2016年4月16日土曜日

熊本地震に見る報道の愚

いや、これ、報道関係者は反省しようよ。

熊本地震「2つに割れたマンションは建築ミスではない」一級建築士は語る

BuzzFeed Japan 4月15日(金)15時2分配信
4月14日、最大震度7の地震が熊本を襲った。その後、マンションが真っ二つに割れている画像が、Twitterで3万件を超えるリツイートを記録している。このマンションは、建築ミスだったのか。(BuzzFeed / 伊藤大地)
用語を知っているいない以前に、写真を見て不自然に思わんのか。


まずは、これ、写真を紹介する必要があろう。
CgCO-BRUAAAQRX6
こんな画像が15日の朝に、twitterで拡散されたのだが、これにいち早く食いついたのが報道機関なんだそうな。
twitterで取材を申し込む行為が正しいかどうかはさておき、僕はこの行為自体を非難する積もりは無い。


ただ、その後がマズイ。
こんな報道をしちゃった。 まあ、このツイートの内容自体は間違っちゃいない。事実を報道しただけだからね。
でも、こうしたニュースに続いて報道しただけに、ダメージは大きかろう。
これ、ちょっと調べれば分かったはずなのだ。


ところが、取り敢えず現地は確認したものの……。

【熊本震度7】マンションの渡り廊下に亀裂(2016/04/15 11:47)

14日夜、熊本県で起きた震度7の地震で、これまでに9人が死亡し、860人がけがをしています。熊本市内のマンションでは、地震の影響で全体に亀裂が走り、渡り廊下が分断されています。現場上空から報告です。
 (広瀬隼也アナウンサー報告)
 熊本駅の西側にある震度5強を観測した熊本市中央区世安町にある13階建ての茶色いマンションです。渡り廊下の部分に縦に亀裂が入り、今にも分断されそうになっています。時折、確認をする人の姿が確認できます。マンションの外に懸命に避難しているような慌てた様子は見受けられません。ただ、13階建ての最上階まで亀裂が入っているということで、かなりの衝撃がマンションにあったのが想像できます。住民はかなり怖い思いをしたと思われます。この後は避難の状況など詳しい情報は入っていませんが、こういった亀裂があると、この後の余震でさらに被害が大きくならないか、かなり心配な状況です。
こんな報道を。
確かにかなりの衝撃はあったのだろう。
余りの反響の大きさに、ツイートされた方は削除されたようなのだけれど、報道機関はヘリまで飛ばして現地を確認したらしい。
そして、報道に至ったと言うことらしいね。

けど、同じ部分だけ割れているのを見たら、まず疑問を持って専門家に相談でしょう?


NHKでは流石に確認した模様。

熊本 マンションで複数の渡り廊下に亀裂

4月15日 15時15分
~~略~~
販売会社によりますと、このマンションでは、地震で2つの棟が揺れた際に互いに干渉し合わないよう、建物と建物の間に隙間を設けていて、その部分を渡り廊下でつないでいます。
今回は、地震の強い揺れで渡り廊下を固定する金具が外れて、廊下どうしがぶつかり、その衝撃で側面の壁が壊れるなどしたとみられるということです。


「エキスパンションジョイント」という専門用語こそ使わなかったが、要点だけは押さえてある。


素人目に見てびっくりするような光景なのは事実なんだけどさ、「渡り廊下の同じ部分だけ割れている」「他の部分はほとんどダメージを受けた様子が見られない」といった事実を見れば、「何かそういう構造だったんじゃ無いか?」という疑いは持ちそうなものだが。
ちなみに、用語を知っていればすぐに調べることは出来る。
metal_02
これを見つけていたら、変な報道をせずに済んだかも知れない。


ちなみに何でこんな構造になっているかというと……。
370ae721abd713fa8019-M
4f87b16485bdaef90960-M
まさに、耐震性向上のための構造でして、寧ろ設計会社はこの写真を見て「オレの設計は正しかった」と確信していることだろう。

まあ、手品のネタが割れてしまえば、納得するのは簡単であるように、後から何とでも言えるわけだが、せめて、すぐ確認する癖は付けようぜ、報道機関なんだからさ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. しーなっちBBA2016年4月17日 7:02

    はじめまして。いつも拝読しております。
    今回の報道も、本当に「お前の目の前の箱でちょっとは調べろ!」と言いたくなる事例ですね。
    この件で思い出したのが、江川紹子氏のあの「火砕流論争」です。
    あれも少し調べれば、火砕流には、温度、マスとしての質量や速度などの定量的な定義はないこと、三宅島で30℃程度の火砕流が発生していた可能性があったことなどはすぐに分かったはずです。実体験や感情「だけ」でモノを言うマスコミ(関係者)の恐ろしさ!!感情で言われてしまったらもうお手上げですよ。
    ちなみに、雲仙の火砕流の直後くらいに某国家試験があり、たぶん、問題に出るだろうなと思っていたら、バッチリでましたよ。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。

      こういったデマに近い情報を垂れ流すから、信用を失っていくんですよね。
      江川氏はtwitterで散々無知を晒した上で、最後に謝罪されていましたね。「現場で聞いた」というのがイマイチ意味不明でしたが、そうした事も含めて調べる努力というのは重要なんだと思います。
      僕も、散々このブログでもやらかしていますから、余り偉そうな事は言えませんが(苦笑

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。