2016年4月27日水曜日

金遣いの荒いハゲ、今度は公用車で温泉地別荘通いがバレる

銭ゲバだな。

舛添都知事が公用車で温泉地別荘通い

週刊文春 4月26日(火)16時1分配信
 往復の飛行機はファーストクラス、宿泊先は高級ホテルのスイートルーム、年間の海外出張経費は3億5000万円也……舛添要一東京都知事(67)の「豪華すぎる海外出張」へのブーイングが日に日に高まっている。だが当の舛添氏は、4月12日から18日まで例によってファーストクラス&スイートルームでニューヨーク、ワシントンを外遊した。そんな折、小誌にある「内部告発」がもたらされた。
豪遊するのが当たり前というのが凄い。

さて、このハゲ、どれ程の金を浪費したら気が済むのだろう?
都内のハイヤー会社によると「都庁と湯河原の往復で約八万円かかります」というから、その総額は単純計算でも400万円を超える。
ホリエモンは「そんな些細なことで批判されていたら知事のなり手がいなくなる」と弁護しているが、それは結果を出している知事ならば許される話。
舛添が何か結果を出したのだろうか?

正直、東京都も相当たくさんの課題を抱えている状況なので、都知事が海外で遊び回っている余裕は無いハズなのだ。

都知事選挙では「脱原発」とか、「2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功」「首都直下地震などに向けた災害対策」「社会保障対策」とか、「現在6%の再生エネルギーを20%にする」「東京を『特別経済特区』と位置付ける」「8000人の待機児童を4年間でゼロにする」とか色々言ったようだ。

だが、「脱原発」は知事の仕事ではないし、「五輪成功」も知事にできることは僅かだ。「再生エネルギーを20%に」だと?バカも休み休み言え。
「災害対策」「社会保障対策」は知事の仕事だと思うが、何か成果を出したという話は聞かないし、「特別経済特区」の話だって進んだという話を聞かない。
それどころか、「待機児童」に関しては増えているぞ。
待機児童
ゼロにするどころか増やしてどうする!

無論、待機児童の問題だってそう簡単に解決する話では無い。保育施設は増やされている事を考えれば、全く仕事をしていないとまでは言いきれないが……。
こんな話もあったよな、オッサン。とても待機児童の問題解決に本腰を入れているとは思えない状況だ。


防災対策にしても、疑問は残る。
総務省消防庁のまとめ(昨年3月末現在)では、防災拠点となる県内自治体庁舎(県、21市町)の耐震化率は53・5%で、東京都(90・2%)、静岡県(89・8%)などと大きな差がある。
http://mainichi.jp/articles/20160424/ddl/k42/040/237000c
東京都の防災拠点は、流石の耐震化率と言いたい所だが、それでも1割は耐震化されていない。

外遊して金ばらまいている場合じゃ無いだろうに。


一応、「都市外交」などと抜かして外国へ行った内容をピックアップしてみよう。
  1. 2014/2/21~2/25 ソチ五輪視察等 フランクフルトにて1泊5万2300円、「ソチスパ」に2泊で15万1800円×2
  2. 2014/4/24~4/26 支那の北京を訪問 「ニューオータニ長富宮飯店」にて2泊で6万9500円×2
  3. 2014/7/23~7/25 韓国のソウルを訪問し、ソウル市長と合意書を締結、クネクネとも会談 「ロッテホテル」にて2泊で6万円×2
  4. 2014/9/3~9/8 ロシア連邦トムスクに出張し、「ボン・アパートホテル」にて3泊で2万9800円×3
  5. 2014/9/19~9/21 韓国の仁川を訪問し、 「ロッテホテル」にて2泊で6万円×2
  6. 2014/10/27~11/2 ベルリン・ロンドン出張で、「インターコンチネンタルベルリン」に2泊で9万5000円×2、「ドーチェスターホテル」に3泊で、15万8000円×3
  7. 2015/10/27~11/2 パリ・ロンドンに出張し、「インターコンチネンタルパリ・ルグラン」に3泊で19万7200円×3、「コンラッドロンドン・セントジェームス」に3泊で19万8000円×3
  8. 2016/4/12~4/18 ニューヨーク・ワシントンD.C.に出張し、「ザ・キタノ・ニューヨーク」に2泊で14万100円×2、「インターコンチネンタル・ザ・ウィラード・ワシントンDC」に3泊で15万1800円×3
いやいや、どんだけ遊びに行っているのかという話。


この辺りは日本共産党が大好物なので、資料にまとめてある。
東京都民を舐めているとしか思えない。
豪遊
概ね条例上限をぶっちぎっているのがよく分かる。
東京都知事がどれだけ偉いんですかと


ちなみに、都知事リコールに向けた街宣活動は既に9回を数えているようだが、ニュースになることは殆ど無い。

舛添都知事の訪韓にクレーム6000件超! ネット上でリコールへの動きも始まる

2014/7/28 19:54

   東京都の舛添要一知事が韓国を訪問し、パク・クネ大統領らと会談したことに対し、都にクレームが殺到している。「反日感情が強い国と付き合う必要があるのか」といった声が強いのだ。

リコールへのハードルは限りなく高いのである。
 
前東京都知事の猪瀬氏は5000万円ぽっち貰った程度でクビになってしまったが、このハゲは年間で3億5000万円使っても平気と言うから、どうしようも無い。猪瀬氏はマスコミに散々叩かれていたが、ハゲの批判をするマスコミはほとんどいない。
マスコミのクソッぷりは話にならないな!!


でまあ、今回はハゲの週末にやっている悪行が内部告発されてしまったわけだが、これも殆ど話題にならないだろうね。
舛添氏は、知事秘書室を通じて、次のように回答する。
「知事の職責は都政全般にわたる広範なものであり、時間や場所を問わない。週末には、その週の業務のまとめと翌週の公務のための準備を世田谷や湯河原の事務所で行っている。危機管理上万全の体制を講じており、問題ない」
週末に湯河原に行く理由はさっぱり説明できていないんだが、その辺りはどうするつもりなのかね?


 
ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. 通りすがり2016年4月28日 10:07

    ホテルのスイート利用について「要人の急な訪問にも対応できるように」などと言い訳したと記憶していますが、
    仮にも「(忙しいと思われる)外国の要人」が「予定外」に「日本の(東京都とはいえ)自治体の長」を訪問するなんて、どういうケースを想定しているのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. ハニトラ歓迎、と言う事じゃ無いでしょうかねぇ?

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。