2015年4月22日水曜日

首相官邸の屋上にドローン墜落

物騒な時代になったものだ。

<首相官邸>屋上に「ドローン」落下…カメラや発炎筒積む

毎日新聞 4月22日(水)12時5分配信
 22日午前10時半ごろ、東京都千代田区の首相官邸の屋上に小型無人飛行機「ドローン」が落ちているのを官邸職員が発見し、警視庁麹町署に通報した。
一歩間違えればテロである。


この手の事件はアメリカでも起こっていて、規制に向けて動き出しているとか何とか。

ホワイトハウスに墜落したドローン

1月26日(現地)の午前3時。小型無人飛行模型機(ドローン)がホワイトハウスに低空飛行で進入した。この緊急事態を受けて、ホワイトハウスは一時警戒態勢を敷いたが、調べてみるとこれを飛ばした犯人は大統領警護を行うシークレットサービスであると判明。単に自宅で酔って飛ばしていたものが、誤ってホワイトハウスに墜落したのだ。
ホワイトハウスに事件はSSが遊びで飛ばしていたら、ホワイトハウスに墜落したという話であって「すわテロか?!」とざわめきたったが大した事は無かった。
SSが酒に酔って遊び半分で飛ばしたら、洒落にならない事態になったわけだが、多分彼のクビも飛んだことだろう。

ただ、この時も問題とされたのは、この様な小型機の侵入に対して、現状では防衛手段が何も無いことだ。


日本の首相官邸の屋根に落ちたドローンは、どうだったか?というと、どうやら少々サヨクの香りがする。
同署によると、ドローンは直径約50センチで、四つのプロペラや小型カメラが付いていたほか、発炎筒のようなものや液体の入ったペットボトルのような容器(高さ10センチ、直径3センチ)が取り付けられていた。
発煙筒に液体……、液体の種類はハッキリ伝えられていないが、ガソリンなどの引火性の高い液体であったとすれば大変なことだし、毒物であったとしても相当に問題だろう。まあ、「発煙筒のようなもの」とあるので、まだ未確定だが。
捜査関係者によると、ドローンの機体には放射能を示すマークがあった。だが検査では、機体から放射性物質は検出されなかった。
更に、こんなマークが?!
nc3330
何やら暗示的な気もするけれども、ドローンに放射性物質は確認出来なかったと言うことで嫌がらせの一環である可能性は高いだろう。


で、どのような理由にせよ、首相官邸を直接狙えるという実例が示されてしまったことで、日本国内でのドローン規制の動きも活発化すると思われる。

問題は、上空からドローンによる侵入を許さないように迎撃態勢を整えるのが非常に難しい点だろうか。
この辺りはアメリカも苦慮しているようで、ドローンを動かしているファームウエアに飛行禁止区域を組み込むみたいな話も出ているが、どちらかというと問題は現状で既に一般人が安価にこの手のドローンを簡単に入手でき、簡単に飛ばせるという点だ。

今からソフトウェアで規制ってのは余り意味が無いし、無駄にプログラムを複雑にするのもドローンの価格をつり上げる結果になる。

そうなると、全面規制という夢の無い流れになりかねない。


まあ、琉球新報みたいにドローンを使って紛失事故を起こしているところもあるので、規制は待ったなしという状況なのかも知れないな。

琉球新報の小型無人ヘリ行方不明に

2015年1月14日 18:49
 琉球新報社は14日、写真映像部記者2人が13日に空中撮影用の小型無人機マルチコプター(全長約35センチ、重さ約1・5キロ)の操作訓練をした際、機体の制御を失い行方が分からなくなったと発表した。
米軍基地の上を飛ばして撃ち落とされるよりはマシだろうが、行方不明事件を起こしてもしれっとドローンで空撮を続ける面の皮の厚さがあれば、次には大きな事故を起こすだろうし。

ただ、ドローンの飛行を全面禁止にしたとして、事故は減ってもテロのリスクは下がらないというのが恐ろしいね。

どーすんでしょ?この話。反核派のテロってオチで終わるとオオゴトだが。


そう言えば、民主党の枝野君、「対策をしっかりやれ」って言ってましたな。

官邸「ドローン」墜落 枝野氏「自衛隊海外派遣にうつつぬかす前に対策を」

産経新聞 4月22日(水)16時31分配信
 民主党の枝野幸男幹事長は22日の記者会見で、首相官邸の屋上で小型無人飛行機「ドローン」が発見されたことについて「現行制度では首相官邸、国会、皇居などの上空を自由に飛んでも法規制がないと思われる。悪用する人がいれば皇居などがターゲットにされかねない」と述べた。
 枝野氏はその上で「自衛隊の海外派遣などにうつつをぬかしている前に、対策をしっかりとやるべきだ」と語り、安倍晋三政権の対応を批判した。
よし、言質はとったからな。
法案を提出しても、反対だけして真面目に検討しないなんて態度はダメだぜ?
まあ、多分、免許制とかになって、所有者は警察に登録とか言う話になりそうだな。猟銃と同じである(笑)

だが、空からそれなりの重量物が降ってくるリスクを考えれば、ある程度の規制は甘受せざるを得ないだろう。
追記
ふむ、単なる操作ミスとかではなさそうだな、この事件。

官邸屋上にドローン落下 検出の放射性物質はセシウムの可能性

フジテレビ系(FNN) 4月22日(水)16時17分配信
東京・千代田区の首相官邸に、小型無人機(ドローン)が落ちているのが見つかった。このドローンからは微量の放射線が検出され、この放射性物質は、セシウムである可能性が高いことがわかった。
セシウム、どこから手に入れたんだろうな?プラスチック容器内に入れられていたということは、少なくともそれを届ける意図があったことを伺わせる。
さらに、当初、発煙筒のようなものを確認していたが、それは、ドローンのバッテリーのケースである可能性が高いことがわかった。
あ、発煙筒では無かったんだ。
こちらの商品っぽいが……。
放射線量は容器のすぐそばで測った数値で最大1時間当たり1マイクロシーベルトだということです。
http://www.nhk.or.jp/shutoken-news/20150422/4248071.html
何やら色々と対策されていた模様。
今回見つかったドローンは「ファントム」という機種とみられていますが、本来のファントムは機体の色が白であるのに対し、見つかった機体は黒のため、警視庁は色が塗り替えられた可能性があるとみています。
夜間に飛ばすなら黒だよね。
ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ





0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。