2016年4月18日月曜日

災害時における物資供給

熊本における物資の不足は深刻の度合いを増しているようだ。

おにぎりに1時間並んだ 救援物資、避難所に届かず

2016年4月18日05時01分
 水、食料、毛布――。熊本地震の被災地で、物資の不足を訴える声が相次いでいる。国や近隣の自治体から救援物資は集まりつつあるが、行政の混乱などもあり、被災者の手元まで行き渡らない。過去の災害時の教訓をどう生かせばよいのか。
現状でこうした混乱が起きている理由は色々あるが、一番問題なのは指揮系統が満足に機能していないからだろう。

しかし、指揮系統の問題の他にも交通機能がマヒ状態にあることも深刻な問題を生じているようだ。
通行止め
現時点での九州の状態はこんな感じである。主要道路が寸断寸断されて、物資供給が滞っているのである。


場所によってはこんな事に。
201604160011_000_m
こういった道路の復旧の目処は立っていない。

南阿蘇・益城 道路寸断、救援活動が難航 [熊本県]

2016年04月16日22時21分 (更新 04月16日 23時35分)
 16日、震度6強の激震に見舞われた熊本県南阿蘇村。九州有数の観光地に向かう橋は崩落し、散発する土砂崩れが道路を遮断した。救助や支援物資を求めて孤立した集落から続々と届くSOS。しかし、ルートは限られる上、断続的な余震も早期の救難活動を阻んでいる。焦りを募らせる救助隊の頭上に夕方以降、無情の雨が降り注いだ。
何しろ、未だに余震が続いているのである。


そんな中、保守速報でこんな記事が。
これ、あるけむ氏のコメントにあった内容である。
ネットで正義ズラして散々ファミマを叩いて喜んでいる様だが、どういう話なのかと言うことをしっかり理解してのコメントなのか……。

「災害救助物資の供給等に関する協定」を

熊本県とファミリーマートが締結

2009年09月14日
 株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:上田準二)は、2009年9月14日(月)、熊本県との間において「災害救助物資の供給等に関する協定」を下記の通り締結いたしましたので、ご連絡いたします。
記事の「有償にて提供」という下りが気に入らない人々がいるようなのだが、「有償」の理由は、ファミマのリソースを使って物資の供給を行う。この際の代金について、「災害発生時の直前における適正な仕入れ価格(災害発生前の取引については取引時の適正な仕入れ価格)を基準として、双方が協議して決定」されることが明示されている。
 
この協定、要はファミリーマートが物資ストックの倉庫代わりになるよ!という意味に捉えて頂くのが一番分かり易いと思う。有事に供給できる物資はストックするのがネックとなり、非常食をストックしてもいざという時食べられない、というケースも珍しくない。
ファミマが現地調達可能な範囲での物資を、熊本県のストックヤードとして機能する、但し有償で、というのがこの協定の内容であり、加えて輸送もファミマが責任を持つという話。僕にはこれに何の問題があるのか理解できない。


これについては別途こんなニュースも。

ファミマ、ローソンなど流通大手が熊本へ救援物資

[2016年4月15日11時21分]

 流通大手各社は15日、熊本県で震度7を観測した地震を受け、飲料水や食料などの救援物資を送ると発表した。同日中に熊本県の益城町役場や、熊本市東区の物資の集積所に届ける予定。
 ファミリーマートはおむすび約500個、飲料水のペットボトル約500本を発送。ローソンは飲料水のペットボトル1200本、カップ麺千食分などを届ける。

記事に出ているのは、ファミリーマート、ローソン、セブンアンドアイホールディングスだが、ファミマが一番規模が小さいと叩いている人がいる。
 
呆れて物が言えないとはこのことである。


有償協定の定めに従って物資供給を行えば「商売をするな」と文句を言い、「無償提供」のニュースが流れれば、「少なすぎる」と文句を言う。それも、ニュースの内容を鵜呑みにして、だ。

株式会社イズミは、広島県に本社を置く食品スーパーのようで、四国や九州を成長のための充填出店地域と定め、M&Aをして成長している会社らしい。鶴屋百貨店は熊本を地元とする百貨店のようだ。
内容は、イズミが139頁目で、鶴屋百貨店が136頁目にある。
何故かこの文書の中ではファミリーマートに関する協定の話は見つけられなかったが、ローソンの名前はあった。こちらも有償である。

ちゃんと調べよう、な!
<ファミリーマート>
<ローソン>
記事もあったので紹介したい。

熊本県ト協と自衛隊が非常食・水を緊急移送

2016年4月15日 (金)
~~略~~
このほか、ファミリーマートとローソンが協定に基づいて避難場所へ物資を有償で運搬。ファミリーマートは15日7時に同社鳥栖配送センターを出発し、益城町役場へ届ける。イズミ、イオン九州も有償で避難場所へ物資を輸送する予定。
ファミマもローソンも両方とも協定に基づき有償で提供とある。一回の報道だけで大騒ぎする前に、ちょっとは調べるべきだ。
この記事には出ていないが、セブンイレブンも類似した協定を結んでいる模様。もちろん、熊本市からの要請があった場合に対応する有償提供である。セブンイレブンも提供をしている記事は出ていたので、同様の話出会ったと考えて差し支えないはずだ。


現地のリソースが足りていない状況で、善意の押し売りは厳禁である。

被災者支援の主な受付先 ボランティアは控えて

2016年4月18日 朝刊
~~略~~

現地ボランティア

【全国社会福祉協議会】余震などで受け入れが困難だとして、現時点での活動見合わせを求めている。

災害発生時は、ボランティア活動も現地の重い負担になるのである。要請があれば行くべきだが、「受け入れが困難」と言っている以上は、押しかけるべきでは無いのは当然であるし、こうした人員の整理を含めてリソースが足りていないのが現状である。
今急がれるのは、マヒ状態にある行政をサポートする体制の構築だろう。

自治体から応援職員派遣=総務省-熊本地震


 総務省は17日、大規模地震に見舞われた熊本県と熊本市の要請を受け、被災地以外の自治体から職員を派遣することを明らかにした。(2016/04/17-14:57)
技術系の職員も、かなり不足しているようだ。
 
こうした状況の中で、配送系がしっかりしていて、供給能力も含めて、拠点のあるコンビニが動いてくれるというのは、熊本市にとってもありがたい話なのだ。


なお、物資供給に関しては海上自衛隊も動き出している模様。

海上自衛隊の輸送艦 救援物資積み被災地へ

4月16日 12時25分
地震の被害が深刻な熊本県内の被災地を支援するため、海上自衛隊は非常用の食料や毛布などの救援物資を輸送することになり、物資を積んだ輸送艦が16日昼前、広島県呉市の海上自衛隊呉基地を出港しました。
そして、アメリカ軍も動いてくれることを表明しており、あのオスプレイが動く模様。

救援物資の輸送に米軍オスプレイ活用へ 熊本地震

(2016/04/18 05:55)
 防衛省は、熊本地震の被災地への救援物資の輸送にアメリカ軍のオスプレイを活用する方針を固めました。
 中谷防衛大臣:「孤立している、また、道路が特に渋滞している、そういった場合に早く物資を送るためには、やはり垂直離陸能力を持ったオスプレイの能力は必要である」
 防衛省は、協力を申し出ていたアメリカ軍について、空輸支援で海兵隊のMV22オスプレイを活用する方針を固めました。救援物資の輸送のため、すでにオスプレイ4機が沖縄の普天間基地を出発し、山口県の岩国基地に待機しています。18日午後にも、水や食料などの救援物資を積んで熊本県に到着する予定です。
サヨクの方々は発狂しそうな話だが、物資供給にこうした手段を活用することは大切である。
そして、体制が整えば、ある程度の物資の不足は解消されていくと思われる。


政府の動きはこれでも遅いと批判されているが、震災を機に選挙活動を活発化させている野党の事を考えると、批判している層は一体どんな人間なのかと。

安倍首相「重要なことは現場主義の徹底。被災現場に飛び込み支援を」

2016.4.17 13:00
 安倍晋三首相は17日午前、熊本県で相次ぐ地震に関する非常災害対策本部の第7回会議で「重要なことは現場主義の徹底だ。食料や水の支援も近くの倉庫に届くだけでは役に立たない。被災者一人一人の手元に届かなければ全く意味はない。最前線で災害対応で頑張っている被災市町村の現場に飛び込み、強く連携しながら支援を進めていくことが必要だ」と強調した。
安倍氏のかけ声で、どれだけの事態が進展するのかは分からないが、少なくとも本当に何の用意もせずに現場に飛び込んじゃった菅直人のような阿呆がいないことを願いたい
ああ、安倍氏は視察を予定していたらしいが、余震が続く状況を見て断念したようだ。


