竹島の話

竹島の日は2月22日なので、今回はそう言ったイベントとは無関係なんだが……。

韓国のウソ暴く衝撃スクープ写真、これが昭和28年の竹島だ…軍施設なし、義勇兵・英雄視の“神話”打ち砕く重大資料

2016.5.13 11:00
 韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)をめぐり、同町が島内に建設を進めてきた調査研究施設が、近くオープンする。
産経新聞が怪気炎を挙げていたので、便乗してちょっと整理してみようと。


産経新聞が「スクープ」と言っているのが、この写真。
産経新聞社が昭和28年12月に撮影した竹島。当時の紙面には「手前西島、後は東島=(本社双発ビーチクラフト機にて、高橋、疋田写真部員撮影=藤本航空部長、寺坂航空士操縦)」とある
え?白黒の不鮮明な写真じゃん、というのが正直な感想なのだが、この写真の重要な点は、人工的な施設が映っていない、と、そういう事のようだ。
施設
今はこんなキタナイ施設が建っているからね。


こんなにやりたい放題で、黙っているのだから日本政府も腰抜けと言われても仕方が無い。
キタナイ建物
ただ、これは日本の法整備上の問題もあって、なかなか動きにくいのは実情なのだ。竹島は1902年よりずっと国有地であると言う。つまり、地主からの訴えがあれば警察などが動けるのだが、それが無い。国の命令一つで動けるのだが、外交という魔法の言葉で動けない。
一方相手は、勝手に上陸して、勝手に建物を建て、勝手に警察(と言う事になっている)を常駐させるわ、勝手に観光ルートを設定するわ、挙げ句の果てにコレだ。
記念撮影
こんな彫り物までする始末。自然の木や岩に落書きをするな!って習わなかったのか?


さて、韓国としては何がなんでも韓国領と言うことにしたい竹島なのだが、日本側の主張から説明していこう。
コレに関しては外務省がしっかりとした資料を作っているので参考にして欲しい。
こんな事も書かれているが……、言い分は分かるが、悪手だよね?

まあ、ともあれ、日本側としては「竹島」は日本の領土で、1618年頃から幕府からの渡海免許が発行されている実績があり、17世紀半ば頃には日本の領土として確立され、1905年には島根県に編入されて「隠岐島司ノ所管」となっている。
国際的にもサンフランシスコ平和条約によって日本の領土である事が認められ(直接的には認められていないが、日本が領有権を放棄した島々には含まれなかったことは確認されている)決着の付いた話である。


じゃあ、韓国側の主張は?というと、コレが又荒唐無稽な話なのだ。
Wikiを読んでみても軽く頭痛がするレベルなのだが、要点だけ絞っておこう。
  • 韓国では于山国の于山島の名で知られていた。(証拠無し)
  • 1900年の大韓帝国勅令41号に「石島」という名前で鬱島郡(=現、鬱陵郡)の管轄となった。(大韓帝国勅令41号は存在するが、石島と竹島(韓国は独島と呼んでいる)の同一性について根拠無し)
  • 1905年の竹島を島根県に編入する手続きは、無効である。(無効である根拠が無い)
  • 日本の軍艦新高の1904年9月25日付航行日誌に「韓人、これを独島と書す」と明記されていて、独島は韓国に認識されていた(1900年の大韓帝国勅令41号と矛盾する)
  • 日本の敗戦以後、連合国はSCAPIN-677号を通じて独島を韓国領と規定した。(SCAPIN-677号は政治上、行政上の権力行使を停止する指令書で、日本の範囲と除かれる地域として「竹島」の名前がある。しかし、その後のシーボルド勧告やラスク書簡などにより、韓国の領土とすることは連合国側から否定されている。つまり、韓国の領土である事を示す証拠にはならない)
……まあ、根拠無しと言うことだな。


では、冒頭の産経新聞の話は一体何なのか?というと、韓国国内でまことしやかに語られる独島義勇守備隊という絵空事に纏わる話なのである。
写真が撮影されたのは1953年12月(昭和28年12月)のことなのだが、韓国人が竹島に無断で上陸したと言われる期間が1953年~1956年で、機関銃を持ち込んで日本の海上保安庁巡視船に弾を撃ち込むなどの武力行使をしていたと言われている。

そして、韓国の武装警官が常駐するようになる1956年4月まで竹島内で活動していたと言われているのだが、冒頭の写真には建物らしきものが一切写っていない。

独島義勇守備隊なる組織が33人の隊員からなり、竹島に常駐していたという話は、写真からは全く確認出来ない。
そもそも独島義勇守備隊という話はかなり嘘が多いことが韓国内でも指摘されていて、1954年には既に解散していて、別組織に入れ替わっていた、とか、隊員の数が水増しされている(6人はニセモノだと言うことが分かっている)、日本の船に実際に発砲したのは、韓国の警察局による(警察記録に残っている)ものだ、等々。


何やら、韓国ではこの竹島に不法上陸した独島義勇守備隊をテーマにした映画が作られたらしい。
多分、例に漏れずファンタジーなのだろうが、問題は、それを「歴史的根拠」だと言い張る辺りにある。
彼らにとって、真実などどうでも良いのだろう。

韓国やりたい放題、竹島周辺に産廃大量投棄か 新藤前総務相「ただちに抗議すべきだ」

2015.12.04
 韓国が、日本固有の領土である島根県・竹島(韓国名・独島)の周辺海域に、ゴミを大量投棄している疑いが浮上した。韓国政府が発行する最新の海図(航海のための地図)で、日本が主張するEEZ(排他的経済水域)境界線内に「産業廃棄物投棄区域」を設定していたのだ。
こんな話は今さらなのだが、最近は特に酷い模様。
韓国では条約違反になる海洋投棄に対して全く抵抗はないらしい。そして、竹島周辺海域は海洋投棄の区域に指定されている。竹島がそんなに大切な島なら、こんな惨状になるはずも無し。


……その惨状は、画像の方が説得力があるだろうね。
o0600037913503211078
o0600037913503211058
o0600033813503211111
韓国国内の報道で流されたものだが、これが表面に見えている分だけというから恐ろしい。


日本政府は未だにこの問題を放置し続けているが、既に取り返しの付かない惨状になっているのである。

今一度、国民が竹島のことについて考え直す必要があるだろう。


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント