2015年4月23日木曜日

バンドン会議で演説する安倍氏

おわび無し。

アジア繁栄へ結束を=大戦「おわび」触れず-安倍首相、バンドン会議60年演説


 【ジャカルタ時事】安倍晋三首相は22日、インドネシアのジャカルタで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議で演説した。テロリズムや感染症、気候変動など直面する諸課題の対処に向け「私たちアジア人、アフリカ人は、結束しなければならない。多様性を大切にしながら平和と繁栄を築き上げようではないか」と連携を呼び掛けた。先の大戦への「反省」に言及する一方で、「おわび」には触れなかった。(2015/04/22-14:29)
正しい対応だと思う。




ただ、支那は快くは思っていないんだろうねぇ。

この関連の記事は幾つか出ているのだが、記事が出た順番が時系列通りになっていれば面白い。

先ずはこちら。

政府、日中首脳の接触を打診 安倍首相「自然な形なら」

2015年4月21日19時36分
 政府は、22日にインドネシアで開かれるアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議の際、安倍晋三首相と中国の習近平(シーチンピン)国家主席が接触するよう中国側に打診している。複数の日本政府関係者が明らかにした。
政府側から打診し、菅氏もそれを表明している。

日中首脳対話「最終調整」=菅長官


菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、インドネシア訪問中の安倍晋三首相と中国の習近平国家主席との対話について、「本日のいずれかの段階で機会があればいい。時間、場所は引き続き最終調整している」と説明した。 (2015/04/22-11:46)
習近平氏との対話を模索していて……。

安倍首相、中国主席と握手


 【ジャカルタ時事】アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議に出席した安倍晋三首相は22日、会議冒頭の写真撮影の際、中国の習近平国家主席と握手した。 (2015/04/22-12:15)
握手!
 
……握手だけでニュースになるとは。
そりゃ、握手くらいするだろうさ。ハグとかしたならば、ビックリするが(笑)


で、冒頭の演説のニュースである。
 首相は「強い者が弱い者を力で振り回すことは断じてあってはならない」と述べ、周辺国との緊張を高める中国を念頭に「法の支配」の重要性を強調。「卑劣なテロリズムが世界へまん延しつつある。テロリストたちに安住の地を与えてはならない」と語り、テロ対策に全力を挙げることも訴えた。
握手をしつつ、安定の支那への牽制である。
演説では、村山富市首相が戦後50年談話で示した「植民地支配」や「おわび」などの文言は引用しなかった。
必要ないですから(笑)


さて、この演説に対して光の速さで対応したのは、日本をストーキングする国家、韓国のみ。

韓国当局者が遺憾表明 安倍氏「謝罪」に言及せず

2015/04/22 16:32
【ソウル聯合ニュース】韓国政府当局者は22日、安倍晋三が同日にインドネシアの首都ジャカルタで開催されたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の60周年記念首脳会議での演説で、第二次大戦に対する「反省」を表明したものの、「謝罪」などに言及しなかったことについて遺憾を表明した。
いや、インドネシアとか、アジア・アフリカ会議に出席するような国々に対しては、韓国も「迷惑を掛けた側」なんだが?
他人事みたいに「遺憾の意」を表明してるんじゃねーよ。

……というか、そもそもアジア・アフリカ会議に、キミタチ韓国は参加していないよね?



むしろ、wikiの「アジア・アフリカ会議」のところを読んでもらえればわかるが、1955年に開かれた第1回AA会議では、日本はバッシングされるのを覚悟で当時の経済審議庁長官である高碕達之助氏が出席したが、逆に大歓迎を受けたのだとか。

