2015年5月7日木曜日

世界遺産登録へ進む「明治日本の産業革命遺産」と、それを阻もうとする韓国

面倒臭い国だな、本当に。

韓国国会委員長が反対の書簡を発送

2015.5.7 00:10
 韓国国会の羅卿●(=王へんに援の旧字体のつくり)外交統一委員長の関係者は6日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に登録するよう勧告したことに関し、羅氏が世界遺産委員会の委員国に登録反対を呼び掛ける書簡を送ったと明らかにした。
「騒げば貴し~♪」
何が何でも日本の邪魔をしたい模様。


話を整理していきたいと思う。
まず、世界遺産の登録を目指すのは「明治日本の産業革命遺産」である。正確には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」である。
具体的には、8つのエリア(萩、鹿児島、韮山、佐賀、長崎、三池、八幡)の23施設について明治日本の産業革命に寄与したという名目で、複数物件をまとめてノミネートしてある。

エリア1:萩(山口県)
1-1.萩反射炉(山口県萩市、1856年)
1-2.恵美須ヶ鼻造船所跡(萩市、1856年)
1-3.大板山たたら製鉄遺跡(萩市、1855年)
1-4.萩城下町(萩市、江戸時代)
1-5.松下村塾(萩市、1857年)
エリア2:鹿児島(鹿児島県)
2-1.旧集成館(鹿児島県鹿児島市、1854年)
  旧集成館反射炉跡(1851年)
  旧集成館機械工場(1865年)
  旧鹿児島紡績所技師館(1867年)
2-2.寺山炭窯跡(鹿児島市、1852年)
2-3.関吉の疎水溝(鹿児島市、1858年)
エリア3:韮山(静岡県)
3-1.韮山反射炉(静岡県伊豆の国市、1857年)
エリア4:釜石(岩手県)
4-1.橋野鉄鉱山・高炉跡(岩手県釜石市、1858年)
エリア5:佐賀(佐賀県)
5-1.三重津海軍所跡(佐賀県佐賀市、1858年)
エリア6:長崎(長崎県)
6-1.小菅修船場跡(長崎県長崎市、1869年)
6-2.三菱長崎造船所 第三船渠(長崎市、1905年)
6-3.長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン(長崎市、1909年)
6-4.長崎造船所 旧木型場(長崎市、1898年)
6-5.長崎造船所 占勝閣(長崎市、1904年)
6-6.高島炭坑(長崎市、1869年)
6-7.端島炭坑(長崎市、1890年)
6-8.旧グラバー住宅(長崎市、1863年)
エリア7:三池(福岡県・熊本県)
7-1.三池炭鉱三池港(福岡県大牟田市・熊本県荒尾市)
  三池炭鉱 宮原坑(大牟田市・荒尾市、1898年)
  三池炭鉱 万田坑(大牟田市、1902年)
  三池炭鉱 専用鉄道敷跡(大牟田市・荒尾市、1891年)
  三池港(大牟田市、1908年)
7-2.三角西(旧)港(熊本県宇城市、1887年)
エリア8:八幡(福岡県)
8-1.官営八幡製鐵所(福岡県北九州市)
  八幡製鐵所 旧本事務所(1899年)
  八幡製鐵所 修繕工場(1900年)
  八幡製鐵所 旧鍛冶工場(1900年)
8-2.遠賀川水源地ポンプ室(福岡県中間市、1910年)
Wikipediaより


で、これらをユネスコの世界遺産に登録が認められたというのが、これまでの流れである。今のところはイコモス(ユネスコの記念物及び遺跡の保護に関する諮問機関)に認定された段階だが(イコモスに認定されると、ほぼ100%登録される模様)。

そもそも、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)は、国連の下部組織で、教育、科学、文化の発展と推進を目的として設立された団体であり、ここに認定されると観光事業に大きな影響力が出る
この点が近代において利権として問題となり、アメリカやイギリスが一時脱退する騒ぎにまで発展したが、管理運営の改善を果たした結果、現在のように多数の加盟国に指示される団体となった。

世界遺産として有名なのは、文化遺産であればインドのタージ・マハール、オーストラリアのシドニー・オペラハウス、日本の原爆ドームなんかもこのカテゴリーに入る。自然遺産であれば、アメリカのイエローストーン国立公園やオーストラリアのグレートバリアリーフ、日本の知床半島など。複合遺産であれば、ペルーのマチュピチュやら支那の泰山やらが含まれる。


そんな訳で、近年、観光事業に力を入れている日本としては、ユネスコへの登録は1つのステータスとして機能するだけに、喜ばしい話なのである。
「明治日本の産業革命遺産」は、そうした日本が誇る遺産の1つとしてユネスコへの登録を目指されているものだ。

じゃあ、韓国は何を言っているのか?というと、23件の施設のうち7施設に徴用された形跡があるので反対だと、そういうことらしい。
 韓国側は、登録見通しの23件の施設のうち7施設に強制徴用された計約5万7900人の朝鮮人労働者が送られており、普遍的な価値を持つ遺産を保護するとの世界遺産条約の精神に反するとして、登録に反対している。

……産経新聞は「強制徴用」などと意味不明な言葉を使っているが、「徴用」に「強制」もクソも無い。間違った認識の下で作られた造語の類だな。「強制連行」だとか「強制労働」ならば分かるが。

