2015年5月1日金曜日

Made in PRC、Made in ROKにご注意

以前にもあったな、このネタ。

メード・イン・PRC、「中国製と分からず」の声

2015/4/30 13:55
「Made in PRC」ってどこで作られたの?――。商品の生産国の欄にある見慣れない表記に、戸惑いの声が各地の消費生活センターに寄せられている。PRCは中国の英語での国名表記の略。法律上の問題はないが、専門家は「かつて中国製品で発覚したトラブルなどを意識して、あえて分かりにくい表記にしているのではないか」と話している。
こういった話が出てくるということは、日本国内の消費者が支那製や韓国製の商品を敬遠する傾向にあるということだ。


以前に書いた記事はこちら。
2年前の記事だが、未だに同じようなことを続けているというのはなんとも。
生産地の表記くらい統一して欲しいものである。

 「先日、衣類を買ったら生産国にPRCとあり、調べたら中国製を意味すると知った。CHINAと表示すべきではないか」。昨年12月、国民生活センターに30代男性から問い合わせがあった。
 PRCとは、中華人民共和国の英語表記「People's Republic of China」の頭文字を取ったもの。米国の「United States of America」をUSAと略すのと同じだ。
この流れに迎合したのが、韓国である。
 インターネット通販のサイトでも、衣類や家電、玩具などの商品の情報欄に「PRC」と表記している業者は少なくない。「ROK」と書かれた商品もあり、これは韓国の英語表記「Republic of Korea」を略したものだ。
そう言えば、サムスンも似たような戦略を採っていたな。

スマホ「ギャラクシー」日本は「サムスン」表記せず

2015/4/18付
【ソウル=小倉健太郎】韓国サムスン電子は日本で販売するスマートフォン(スマホ)で「サムスン」というメーカー名の表記をやめる。「ギャラクシーというブランド名が十分に浸透したため」だとサムスンは説明する。日韓関係の冷え込みが続くなか、韓国メーカー品であることを意識させない狙いもあるとみられる。
まあ、一部の信者を除いてギャラクシーというブランドが付いていても買う理由にはならないのだから、あまり意味のない話だね。
 
みなさんもご注意を。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ




0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。