2015年4月8日水曜日

翁長氏が計画した龍柱は計画頓挫か?!

いや、計画が頓挫した訳じゃ無いんですけどね-、残念ながら。

那覇のシンボル像「龍柱」設置が暗礁に 市が交付金求めず 事業中止が濃厚

産経新聞 4月8日(水)13時17分配信
 沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事が昨年10月まで務めた那覇市長時代、沖縄振興一括交付金を活用して進めていたシンボル像「龍柱」の設置事業で、那覇市が平成26年度の交付金の未執行分について27年度への繰り越しを見送ったことが分かった。
はーい、一般人には馴染みの薄い話で、下手したら沖縄の方々もご存じありません。

民主党の語る電力政策

そんなものはないんですけどね。

再生エネ20%台「論外」=枝野民主幹事長

時事通信 4月8日(水)11時52分配信
 民主党の枝野幸男幹事長は8日の記者会見で、政府が2030年時点の総発電量に占める再生可能エネルギーの比率を20%台半ばで調整していることについて、「産業競争力強化の観点からこんなに低い目標は論外」と批判した。
オマエが論外だよ!!

支那の海洋進出、南シナ海では次の段階に

もう、挽回は難しそうだ。

南シナ海、中国の「支配」加速…結婚登記所も

2015年04月05日 13時22分
 中国による南シナ海の現状変更の動きが新段階に入っている。
 パラセル(西沙)諸島で観光ツアー拡大や居住環境改善が進み、スプラトリー(南沙)諸島では埋め立て後にヘリポートなどが出現、軍事利用への懸念が高まっている。領有権を巡って対立するベトナムの最高指導者、グエン・フー・チョン共産党書記長が7日から訪中し、首脳会談に臨むが、支配の既成事実化を止めるのは困難な情勢だ。

この様な動きは以前から指摘されてはいたが、居住環境改善まで進んでいるのか。