2016年4月27日水曜日

韓国が日韓合意を破棄?

まあとはいえ、現実問題として文章に残っていないのだから、破棄がどのラインなのかよく分からないんだけどね。

慰安婦像撤去「合意で言及されていない」 朴大統領がメディアに強調、「扇動してはならない」

2016.4.26 18:37
 【ソウル=名村隆寛】聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は26日、慰安婦問題の解決に向けた日韓合意とソウルの日本大使館前に不法に設置されている慰安婦像に関し、「少女像(慰安婦像の撤去)と結びつけられているなどというが、(日韓の)合意で全く言及もされなかった問題だ。扇動してはならない」と強調した。
「扇動するな」と吠えているのは、支持率低下が止まらないクネクネで、韓国では反日アクセルを踏むのは日常的な光景である。

さて、このブログでも日韓合意については扱ってきた。
その合意の内容は、外務省によれば以下の様なもののようだ。
詳しくはサイトを読んでもらうとして、要点は以下の通りだ。
<日本側の説明>
  1. 日本政府は慰安婦問題について責任を痛感。安倍総理は心からのお詫びと反省の気持ちを表明。
  2. 韓国側が財団を設立し、日本政府の予算で資金を支出する。
  3. 今回の発表によりこの問題は「最終的かつ不可逆的に解決される」ことを確認。今後、国際社会において本問題についてお互いに非難・批判することは控える。
 <韓国側の説明>
  1. 財団設立によって、資金が支払われることを前提に、この問題が「最終的かつ不可逆的に解決されること」を確認。
  2. 在韓日本大使館前の少女像に対し、「可能な対応方向について関連団体と協議」し、「適切に解決される」ように「努力」する。
  3. これらの措置が実施される前提で、国際社会において本問題についてお互いに非難・批判することは控える。
出来るだけ内容を損なわないように端折ったが、日本側と韓国側で発表内容が違う事は分かって頂けると思う。そして、これは文書に残っていない話なので、この発表の信憑性が何処までのものかという点でも怪しい。
そして合意なのに、互いに内容が違うとはこれ如何に?とはいえ、解決に向かって前進したことは確かだろう。ある意味、これ自身がクネクネの成果とも言える。


この合意では日本側も随分折れた印象だったが、「不可逆的な解決」を約束した点だけは評価できる。

が、それは無駄なのだ。

この解決に至る道筋にはいくつかの難関がある。
1つは韓国側が財団を設立すること。1つはこれまで行われてきた反日政策を転換すること。そして、「不可逆的に解決する」こと。
朴大統領は、「(撤去についての議論は)被害者(元慰安婦)のためにならない。全く事実ではなく、混乱を引き起こしてはならない」と語ったという。
クネクネからしてこんな事を言う始末である。


しかしそれは、韓国の外相の顔に泥を塗る行為であり、ひいては韓国の社会そのものの国際的な信用を失わせる行為だ。もちろん、クネクネの数少ない業績にも傷を付けるものである。

だって、合意の2番めに書かれた「努力」と矛盾するからだ。
産経新聞も当然その部分にはツッコミを入れている。
 日本大使館前の慰安婦像について、韓国政府は昨年12月の合意で、「日本政府が公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じ、適切に解決されるよう努力する」と明確に約束している。
オマエの所の国は、約束を守らないのかと。

だが、韓国政府の立場はこうらしい。
 しかし、朴大統領をはじめ韓国政府は「民間で自発的に設置したものであり、韓国政府があれこれ言える問題ではない」との姿勢を続けている。
法を犯した設置物ですら政府があれこれ言えないというのは、もう、政府としての責任を放棄したも同然である。

とはいえ、財団の方はなんとか作るつもりらしい。財団を作らないと、お金は貰えないからね。

6月までに慰安婦財団設立か 韓国紙報道、難航も

2016.4.21 12:39

慰安婦問題で、昨年末の日韓合意に基づき韓国政府が設立する元慰安婦支援のための財団について、韓国紙ハンギョレは21日、韓国外務省当局者の話として「(今年6月までの)上半期中に設立する計画だ」と伝えた。
だが、なかなかそう簡単に行かないのが韓国の現実である。


