熊本地震とマスコミ

地震の際に色々なトラブルが発生するのは仕方がない面もあるが……、避けられるトラブルは避けるべきだ。

マスコミが報じない「被災者VS記者」トラブル 自治体の要請もむなしく「記者が勝手に...」

J-CASTニュース 4月22日(金)19時19分配信
 「施設内でのカメラ取材禁止」――。地震で大きな被害を受けた熊本県益城町の避難所に、こんな注意書きが掲出されている。その背景にあるのは、被災者と取材陣の間で発生している「大手メディアが報じないトラブル」の数々だ。
マスコミの仕事とは一体何なのか……。


この記事はJ-castニュースが報じている内容で、事実を含んではいるが、J-castの記事と言うだけでちょっと一歩引いて見てしまう部分はある、正直な話。何しろ、J-castは取材を十分に行わないことで有名だからだ。
ただ、独立系のニュースサイトと言う立ち位置にあるので、大手マスコミとは違った切り口のニュースが提供されている事は確かだ。
 益城町震災対策本部は2016年4月22日のJ-CASTニュースの取材に対し、「カメラを向けられたり、無理な取材を受けることが被災者のストレスに繋がる。メディアの皆さんには、どうか配慮をお願いしたい」と話す。
で、J-castニュースが報じているのは、TBS系の情報番組が起こしたトラブルに関する話だ。


さて、この話はこの映像に端を発する。


なかなか強面の男性にメディアが叱られている様子なのだが……。
ネットでは、そもそもピースボートにインタビューする必要があるのかという点に疑問が呈されているわけだが、男性の怒りはピースボート云々というより、マスコミに対するものだったようで。
 「Nスタ」の取材陣にクレームをつけたのは、大柄な体格の中年男性だ。避難所の入り口付近でインタビューを行うレポーターに対し、「撮るな」「見せ物じゃない」と連呼。「お前ら(取材クルー)の車は邪魔だ、どかせ」とも続けた。
これに対して、反省の弁すら無いマスコミに対しては不信感が募るのも無理からぬ話。


この後、中継は打ち切られたものの、ご迷惑になっているのは、あたかもいつもの事のような感じで、放映は続けられたらしいのだが……。
 中継はすぐさま打ち切られ、画面は即座に東京のスタジオに切り替わった。スタジオの堀尾正明アナウンサーは「ちょっとご迷惑になっているようで...。すいませんでした」と平謝りしたが、「何事もなかったかのように」そのまま番組を進行した。
こんな話は他でも色々とある。

仙台放送が謝罪 関連会社員が関西テレビの割り込みで嘘のツイート【熊本地震】

The Huffington Post  |  執筆者: 安藤健二
投稿日: 2016年04月20日 13時11分 JST 更新: 2016年04月20日 13時11分 JST
関西テレビの中継車が熊本地震の取材中に給油待ちの車列に割り込んだ問題で、同じくフジテレビ系の仙台放送は「関連会社の社員がTwitterに虚偽の投稿をした」として謝罪した。

真偽の程は定かで無いが、テレビ局側が謝罪をしたことを考えれば、割り込み行為はあったのだろう。


他にもこんなニュースが。

「食料最低限なのに…」MBS山中アナ、取材用弁当写真をツイッターに上げ批判続出 「配慮欠けた」謝罪

2016.4.19 12:10
 熊本地震を取材していた毎日放送(MBS、大阪市)の山中真アナウンサー(39)が、取材用弁当の写真を自身のツイッターに投稿し、相次いで批判を受けていたことが19日、わかった。同アナはすでに「配慮に欠けた行為」と謝罪し、写真などを削除した。
こちらは大した話では無いのだが、それでも炎上してしまった理由には、長谷川豊かなるアナウンサーが何やら炎上させてしまったことも影響していた模様。

