韓国から逃げ出す外資

今に始まったことでもないだろう。

朴政権ショック 中国すら韓国を見捨てた 逃げ出す投資マネー (1/2ページ)

2015.05.01
 韓国から世界の投資マネーが逃げ出している。今年1~3月の外国人直接投資額が3割近く減少、国別でも日本が6割減、欧州が8割減、そして韓国が頼みの綱とする中国も8割減というショッキングな数字だ。
ただ、数字は割とショッキングだ。


今年の1~3月といえば、ウォン高が進み始めたのは3月頃からだから、何というか外資撤退と関連があるのか疑ってしまうな。
ドルウォン
ここ数日でウォンが急激に安くなっていたが、明らかに介入が疑われる。
ドルウォン2
だけどまあ、焼け石に水といった感じだな。
クネクネも寝込むわけだ。


 韓国の産業通商資源部によると、直接投資額は申告ベースで前年同期比29・8%減となった。製造業が約84%減と壊滅的で、サービス業が約16%増えたが、カバーできなかった。2010年1~3月期以降、投資額は着実に増加してきたのが、今年になって腰折れした形だ。
製造業関連で84%減というのがなんとも痛ましいが、韓国が大型の設備投資をやらなくなったらいよいよ負けフラグである。
 韓国メディアは、昨年1~3月期に、サムスン電子と米ガラス大手コーニングの合弁会社、サムスンコーニング精密素材の株をコーニング側が買収した反動だと報じている。このM&A(合併・買収)が欧州経由で実施されたため、今期の欧州からの投資額が約85%減となったとしている。
成る程、これで説明がつくのは欧州側からの投資8割減だけだが、日本と支那の方はどう説明するんだろう。

記事はこう続く。
ただ、問題はそれだけではない。米国からの投資こそ約52%増えたものの、日本からの投資額は約61%も減っているのだ。朴槿恵(パク・クネ)政権は強硬な反日姿勢を続けており、日本からの投資が消極的になるのも自業自得というしかないが、韓国の最大の貿易相手国で、外交でも依存度を強める中国も「韓国離れ」が際立っているから事態は深刻だ。
ZakZakの記事だから、韓国に対して好意的でないのは仕方がないにせよ、支那からの投資減は深刻なんだろうね。
 今年1~3月の中国から韓国への投資額は約5300万ドル(約63億円)で、前年同期の約2億2700万ドル(約271億円)と比べて約77%の大幅減に見舞われた。
支那からの投資額が減っているのは、話が単純である。
支那経済がヤバイからだ。

支那からの投資は特に不動産業に関するものが減少しているようだが、支那の土地バブルの崩壊の影響を受けているのだろうと推測できる。
韓国の内情もヤバイが、支那の内情もヤバそうだね。
ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. カネ貸しは慈善事業家じゃない、相手の経営状態に応じたカネしか出さない。傾きゃ化し剥がしは日本の銀行とて同じ。

    返信削除
    返信
    1. マネーゲームの要素が強いようですから、韓国経済は外からの攻撃に脆弱に出来ている分、狙われやすいみたいですね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。