何故ならば、クネクネには求心力が既に無い。
実は、先日の選挙でクネクネ率いる韓国与党は大敗してしまい、与党勢力よりも野党勢力の方が大きい。

朴槿恵大統領の傲慢な政治スタイルが敗因 与党が惨敗した韓国総選挙

2016.4.24 18:00
 13日に投開票された韓国総選挙は保守系与党のセヌリ党が惨敗し、1年10カ月の任期を残す朴槿恵(パク・クネ)大統領は厳しい政権運営を迫られることになった。
最近は劣勢が伝えられていたので、韓国与党のセヌリ党も苦しい戦いを強いられるだろうと予想はしていた。が、まさかの過半数割れどころか、第一党から転落する結果になるとは予想できなかった。

当然、こんな事になっていると、財団の設立すら危ぶまれる。それどころか、日韓合意破棄を野党から訴えられた場合に、そうした話ですら通ってしまう可能性がある。
韓国野党も一枚板ではないが、反日という共通分野においては協力は十分に考えられるからね。

慰安婦合意、迅速な履行を=韓国野党代表、日本大使に注文

時事通信 4月26日(火)22時0分配信
 【ソウル時事】別所浩郎駐韓大使は26日、韓国最大野党「共に民主党」の金鍾仁非常対策委員会代表と会談した。
 金代表は席上、慰安婦問題をめぐる日韓合意について「履行のスピードが速くなければならない」と迅速な履行を求めた。同党が発表した。
今のところは合意を履行する方針らしいけど、合意内容を理解していない時点で(合意の履行は韓国側が先)、救いが無いねぇ。


……そして、もう一つ気になることが。

日米韓首脳会談、北朝鮮めぐり連携確認 安保分野で協力

2016年4月1日14時02分
安倍晋三首相とオバマ米大統領、朴槿恵韓国大統領による日米韓首脳会談が3月31日午前(日本時間同日深夜)、米ワシントンで開かれ、3首脳は北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり安全保障分野で緊密に連携する方針を確認した。安倍首相はその後、朴大統領と日韓首脳会談を行い、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意を着実に履行していくことを確認。拉致問題の情報共有を進めることでも一致した。
実は、この日米韓首脳会談のタイミングで、オバマ氏の取りなしの下で日韓合意の内容は文書化されるはずだったのだ。そして、オバマ氏はアジア地域の平和に貢献したという実績が残るはずだった。

ところが、安倍氏とオバマ氏が会談し、安倍氏とクネクネとが会談したにもかかわらず、その内容はまたも文書化されることはなかった。
日韓合意には元慰安婦を支援する財団に日本が10億円を拠出することや、韓国が在韓日本大使館前にある少女像の問題解決に努力することなどが盛り込まれたが、今回の会談で具体的なやり取りはなかったという。
個人的にはその後に開催される予定となっていた4月の韓国の選挙に配慮した面があったのだろうと、そのように予測していたのだが……。しかしそれではオバマ政権の成果に繋がらない。既に、何のための日米韓首脳会談だったのかと、疑念が持ち上がっている。


まあ、オバマ氏にしてみたら、サミットを機会に広島に来て平和アピールしたり、サミットの際に韓国をオブザーバーとして呼びつけ、合意を文書化させるなどの手法も未だ残っている。

「加害国・日本が被害者になる」 反発の韓国メディア、自らの歴史認識にこじつけ? 「日本の首相は真珠湾を訪れ謝罪したことがない…」

2016.4.27 06:18
 韓国紙、中央日報は12日付の社説で、「東アジア全体の目で見れば、米大統領が今、広島に行くのは時期尚早だ」と断じた。その理由として、「日本は韓国や中国などの被害国から完全に許しを受けたわけではない」とし、日本の韓国などへの謝罪が、広島訪問の前提であると主張。「訪問が実現しても、日本の蛮行に対する免罪符ではないことを、米国は明確にしなければならない」と要求した。
韓国側はこんな牽制をしているが、余り意味があるとは思えない。
いや、意味不明と言うべきか。


だって、クネクネは「加害者と被害者の関係は1000年変わらない」とか言ってたんだぜ?