それは、アフリカやアジア各国が欧米諸国の植民地支配から開放される切っ掛けを作ったのが日本であると理解され、1943年に日本、支那、タイ、満州、フィリピン、ビルマの6カ国に、自由インド仮政府を加えた実質7カ国の共同声明として出された「大東亜共同宣言」が、各国の反映を願う内容だったからだ。
参考までに載せておこう。「ねずさんの ひとりごと」に丁寧な訳文が乗っているが、ここでは省スペースになるように少々文言を変えてある。
世界各国が、自らの土地を得て、相互協力し、様々な国が共栄し、楽しみを共にするのは、世界平和確立の為の根本である。
しかし、米英は自国繁栄の為に他国家他民族を抑圧し、特に東亜諸国に対し飽くなき侵略搾取を行い、東亜諸国隷属化の野望を露呈し、遂には東亜諸国の安定を根底より覆そうとしたことが、大東亜戦争の発端である。
東亜の各国は連携して、大東亜戦争を戦い抜き、東亜諸国を米英の束縛から解放し、その自存自衛を全うし、次の綱領に基づき、大東亜を建設して世界の平和の確立に寄与することを期待する。
  1. 東亜諸国は、共同して大東亜の安定を確保し、同義に基づく共存共栄の秩序を建設する。
  2. 東亜諸国は、相互に自主独立を尊重し、互助親睦を挙げて大東亜の親和を確立する。
  3. 東亜諸国は、相互にその伝統を尊重し、各民族の創造性を伸ばし、東亜諸国の文化を高揚する。
  4. 東亜諸国は、互いに緊密に連携し、各国家の経済の発展を遂げ、東亜諸国の繁栄を推進する。
  5. 東亜諸国は、世界各国との交流を深め、人種差別を撤廃し、互いによく文化を交流し、進んで資源を解放して、世界の発展に貢献する。
……宣言の内容は今も実現してねーよ!!

だが、この理想を掲げて戦ったことはアジア・アフリカ各国に評価されたのだ。そのような場で「おわび」など意味不明である。



さてさて、この流れに先立って、こんなニュースが。

ADB改革で融資手続き短縮へ、2016年に15カ月が目標=政府筋

2015年 04月 20日 23:53 JST
[東京 20日 ロイター] - アジア開発銀行(ADB)の業務改革の全容が20日、わかった。融資手続きを簡素化し、手続きにかかる時間を短縮するのが柱。2012年実績では21カ月かかったが、16年には15カ月と、半年程度短縮することをめざす。
ADBの欠点として、手続きにかかる時間と審査の厳格さがあったのだが……、半年程度手続きにかかる時間を短縮する流れ。
政府筋が明らかにした。改革案は、1)現地事務所への権限移譲、2)調達手続きの迅速化、3)融資の準備作業を案件の承認前に実施、4)事前評価等の手続き迅速化──を中心にまとめた。
こんな事をされてしまうと、AIIBは吹き飛んでしまう。なにしろ、日本やアメリカがAIIBに参加しない状況では、金利がADBに比べAIIBの方が1%前後高くなると言われているからだ。

同じお金を借りるなら、金利が安くて信頼がおける方が良いよね?



会議前にこのニュースを流す辺り、狙ってやったとすれば日本の外交も捨てたものではない。

支那としてはAIIBが軌道に乗る事は死活問題に繋がる。よって、ADBに好き勝手やって貰っては困るので、出来るだけ穏便にして欲しい。日本と「敵対するのは得策ではない」 → 「握手」 の流れであれば、策としては上手く嵌まったのだろうと思われる。

更にこんなニュースまで。

AIIBの動きにらみ、日本独自でアジアへのインフラ投資新枠組み

04/22 13:22
中国が主導するAIIB(アジアインフラ投資銀行)の動きをにらみ、日本が独自でアジアへのインフラ投資を進める新たな枠組みを検討していることが、FNNの取材で明らかになった。
関係者によると、政府は、アジアへのインフラ投資を官民一体で進めるため、ADB(アジア開発銀行)と、日本のODA事業を担うJICA(国際協力機構)が連携する、新たな枠組みの創設を検討しているという。
無慈悲www
また、日本企業の海外でのインフラ案件に融資するJBIC(国際協力銀行)が融資規模を拡大することで、ADBでの入札率が、現在0.5%程度にとどまる日本企業の後押しを目指す。
主に日本企業向けのアピールだが、ADBですら入札率が0.5%である現状を改善しようと動き出したわけだ。
この具体案は5月末に打ち込まれるらしい(笑)

対AIIB手段の第二弾という側面は確実にある訳で、日本はAIIBバスを見送る準備は万全だという話のようだね。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。