まあそれはさておき、確かに23施設のうち、三池炭坑や三菱長崎造船所、端島炭坑(軍艦島)、八幡製鉄所など一部の施設において、朝鮮人労働者が働いていた事実はあるようだ。


ただし、朝鮮人の徴用は1944年9月から1945年8月までの11ヶ月間(日本本土への徴用は7ヶ月)であり、その人数は245人であるとされる(外務省資料による)。

一方で、「徴用」という定義に当てはまらず、自由渡航など様々な理由によって周辺時期において朝鮮人が日本に渡り、労働した人口は「労務動員計画(1939年~1945年」等の影響もあり、その数は61万人程度(1959年の在日朝鮮人の来住特別内訳より)から200万人(1945年直前の朝鮮人居住者総数)、360万人(韓国政府による)、650万人(韓国教科書に記載)などの諸説がある様だ。

 

そして、その数字の中には「動員」と呼ばれる募集よりもより強い働きかけによる人員募集の手法による労働者もいたと言われている。

この動員された朝鮮人の中には、企業による募集の形で働きに出たとは言え、仲介業者による詐欺行為によって欺されて日本に来たり、実際に働いた環境が過酷であったり、半ば強制的な動員のされ方もあった、という事実があって、文句を言っているように思われる。


しかし残念ながら、調べてみたものの、韓国政府が主張する7施設がどれで、5万7900人の方々がどのような根拠に基づいて主張されているのかはさっぱり不明である。

「反対」の韓国が日本と協議へ 韓国メディアが報道

2015.5.6 15:18
 聯合ニュースは5日、世界文化遺産に登録される見込みとなった「明治日本の産業革命遺産」をめぐり、植民地時代に朝鮮人労働者が強制徴用された施設が含まれるとして反対している韓国の政府当局者と日本側が今月下旬、東京で協議すると伝えた。
これについて、韓国メディアは日本と韓国が協議するみたいな話を出しているが、日本側は1910年以前の話、つまり「明治」(明治は1868年から1912年まで)の話だから無関係だと主張している。

下村博文文部科学大臣記者会見録(平成26年1月17日)

 今回の推薦は、あくまでも、この1910年までの産業遺産としての顕著な普遍的価値に着目をするということであり、韓国の言っている民間徴用者の問題、これは実際は、日本国が徴用したのは昭和19年9月以降の話、つまり1944年以降の話で、これはこの対象とする時代とか、それから歴史的な位置付け、また、その背景を異にする別個の問題であるということで、韓国に理解していただく必要があると思います。

まあ、下村氏の発言は妥当であり、韓国の主張が見当違いな話には違いない。尤も、日本としては「韓国に説明を」などと弱気にならずに、「無関係だから」とハッキリ断ることが大切だとは思うが。


ちなみにだが、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所も世界遺産リストに登録されている。まあいわゆる「負の世界遺産」という位置づけだと言われるのだが、現実的にはユネスコのカテゴリーにはその様な登録カテゴリーは存在しない。
アウシュヴィッツも「文化遺産」として登録された世界遺産なのである。

つまり、韓国政府の主張はそもそも見当違いな上に根拠の無い主張なのであるが、仮に韓国政府の言う事実が正当である場合でも、「明治日本の産業革命遺産」が「普遍的な価値を持つ遺産を保護するとの世界遺産条約の精神に反する」としてユネスコに登録されない理由にはならない。

韓国は対抗措置として従軍慰安婦とやらをユネスコに登録するよう働きかけているようだが……、何かを色々とはき違えているようだな。
反日文化そのものを文化遺産として世界遺産に登録する勢いである(苦笑)

追記

意味不明な主張をしたニュースを見つけたので追記しておきたい。

韓国政府「ユネスコを政治化した責任は日本にある」

中央日報日本語版 5月7日(木)16時0分配信

韓国政府は7日、朝鮮人強制徴用が強行された近代産業施設に対する日本の世界遺産登録推進の動きと関連して「ユネスコを政治化した責任は日本にある」と明らかにした。

あーはいはい、日本が悪い日本が悪い(棒)

追記2

7施設が23施設に増えたよ。

日本徴用施設23施設の世界遺産登録を勧告

2015年05月05日07時48分

  「明治日本の産業革命遺産」23施設の世界文化遺産登録を、ユネスコの諮問機関の国際記念物遺跡会議(ICOMOS)がユネスコに勧告したと、NHKが4日報じた。韓国政府は「強制徴用の歴史がある施設」とし、世界遺産登録に反対している。最終的に登録されるかどうかは7月初めに決定する。

この記事、どう読んでも7施設が問題であるという元の主張すら分からない。何というか、発狂ぶりも凄まじいものがあるな。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. 韮山の反射炉・松下村塾が勧告の対象になったことは喜ばしく、日本の有るべき将来像を見据え築いた先人の努力に頭が下がります。そして当該遺産の一部は現役であることが驚きです。

    返信削除
    返信
    1. 現役というと、関吉の疎水溝、尚古集成館、三菱重工長崎造船所、三池港、八幡製鐵所、遠賀川水源地ポンプ室辺りですかね。
      日本の近代文明の原動力となった設備、施設は一度は訪れてみたいものですが。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。