とりとめの無い話になってしまったが、今回の一連の地震、余震が収まってくれることと、少しでも早く九州地方に支援物資がしっかり届く状況の構築を願っている。
今回の地震は、一体何時まで続くのか?
先が見えない状況で被災者の方々は疲弊していると思う。

熊本と大分の地震500回超 激しい揺れに警戒を

4月18日 10時21分
規模の大きな地震が相次いだ熊本県などでは、活発な地震活動が続いています。
「頑張って欲しい」は無責任だと思うのだが、僕は応援することしかできないので、一刻も早く日常が取り戻せるように願っている。


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

6 件のコメント :

  1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年4月18日 13:14

    まとめていただいて、ありがとうございます。
    すでに、自分のTwitterのTLには、反オスプレイのサヨクが湧いております。
    この件とはちょっとずれるのですが、(株)イズミについての話です。
    (株)イズミは、中国・四国・九州地方を中心に、ゆめタウン・ゆめマートなどを経営しています。
    (株)イズミの創業者であり、現会長の山西義政氏は、伊400潜水艦の元乗組員とのことです。NHKの歴史秘話ヒストリアの伊400の回にも出演されました。
    その関係か、ゆめタウン呉は、大和ミュージアム及びてつのくじら館(海上自衛隊 呉史料館)と隣接しており、開店中は館内を呉駅からの屋内通路代わりに提供しています。ゆめタウン呉の敷地からてつのくじら館の敷地に直接入れる通路もあります。
    ご参考まで。

    返信削除
    返信
    1. いえいえ。いつもありがとうございます。

      (株)イズミの創業者はそんな方なのですね。
      伊400の回は僕も見ました。あれはなかなか良い番組だった。NHKもああいう部分は頑張っているんだなぁと思いましたよ。

      削除
  2.  ちょっと疑問なのですがネパールの地震で大型のヘリは着陸地点が開けてないと
    家屋に影響があると言われてましたが、オスプレイは運用出来るのでしょうか。
     小型ヘリとの使い分けて運用されるのでしょうね。どうも情報が出てこないので
    ちょっとアカウント設定が上手くいってなくて匿名になりますがお許しを

    返信削除
    返信
    1. ネパールの記事ですか。
      この辺りはsis_sisさんがTwitterで呟いておられるのを見かけまして、色々調べてみました。

      確かにネパールで小屋の屋根をふっ飛ばすような出来事はあったようですが、この辺りはよっぽど気をつけて運用されると思いますよ。
      実際にもう運用が開始されています。
      http://www.yomiuri.co.jp/national/20160418-OYT1T50103.htm
      開けた場所に降ろして使っているようですね。
      小型ヘリとの併用はよくわかりませんが……。狭隘地に降りる事を想定すれば小型ヘリを使うシーンもあるかもしれません。

      正直、個人的には今回のケースでオスプレイを使う優位性はそれほど高くないと認識していますが、政治的には飛ばしたほうが良いのかもしれませんね。

      優位性が高くないと考える理由としては、岩国基地から熊本まで200km程度。この距離であればCH-47で飛べますし、1.5倍以上の荷物も積めます。オスプレイのほうが速度は早いので時間短縮には効果がありますが、積み荷との関係を考えると、最高速で飛ぶというわけにも行かないでしょう。
      それでも給油回数を減らせる効果などはあるかもしれませんが、数を揃えるのがまだ難しい事を考えると、優位性をだせるかなぁ?と。

      色々なシーンを想定して総合的に判断すると、オスプレイの方が若干有利、ということになるのかもしれません。
      今後の運用の参考にする意味でも、今回の投入は意味があるかとは思いますけど。

      削除
    2. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年4月19日 2:42

      今回、オスプレイが投入された背景の政治性は薄いと考えています。
      「最寄りの即応部隊は沖縄の海兵隊→沖縄の海兵隊はCH-46(V-107)をオスプレイに更新済→オスプレイ投入」の流れと考えます。
      サヨクやマスコミは、政治性をアピールするとは思いますが。
      ※米海兵隊はCH-47を採用してません。米陸軍はCH-47を運用してます。

      削除
    3. そういえば、海兵隊はCH-47を持っていませんでしたね。
      CH-46やCH-53の後継機としてMV-22が採用されつつあるとは聞いていましたが、いつの間にかオスプレイ24機体制になっていましたね。確認不足でした。

      となると、政治的意味合いはご指摘のように薄いのでしょうね。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。