2016年6月22日水曜日

宮古島陸自受け容れ反対と琉球新報が吠える

あー、はいはい。

<社説>宮古陸自受け入れ 住民投票で民意を問え

2016年6月21日 06:02
 下地敏彦宮古島市長が市議会で「宮古島への陸上自衛隊については了解する」と述べ、同島への陸自配備賛成を正式に表明した。
 しかし、防衛省はつい1週間ほど前にようやく1回目の説明会を開いただけだ。とても説明を尽くしているとは言えない。そんな段階での賛成表明は唐突だ。

「説明を尽くしているとは思えない」って、オマエラ説明しても聞かないじゃん。


さてさて、この話は以前から出ていたので、琉球新報が「唐突に決まった!」と騒いでいるのには違和感がある。

宮古島への陸自配備容認を正式表明 下地敏彦市長 「旧大福牧場」周辺配備は反対

琉球新報 6月20日(月)14時27分配信
 【宮古島】宮古島市の下地敏彦市長は20日午後、市議会6月定例会の一般質問で、安全保障環境の悪化を念頭に「宮古島への自衛隊については了解する」と述べ、陸上自衛隊の宮古島配備を容認することを正式に表明した。
このような決定が宮古島市庁長の下地氏によって発表されたのだが、事前に何度も話があった。
そのたびに琉球新報が食い付いていたので、まさか「忘れた」とは言わないだろうね。


伊良部大橋
美しい景色がウリの宮古島だが、防衛拠点としても意味がある。平成26年度防衛白書s島嶼防衛図
防衛白書でも、島嶼防衛の拠点の一つとして念頭にあることを示しており、陸自配備はミサイル基地の設置という話に繋がっていくのだと思われる。
実際に、PAC3配備の際には、何度か北朝鮮ミサイル破壊の目的で設置されている。

PAC3を石垣島・宮古島に配備へ 北朝鮮ミサイル破壊措置命令

2016年2月3日 13:52
 【東京】防衛省は3日午後、中谷元・防衛相ら幹部による防衛会議を国会内で開き、北朝鮮による事実上の弾道ミサイル発射通告を受け、自衛隊に破壊措置命令を出した。同省は地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を飛行経路近くの石垣島と宮古島に配備することを決め、地元自治体との調整に入った。中谷氏が国会内で記者団に明らかにした。
まあ、そういう地政学的な拠点となりうると言うことははっきりしている。


ところが、琉球新報は民意を問うべき、とか意味不明な事を言い出す始末。
 まず民意を問うべきだ。住民投票を実施して、その判断に従うべきだ。それが民主主義と自治のあるべき姿であろう。
国防において住民の理解が必要なことは理解できる。が、住民投票など必要ないし、そういった法的根拠も無い。そして、「民主主義」とか「自治」には全く無関係な話だ。
 だが中国からすれば、公海を通るだけでミサイルの照準を定められるということになる。自国の安全を高めるため軍拡すれば、脅威に感じた相手国も同じようにし、緊張を高め合ってついには双方とも望まなかった戦争に突入してしまう。そんな「安全保障のジレンマ」を地でいく事態ではないか。
そして、支那の立場で日本のミサイル基地設置に反対と言うから、呆れるほか無い。


そもそも、ミサイルの照準を定められようが、公海を通るだけならば問題無いでは無いか。緊張が高まるハズも無い。
緊張が高まるのは、相手方が日本を攻撃する意思のある場合のみだ。
そして、国際社会において海洋進出を行い、いたずらに緊張を高めているのは支那の方である
 そもそも敵の軍隊・基地がある所を攻撃するのは軍事の常識だ。軍が配備された島では激烈な地上戦に住民が巻き込まれる。軍隊は住民を守らない。それが沖縄戦の教訓である。
確かに、敵の軍隊・基地があるところを攻撃するのは軍事の基本だが、そのことは逆に基地が無いから攻められないという根拠にはならない防衛力が無い拠点となりそうな場所を最初に攻略するのも又、軍事の基本である

それに、軍隊は住民を守らないが、軍隊は国民とその生命・財産を守る為に戦うのである。また、「沖縄戦の教訓」があるのは沖縄に限った話では無いし、地政学的な問題をすっぽり忘れて非難するのはメディアの社説がやることでは無い。


「基地の無い島は攻撃されない」は妄想である。
基地があっても無くても、地政学的に侵略の対象になることは明白で、拠点構築のために侵略されれば、支那の人民解放軍の基地ができるだけの話だ。無論、敵の陣地を切り取った場合、その住民の人権や生存権が保障されるなんて事は、過去の歴史を振り返っても、まず考えられない。

基地の無い島は容易く占領される、それが現実なのだ。


そして、琉球新報は最後にこう結んでいる。
このまま配備の既成事実が進むのは許されない。やはり民意を問うべきだ。
壊れたテープレコーダーかっ!

あ、今の人はテープレコーダーなんて聞かないか。せめてCDくらいにしておくべきかな?

侵略者は、民意など問わないぞ!


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

2 件のコメント :

  1. さすが琉球新報、見事に支那寄りの報道ですね。
    住民の意見は重要だが、その住民の代表が市議会な訳でして…
    そもそも国防の問題は、国民全体の問題なわけで、住民だけで決められても…
    住民投票にこだわるのは、赤い工作員を動員して、反対運動をする為でしょう。

    返信削除
    返信
    1. 市議会が勝手に話を進めた!というのであれば、まず市議会に文句をいうべきなのに、そこはすっ飛ばして防衛省や日本政府に文句をつけている時点でお察しですね。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。