2016年5月19日木曜日

大宇造船、潜水艦整備事業を受注

そうそう、日本でも報道されていたっぽいので紹介する。

大宇造船、42億円規模の潜水艦整備事業を受注

WoW!Korea 5月17日(火)11時38分配信
大宇造船海洋は防衛事業庁が先月入札公告した潜水艦整備事業を受注したと17日、明かした。
新型の潜水艦を受注した大宇造船が潜水艦整備事業を受注している。

そうそう、価格が書かれていたので引用を。
 今回の事業は大宇造船が建造し2000年に韓国海軍に引き渡した潜水艦の16年目(就役基準)整備事業であり、金額は約460億ウォン(約42億円)規模だ。大宇造船は来る2018年まで同事業を完了し、韓国海軍に引き渡す予定だ。
42億円規模だって。
えっ?!
だって、そうりゅうは10番艦が513億円だぜ?
いやいや、214型潜水艦で3隻を1兆2700億ウォンで契約していたよね?1隻あたり4200億ウォンって計算になるぜ?となると、214型潜水艦の1/10のお値段だ。マジ?確か209型でも3億ドルていど(3200億ウォン相当)だったハズ。


いやいや落ち着け。「潜水艦整備事業」って書いてあるから、単に整備を受注しただけってことだな。


はいはい、そんな訳で、記事をしっかり読まなかったので、記事の中身をカンチガイしていたわけで。
今回の事業は大宇造船が建造し2000年に韓国海軍に引き渡した潜水艦の16年目(就役基準)整備事業であり
えっと、何となく計算が合わない気もするが、確か209型潜水艦も大宇造船海洋が作っていたと思う訳で。
と思ったら、大宇造船海洋が2000年に大宇重工業が解体されたことで出来た会社っぽい(設立後、大宇重工業に買収され、財閥解体にて再び独立したという経緯らしい)のだ。
と言うことは、何となく209型の整備をして問題点を見直す的な話なのかも知れない。


そういえば、214型潜水艦がドッグに入っていたニュースがあったが、アレは現代重工だった気がする。

……え?これまで209型整備していなかったの??

イマイチよく分からない記事だが、まあ、良いか。
それにしても42億円で何するんだろう??


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。