オーストラリアは日本の潜水艦を採用せず

ある意味良かったと言うべきかも知れないが、手放しで喜べる話でも無いな。

豪潜水艦の共同開発国 豪の関係閣僚「日本は落選」

4月26日 6時35分
日本が受注を目指していた、オーストラリアが導入する新たな潜水艦の共同開発国を巡って、25日、日本とオーストラリアの関係閣僚が電話で会談し、オーストラリア側から、「日本を選定しなかった」と伝えられていたことが分かりました。
日独仏で受注競争をやっていた豪の潜水艦は、どうやらフランスが受注する可能性が濃厚のようだ。


この話も随分気にして追いかけてきたが、結局ダメになっちゃったね。
この話、安倍政権が強力に推進してきた話でもある。

元々、親日派のアボット氏がオーストラリアの首相をやっていた頃には、話が前のめりで進んでいたようなのだが、アボット氏も実質的に日本の潜水艦を買おうとしていたアンドリュース氏も、失脚してしまった。そして、その頃から逆風が吹き荒れて、結局入札という話になった。


入札に顔を出したのは、世界的に潜水艦を売っているドイツに、原子力潜水艦大国のフランスの2つ。

ただし、何れも3000t超級の「通常動力型潜水艦」の建造経験は無い。
敢えて言えば、フランスが大型原子力潜水艦を作っているので、リュビ級(2600t級)か、バラクーダ級(5000t級:建造中)の動力を原子力から別の方式に置き換えるというのが、ありそうな選択肢だろう。
ドイツの方は209型(500t級)や214型(1800t級)の実績があり、通常動力に強みはあるのだが、大型化の実績は今のところ無い。216型(4000t級)という計画はあるんだけどね。
バラクーダ型
大型化させて失敗した経験のあるオーストラリアが、これを選ぶとは考えにくい。コリンズ級でもやらかした失敗だもんねぇ。
ちなみに、ドイツは韓国でこのテストをしようとしている噂はあるが。(苦笑


一方で、日本の潜水艦はオーストラリアの要求仕様をほぼ満足していると言われているが、AIP推進機関がスターリングエンジンという特殊な機関を使っているのがネック。このため速力が遅く、運動性能という意味ではデメリットと取られる可能性が高い。また、スターリングエンジンが場所を採るので居住性も悪く、ネットで持ち上げらる程はオーストラリアのニーズにマッチしてない。

ただし、オーストラリアへ輸出する仕様はリチウムイオン電池版なので、これが実現出来れば速度や航続距離、居住性についても改善される見込みだ。実績は無いけどね!

そんな訳で、動力に不安はあるものの、現時点ではフランスの潜水艦を選ぶ可能性が濃厚であると、僕は考えている。

っと、速報でフランスが受注したというニュースが。

豪潜水艦の共同開発、仏が受注 日本は落選

2016年04月26日 12:02 発信地:シドニー/オーストラリア
【4月26日 AFP】(更新)オーストラリアのマルコム・ターンブル(Malcolm Turnbull)首相は26日、同国の次期潜水艦の共同開発事業の相手に、フランスの造船会社DCNSを選定したと発表した。フランスと受注を競っていた日本とドイツは落選した。
ドイツも残念だったね。

結果は結果として、何故日本政府が前のめりにオーストラリアの潜水艦受注に動いていたのかというと……。
今回の共同開発国の選考を巡って、政府は、日本が選ばれれば、新たな防衛装備移転三原則に基づき他国との共同開発の中核を担う初めての例となるうえ、中国が南シナ海などで海洋進出を強めるなか、オーストラリアとの連携強化に向けた大きな一歩になるとして、働きかけを強めてきました。
支那包囲網の形成という大きな目的があったのである。

インドやオーストラリアが、日本との協力体制を強めれば、支那としてはかなり苦しい立場に追い込まれる。
その意味でも、広大な海域を警戒できる潜水艦の取得はオーストラリアとしても悲願であり、これと連係することが日本の狙いだったわけで。

今回のオーストラリアの決定には少なからず支那の影響があったと思われる。
また、オーストラリア国内の雇用問題も大きな影響を及ぼしたのだろう。



この防衛構想の目論見が崩れ去った今、安倍政権としては新たな展開を模索するしか無いのだけれど、なかなか難しい話になりそうだ。

最新潜水艦技術を差し出す代わりに、支那包囲網を完成させるという前提が崩れてしまったのだから、困ったものである。

フランスは……、支那陣営だしね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. オーストラリアがボツとなれば次はインドに本腰を入れるかも知れませんね。
    確かインド海軍はそうりゅう型に興味を示していたはずです。
    インドはインドでかなりカオスな国ですがもうアジアで中国に対向する国はインド位しか思いあたりません。

    返信削除
    返信
    1. インドですか、インドも確かにそうりゅう型は気にしていましたが、ロシアの潜水艦も結構持っていますし、原子力潜水艦にするんじゃ無いのかと。

      US-2が売れれば良いんですけどね。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。