加湿器に使う殺菌剤で死者続出の韓国

ニュースは日本でも取り上げられた模様。

韓国 殺菌剤の有害物質で乳幼児など死亡 改めて波紋

5月5日 12時56分
韓国で、かつて加湿器に使う殺菌剤に含まれていた有害物質が原因で多くの乳幼児などが死亡した問題を巡り、検察が殺菌剤の製造メーカーに対する捜査を本格化させるなど、韓国国内で改めて波紋が広がっています。
事件自体はなかなか興味深い話だが、方向性は相変わらず斜め上である。


さて、話はなかなかにややこしい。
韓国では、2001年から2011年にかけて販売された加湿器用の複数の殺菌剤に有害な化学物質が含まれ、これを吸い込んだ多くの乳幼児や母親などが肺を損傷する被害を受けました。
韓国政府は2011年に殺菌剤と肺の損傷との因果関係を認定し、これまでに221人が被害を受け、そのうち95人が死亡したとしています。
問題の薬品はこれらしい。
3 
そして、韓国ローカルながら、韓国国内で非常に大量に出回った商品なんだそうで。

死者がかなり出てしまったこともあって、この会社の代表が謝罪をしたのが先日のこと。

100人超死亡の消毒剤問題、謝罪した企業トップに平手打ち 韓国

2016年05月02日 19:07 発信地:ソウル/韓国
【5月2日 AFP】韓国で英家庭用品メーカーの現地子会社が販売していた加湿器用の消毒剤が原因で子どもら100人以上が死亡したとされる問題をめぐり、この会社の代表が2日、記者会見を開き、自社の責任を認めて謝罪した。被害者の家族が代表に平手打ちを食らわせたり怒声を浴びせたりするなど、会場は一時騒然となった。
韓国文化の平手打ち炸裂! 100人超死亡の消毒剤問題、謝罪した企業トップに平手打ち 韓国
とまあ、色々と凄い事になった謝罪会見なのだけれど……、問題の商品を販売した英国家庭用品メーカーの多国籍企業レキットベンキーザーは、実は無罪。


問題を起こしたのは寧ろ、韓国法人のオキシー・レキットベンキーザーの方である。
韓国内で2000年10月から販売していた液体の加湿器消毒剤「オキシー・サクサク」が、今回の大問題を引き起こしたのだが、オキシーをレキットベンキーザーが買収したのが2001年3月で、件の商品は韓国国内でしか取り扱われていない。

実は、問題の成分はPHMG(ポリヘキサメチレングアニジン塩酸塩)という、割と一般的な消毒薬の成分だった。
このPHMGの製造元のSKケミカルもこの問題を把握していて、その毒性について通達していたそうな。実はこのPHMGは、液体の状態で使う分には問題ないのだけれど、霧状にして使用すると、肺が空気を取り入れる機能を阻害することがわかっており、日本国内でも、多くの国でも気化して使うことは禁止されているという。

つまり、加湿器に使う事自体がナンセンスな液体なのだ。

当然、レキットベンキーザーも本国でそのような使用方法を行ってはいないし、他国でもそのような話は寡聞にして聞かない。

何が言いたいかというと、オキシーの責任はあれど、レキットベンキーザーの責任はどうなんだろう?というお話。
もちろん、道義的責任というか、被害者救済と原因究明に関してはレキットベンキーザーにも積極的に関与して欲しいと願っている。が、それもオキシーが主体となってやるべき話ではある。レキットベンキーザーの方は、あくまで指導的立場にいるべきなんだろうと、そう思う。

加湿器殺菌剤800万人の使用「政府判定被害者は、氷山の一角」

加湿器殺菌剤による死亡者数は、政府発表のように95人が正しいのだろうか。検察の捜査が大詰めに駆け上がっているが、今まで明らかになった加湿器殺菌剤被害は氷山の一角という指摘が多い。
政府の調査が既に実施されたが、被害者の申告が延々と続いていて、科学的にまま解明ないされた複数の症状の因果関係、毒性物質などの解明はこれから本格的に明示しなければならない。
非常に残念な話ではあるが、被害の全容は未だに明らかになっていない部分のほうが多い模様。
責任の所在はどこにあれ、この話は多数の死者を出してしまった話なので、積極的に原因究明して欲しい。


……そんな話なのではあるが、何故か、怒りの矛先はなぜかイギリスに向かった模様。

加湿器殺菌剤事件、5歳の息子を失った父が英国本社に抗議の訪問

ハンギョレ新聞 5月5日(木)6時48分配信
「イギリス国民に君の死を知らせる」 
7年前に5歳の息子を失ったキム・ドクチョンさん 
オキシー英国本社に2回目の抗議訪問 
英国とデンマークの検察に告発状を提出する予定 
「必ず公式的に謝罪してもらう」
 「今回が最後だと思って英国に行きます。英国で尊敬される企業の行動を英国国民も知るべきだし、公式に謝罪してもらいます」
 「父の名」でキム・ドクチョンさん(40)が語った。

いや、イギリス、関係ないってわかってるよね?既に。

何が怖いって、これでイギリス企業がなにか認めようものなら、それ謝罪だ!賠償だ!という騒ぎが沸き起こるのが韓国だということである。そして、いつの間にか初悪の根源がイギリスみたいな流れになってしまうことだ。

まぁ、英国企業のレキットベンキーザーは運が悪かったと、それに尽きると思うのだが、お隣さんだけに日本としてはあまりぞっとしない話になりそうだ。




ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年5月7日 20:54

    この件で問題になっている化合物は、次の2つのようです。
    ・PHMG(ポリヘキサメチレングアニジン)
    ・PGH(塩化オリゴ(2-(2-エトキシ)エトキシエチルグアニジニウム)
    ソース)財経新聞「韓国で多数の死傷者が出ていた「謎の肺疾患」の原因となった加湿器殺菌剤」
    http://www.zaikei.co.jp/article/20160507/306022.html
    で、調べる中で「PGH 殺菌」でググるとベビー用品の防ダニ殺菌スプレーがヒットするという話をみつけたので、ググってみました。
    確かにヒットします。「Dr.Klarダニ殺菌スプレー」という製品です。
    ソース)くらし応援情報サイトKONOMI(このみ)「謝罪した企業トップに遺族が平手打ち  韓国の100人超死亡の消毒剤事件」
    http://konomi.me/I0003222
    「Dr.Klarダニ殺菌スプレーPGH Anti-Bacterial Spray」という商品です。
    商品情報では、メーカー・発送元とも「韓国(Korean)」になってます。
    宣伝文句には「無毒性無刺激、無臭99.9%の殺菌効果」とも書かれてます。
    一応、品切れにはなってますが、日本国内に入ってきている可能性があるので、注意が必要ですね。
    ソース)Qoo10「Dr.Klarダニ殺菌スプレーPGH Anti-Bacterial Spray」

    返信削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。