2015年10月22日木曜日

金のために支那に魂を売るイギリス

魂というか、安全保障の分野を犠牲にしたというべきなんだろうね。

中国、イギリスへの原発3機の輸出で最終合意・総工費は300億ポンド

Posted Yesterday, by Jack Pearson
中国の習近平国家主席は20日、訪問先のイギリスのロンドンで記者会見を行い、イギリスへの原発の輸出で最終合意に達したことを発表した。
このニュースを聞いて、朝から衝撃を受けたのは僕だけでは無いだろう。

安全保障法制を廃止に持ち込みたい民主党

もう、存在価値すら薄れているな。野党第1党なのに……。

安保法廃止法案を提出へ=岡田民主代表


 民主党の岡田克也代表は21日、先の国会で成立した安全保障関連法の一部を廃止する法案を、来年の通常国会に提出する方針を明らかにした。京都市内で記者団の質問に答えた。(2015/10/21-20:41)
憲法違反云々を言うなら、自衛隊を運用する辺りから見直せよ。

注:指摘を受けたのでタイトルを修正してあります。

韓国空軍、中古戦闘機の購入も検討

コレが本当だとしたら随分と真っ当な検討をしていることになるね。

行き詰まった韓国の戦闘機事業、中古機の導入を検討か=韓国ネット「いくら親米でもそれは異常」「日本に防空任務を任せるつもりだ」

Record China 10月20日(火)12時25分配信
2015年10月18日、韓国・世界日報によると、米国が技術移転を拒否したことで韓国型戦闘機(KF-X)開発事業に重大な支障が予想される中、韓国空軍の戦闘機不足に備えるため、第3国の中古戦闘機の購入やリースの必要性が検討されている。

ニュースソースはレコードチャイナか……。情報の信頼性と言う意味では今ひとつかな?