支那、福建省で化学工場大規模爆発

テロか?!

化学工場、大規模爆発=40キロ地点で揺れ―中国福建省

時事通信 4月6日(月)22時56分配信
 【北京時事】中国メディアによると、福建省※(※=サンズイに章)州市の古雷港経済開発区にある化学繊維原料パラキシレン(PX)の生産工場で6日夜、大規模な爆発が発生した。炎と黒煙が高く上がり、周辺の住宅の窓ガラスが割れるなどした。負傷者が1人出ている。
パラキシレンの生産工場で爆発??

確かに、パラキシレンは第4石油類に分類されて引火性はあるのだが……、それにしたって大規模爆発を起こすようなシロモノなのだろうか。爆発
支那のニュースから引っ張ってきた画像だが、結構凄い事になっているな。

パラキシレン工場建設反対運動
政治的寛容性アピールから一転、習近平政権の「変化」

2014年04月11日(Fri)
この2、3年、ポリエステル繊維の原料であるパラキシレン(PX)の生産工場建設プロジェクトに対する住民の反対運動が各地で発生している。大規模な運動としては、2007年6月に福建省厦門市、2011年8月に遼寧省大連市、2012年10月に江蘇省寧波市などで起きており、地方政府は建設延期、建設停止、建設地の移転などに追い込まれている。2013年5月には雲南省昆明市でPXを生産するのではないかと疑い石油化学工場建設に反対する住民の大規模なデモが発生しており、人々は毒性が高いとしてPXに対し極めて神経質になっている。
どうやら、住民の反対運動も起こっていたようだが、今後一層デモなどが激しさを増しそうな事件だな。


パラキシレンの製造工場は日本にもあるし、日本が韓国に合同事業として大規模工場を建てていたというニュースもあって、色々な国で作られているのは事実だ。
だが、パラキシレン自体に毒性が高いので、そうした噂が支那のデモに繋がったのだろう。
m33355
で、問題は今回の爆発なのだが……。
どうやらこの工場、以前にも事故を起こしている模様。
 古雷港経済開発区のPX工場では2013年7月末にも爆発が発生した。中国各地ではPX工場建設に反対する住民の抗議運動が相次いでいる。同開発区の工場は福建省アモイ市に建設される予定だったが、住民のデモを受け、※州市に変更された。
この事故を受けてデモも行われていた。

パラキシレン工場建設に数万人が抗議 武装警察出動で死傷者多数か=広東省茂名

(2014/4/1)
【大紀元日本4月1日】広東省茂名市で30~31日、毒性の高いパラキシレン(PX)を生産するプロジェクトに抗議するデモが行われた。デモには数万人の市民が参加したが、武装警察に阻止され、乱闘となった。学生を含む多くの死傷者が出たもよう。

こういったデモが頻発する矢先の大規模事故だけに、支那の地方政府としては事故は起きても死傷者は出ていないということにしたいようだが……。

この規模の爆発があって死者が一人もいないというのは少々無理があるのではないか。

追記

ぽつぽつニュースが出始めたようだな。

人民日報「パラキシレン産業は安全」…同じ日に工場爆発=中国

Y!社会ニュース2013/07/31(水) 17:39

  中国共産党機関紙の人民日報は30日付で、「世界的にも、パラキシレン産業は何十年も事故を起こしていない」と主張する論説を掲載した。中国ではパラキシレン生産工場の環境汚染や安全性に対する疑念が高まっており、住民の反対で工場設立が難しくなるケースも出ている。人民日報はパラキシレンを国内生産することの必要性や安全性を力説した。ただし同日午前4時半ごろ、福建省内のパラキシレン生産工場で大規模な爆発が発生していた。

……と思ったら、このニュースは前回のヤツだった。

中国・福建省の工場で爆発 十数人けがとの情報も

04/07 09:15

中国・福建省にある工場で爆発があり、負傷者が出ている。
福建省の経済開発区にある、化学繊維の原料「パラキシレン」の生産工場で、6日午後7時ごろ、大規模な爆発が発生した。

こちらのFNNのニュースは動画付きだね。

爆発は2度あったようで、重傷者を含む十数人が怪我をしたという情報も出ている模様。

……怪我で済んだのか?

追記2

おおっと、軍隊まで出てきた模様。

【経済】福建省の化学工場が再び爆発、毒ガス発生で中国軍も出動

2015年04月07日13時27分

福建省ショウ州市の古雷港経済開発区内にあるパラキシレン(PX)プラントで6日午後7時ごろ(現地時間)、大規模な爆発・火災事故が発生した。事故の直後、周囲40-50キロメートル圏内で強烈な震動が約45秒ほど続いている。現場付近では激しい火災が起こり、真っ黒な大量の煙が上空まで立ち上った。これまでに14人が負傷し、うち2人が重傷となっているという。被害者の数はさらに拡大する可能性もある。複数の中国メディアが7日付で伝えた。
PXは発がん性物質のため、消火活動には、地元消防隊430人ほか、人民解放軍の化学防護隊120人、洗浄車5台などが投入された。また南京軍区175医院の専門家数名も現地入りしている。有毒ガスの発生を受けて、付近の住民はすでに工場から18キロメートル離れた地点まで避難したとの情報もある。

装備面で、「化学防護隊」やら「洗浄車」などが必要になることは分かる。分かるが……、これは一層事件の表面化が厳しくなってきているような気がする。

「死者なんて居ない」という状況は続きそうだが、燃えている物質が物質だけに、ちょっと無事に済むとも思えない。それに、爆発というのもちょっと気になるところ。

 

追記3

9日になってようやく火事は鎮火した模様。

福建省ショウ州パラキシレン工場の火災9日未明鎮火 付近住民3万人避難

Jp.xinhuanet.com | 発表時間 2015-04-09 10:57:37 | 編集: 谢艳

   【新華社福建省・ショウ州4月9日】中国の福建省ショウ(さんずい+章)州市で6日午後起きたパラキシレン工場の火災は消防車数百台を投入する懸命の消火活動の結果、9日午前2時57分鎮火した。現在、関連の善後作業が進められている。

色々な憶測が飛び交ったが、負傷者6人、死者は無しと。

現場

死者が居なくて何よりだ。

   【新華社福州4月7日】福建省ショウ(さんずい+章)州市の古雷騰竜パラキシレン工場で6日午後6時55分ごろ起きた大きな爆発で6人の負傷が確認されたが、死者は見つかっていない。

http://jp.xinhuanet.com/2015-04/07/c_134128473.htm

ん?何でこんな言い回し?

「死者は見つかっていない」って、行方不明者も無しって事で良いんだよね?本当に??



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 学生を含む多くの死傷者が出た >> どんな大事故や騒動でも死者は常に35人までだ。

    返信削除
    返信
    1. この事件、もしかしたら今後余り情報は出てこないかも知れません。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。