「米国に謝罪求めてない」岸田氏、外相会合でケリー氏に

2016年4月23日21時07分
岸田文雄外相は23日、今月広島市で開かれた主要7カ国(G7)外相会合を前に、米国のケリー国務長官に対して「決して米国に(原爆投下への)謝罪を求めているわけではない」と繰り返し伝え、広島平和記念公園への訪問を促していたことを明らかにした。北海道岩見沢市で行われた講演で語った。
そもそも、日本はアメリカに謝罪して欲しいわけじゃ無い。
そんなのは、日本国民にとっても意味の無いことだ。死んだ国民が帰ってくる訳で無し。関係が変わるわけでも無し。


だが、韓国にとってはそもそも日本がアメリカに謝罪を求めていないこと自体が問題なのである。
かつて、戦争をした国同士が同盟国になっている時点で気がつくべきなのだが、韓国にとって「上」と「下」という価値観は何よりも優先したい事項だ。彼らに「対等」という概念は理解できないのである。

しかし、それが日本とアメリカとの間で実現したように世界に宣伝されてしまうと、支那と一緒にやっている反日キャンペーンが世界中から浮いてしまうことを懸念するわけだ。
……とっくに浮いているという話はあるが、「未だ効果あり」と信じている彼らにとっては、それは許せないのである。



結局、韓国にとって日本との関係は現状維持で、反日の対象になって貰うのがベストなのであって、それはアメリカの干渉であっても覆るのは嫌だと。つまり、日韓合意などあって無きが如しの内容なのだが、しかし、国同士の合意というのは重い。

これを簡単に破棄してしまうようなことがあれば、「ああ、あの国との合意は無意味だ」と思われてしまう。

だからこそ、国家間の約束は慎重に行われるし、韓国もその事は良く理解しているはずなのだが……、しかし「日本は別」というのが韓国の本音である。それが世界に理解されるかどうかはまた別なんだけどね。

追記
ここのところ活発にこの問題に関するニュースが出てきて不気味だな。

日韓合意履行「ずいぶん遅れている」…朴大統領

2016年04月26日 22時14分
 【ソウル=井上宗典】韓国紙・朝鮮日報によると、韓国の朴槿恵パククネ大統領は26日、韓国大統領府で開かれた韓国メディア幹部との懇談会で、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意について、「(合意の履行を)遅らせるのは良いことではない。今でもずいぶん遅れている」と述べ、元慰安婦を支援する財団の設立などを早期に進める考えを示した。
クネクネが「遅れてる」とぼやく一方で、不気味像は撤去する気は無いとか寝言を言う。
一方、韓国総選挙で第1党となった野党「共に民主党」の金鍾仁非常対策委代表は同日、別所浩郎・駐韓大使と会談。同党報道担当者によると、両者は、日韓合意の早期履行が必要との認識で一致した。
で、第1党の野党「共に民主党」の金氏は「早期履行」を目指すとのことで、これは上でも別のニュースで触れた。
気になるのはその次の行だ。
同党は選挙時の公約で日韓合意の撤回と再交渉を求めており、聯合ニュースは同日、金氏について「党の立場と距離があり、議論を呼びそうだ」と伝えた。
野党内でも内ゲバ気味らしいぜ。
どーすんのよ、これ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. 知ってたと言うか予定調和と言うか……
    完全にあっちの国内問題なので日本としては放置で良いでしょうけどね

    返信削除
    返信
    1. 日本としては気長に財団の設立を待つしか無いのですよね。
      財団が設立された際に、資金が支払われればこの問題は不可逆的に解決する話となります。そうなれば、慰安婦問題は韓国政府が解決する話になりますが……。
      韓国がそれを守るとは思えませんよねぇ。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。