MBS山中アナはそこまで非難されるほどなのだろうか

2016年04月19日
同業者だからかばっているんだろう、と責められてしまいそうですが、それでも言いたいと思います。
関西のテレビ局が行った被災地での取材における二つのニュース。
この人のブログは常に炎上マーケティング手法なので、相手にする必要は無いのだが……、正論を言っているつもりでズレているのはいつもの事だ。これが報道関係者の本音でもある。


報道ヘリの話に関しても、まことしやかに語られる内容の何が真実かはよく分からない。

「ヘリコプターがなんぼ飛び回って邪魔しているか」伝説の芸人・上岡龍太郎が語ったテレビ震災報道のあり方

エキサイトレビュー 2016年4月18日 09時50分
4月14日から続く「熊本地震」。テレビでも連日にわたって報道特別番組を放送され、現地の被害の状況などを詳しく伝えている。
だが、問題視される部分が確実にあるのは事実のようだ。
たくさんの報道ヘリを飛ばす必要は無いし、そんな取材をしたところでゴミのような情報を流すだけのテレビを一体誰が見るというのか。

この他にもこんなニュースが。

「アナウンサーが子どもを無理にどかせた事実なかったと判断」熊本県民テレビ、「ミヤネ屋」取材への批判受けコメント

子どもはインタビューが始まったので自発的に退いたと説明しています。

 4月21日に放送された「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、「アナウンサーが炊き出しに並んでいた子どもを追いやった」場面があったと批判されていた件について、熊本県民テレビ(KKT)がコメントを発表しました。
これも呆れるしか無い話。
はーいどいてどいて
映像が削除されてしまったようなので、画像だけ貼っておく。事の真偽はどうでも良いが、映像から受ける印象は最悪である。
そもそも、この焼き芋屋へのインタビューなんぞ、どうでも良い話だった。それが批判される理由だと言うことに気がつけないのが今のマスコミである。


そうそう、熊本地震と直接の関係は無いが、こんな事件もあった。

「ひるおび!」で放送トラブル 菅義偉官房長官の会見で字幕スーパーにミス

2016年4月25日 13時16分
25日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、菅義偉官房長官の会見中、北朝鮮国営放送用の字幕スーパーを使用してしまうミスが発生した。
こんな事を平気でやってしまうメディアなのだから、もう救いようが無い。
af656756-s
メディアは「テロップのミス」とか言っているが、完全に報道テロである。


生中継でもあるまいし、こんな初歩的なミスをテレビ局がやるはずも無く、確実に故意である。
画面左上のテロップも「午前11時すぎ」から「朝鮮中央テレビ 午前」へと替わっており、どうやら北朝鮮国営放送である朝鮮中央テレビのVTRに使用するテロップを、番組側が誤って当ててしまったものと考えられる。番組はその後、北朝鮮が近く核実験を行う恐れがあるとするニュースを取り上げたが、そこで先ほどのテロップが使われていた。
謝れば済むと思っている辺りが救いようが無い。

……本気で停波されても問題無いと思うが。


世の中の本質は非常時にこそよく分かる。そして、熊本地震ではマスコミの本質がよく分かった。いつでもハイエナのようにとくダネを嗅ぎ回って人の迷惑を顧みない本質が、今回の地震の一見でも露見したのだ。また、準備不足でも現地で金を出せば何とかなるという傲慢な態度も鼻に付く。ホテルを大量に予約してキャンセルしたという話も聞くが、一体、何様のつもりなのだろうか。

結局、マスコミは高見から見物しつつ、事態を面白おかしく伝えるというスタンスしかできない。

今回の熊本地震の一連の騒動に関しても、被災者の側により沿って真実を伝えようというマスコミはついぞ見当たらなかったし、これからも無いだろう。一部からは、「もう、ニュースはNHKだけでいいんじゃ無いの?」「他のメディアが大挙して押しかけて、似たような話を垂れ流すのはお腹いっぱい」という声が上がっているようで、それも無理の無いことだ。

尤も、高みの見物で批判という構図は、ネットも似たようなものではあるし、僕だって違うとは言い切れない。
「人の振り見て我が振り直せ」の格言を今一度噛み締めたいと思った次第。



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント