年度中の完成予定だった工期が遅れ、3月24日の工事期限までに国と繰り越しについての調整がつかなかったと説明している。単独予算から約1億円を確保する。
市の単独予算で約1億円確保できるところが凄いが、那覇市の平成25年度の歳入は130,860,586千円(1386億円)なので(国庫支出金が313億円、地方交付税が140億円)、捻り出せない額では無いのかも知れない。
というか、余っているなら国庫に返そうな!


で、龍柱の工事進行状況だが……。
中国に発注した龍柱本体は14年12月までに制作を終了し、沖縄へ運び込まれている。本体の設置や組み立て工事を進める予定だったが、3月24日以降の作業を中断している。
もう、支那への上納は済んだ後だって事らしいね。

となるとだ、「税金を無駄にしないために建てちゃおう」とかう脳味噌のバラ色な方々が湧き出ても不思議は無い。

何とも嘆かわしい話ではあるが、この問題は「工事中止」というところでは終わりそうも無いらしい。
国民は、こんな無駄なところに税金が投入されるのであれば(上に紹介した久米至聖廟も全く無駄な話だが)、那覇市に対して返還請求をすべきであろう。龍柱に使われる龍の爪が四本爪なら尚更問題である。
税金の使い方は、きっちりと監視されるべき話なのだ。


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ





2 件のコメント :

  1. 地方創生や地方分権は制限すべき典型例ですね。税金の無駄遣いなら広く市民にばら撒け。

    返信削除
    返信
    1. 税金が還付されれば、経済的にはプラスになるかも知れませんね。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。