2016年5月31日火曜日

野党、安倍内閣不信任決議案提出

予定通り不信任決議案を提出した模様。

野党4党 安倍内閣不信任案提出理由は3点 安保法制強行と憲法改悪、アベノミクス失敗、強権政治

2016.5.30 16:33
 民進、共産、社民、生活の野党4党は30日、国会内で党首会談を開き、安倍晋三内閣の不信任決議案を衆院に共同提出することを決めた。
いやまあ、それ野党の権利だから、出すこと自体を否定する積もりは無いぜ。でも、理由がこじつけで痛々しいな。


ちなみに、提出されて予定通り否決された模様。

安倍内閣不信任決議案を否決

2016.5.31 17:29

衆院は31日の本会議で、民進、共産、社民、生活の野党4党が共同提出した安倍晋三内閣に対する不信任決議案を、自民、公明両党とおおさか維新の会などの反対多数で否決した。賛成は124票、反対は345票だった。
おおさか維新の会は、どうも与党寄りの立場を採った模様。というかね、こんなシーンでの内閣不信任決議案提出は、誰もまともな判断だと思わないよ。
 
なお、提出理由は以下の通りらしい。
    1. 安保法制を強行成立させ、憲法改悪を推し進めることは、立憲主義と平和主義への重大な挑戦である。
    2. アベノミクスの失敗は、国民生活を破壊し、格差と貧困を拡大した。
    3. 甘利前大臣の疑惑問題やTPP交渉に関する情報開示のあり方、また沖縄問題への対応など、国民の声に耳を傾けない強権的な政治である。
メチャクチャですな。


一応反論しておこう。
まず、「安保法制は強行成立」とあるが、「強行採決」という言葉が使えないから苦し紛れの造語を突っ込んできたようだ。
これについては幾度も記事にした。
「強行採決」というのは、(1)国会において与野党による採決の合意が得られず、(2)少数派の議員が新規の継続を求めている状況で、(3)多数派の議員が審議を打ち切り、(4)委員長や議長が採決を行うことと定義されている。

今回のケースでは(3)の要件を満たすかどうかが怪しく、審議時間は100時間を超えて長時間確保したので、審議打ち切りはやむを得ない状況であった。また、(1)の要件である与野党合意だが、当時の維新の党など野党の一部は賛成しているので、「合意が得られなかった」というのにもちょっと無理がある。
むしろ、今回のケースで強行採決というのであれば、どんな法案でも強行採決になる。


「憲法改悪」については言うまでも無いだろう。単なるレッテル貼り以上の意味は無い。子どもが友達に向かって「ばーかばーか」というのと同じレベルである。

「立憲主義と平和主義への重大な挑戦」というのも意味がよく分からない。
ここで言う立憲主義は、政府の統治を件網に基づき行う原理のことを言っていて、9条違反の疑いが強いので、立憲主義への挑戦だと、その様に言っているわけだ。
しかし、現状、憲法9条に齟齬があると言う判断が下されてはおらず、その予定も無い。故にこれも単なる言い掛かりだ。
平和主義に関しても、平和を守るために安保法制を整備する話なので、主張の違いというレベルでしか無い。そもそも、野党の言う平和主義は非武装無抵抗を理想としているので、大抵の国家はついて行けないのだ。


「アベノミクスの失敗」については、何を失敗と定義するか?によっても簡単に論じる事ができないので、単純に株価や失業率などを見て比較する訳だが……、株価は民主党政権下よりもマシだし、失業率も低下している。
GDPの伸び率を見ると、確かに芳しくは無いが、消費税の増税などの影響はあるので、これを一概に「アベノミクスの失敗」と切り捨てるのは間違いだろう。

アベノミクスが順調であるとは言いがたい状況にあるのは事実だが、経済はそう簡単に「アレが悪い」「これが悪い」と割り切れるものでもない。
ただ、「失敗」と言われれば、失敗した印象は強いだろう。


「甘利前大臣の疑惑問題やTPP交渉に関する情報開示のあり方」と言っているが、これはそもそもTPP交渉のあり方そのものの問題であって、今さら指摘する話では無い。
大体、TPP交渉に参加すると決めたのは民主党政権であり、初期の取り決めなども民主党の手腕による部分が大きい。

そして「疑惑」の話をするのであれば、その前に民進党のエース、山尾氏の疑惑を説明しなければ話にならないわけで。
古くは鳩山の故人献金や、前原氏の外国人献金問題など民主党政権時代には疑惑のオンパレードであった。
無論、甘利氏の疑惑が「すっきり解決」とは誰も思わないだろうが、問題にするレベルなのかは少々疑問だ。


あと「沖縄問題への対応」を言うのであれば、最悪だった鳩の尻ぬぐいをやっているような状況である。
安倍政権が何か悪かったとは、欠片も思わないのだが……。


となると、一体、野党の主張の何処に賛同すべき点があるのか、と言う話になる。
パフォーマンスと揶揄されているが、まさしくパフォーマンスの為に内閣不信任決議案提出をしたというわけだ。

ますます政党支持率が落ちるぜ?民進党さんは。


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。