空港で居座る人々、日本でも

こういう話は、映画の中だけだと思っていたが……。

パキスタン人を強制送還

2016/06/02 12:18
日本への入国を拒否されたパキスタン人の夫婦ら7人が1ヵ月以上、福岡空港に居座り続けていた問題で、2日、福岡入国管理局はパキスタン人の男性を強制送還した。
トムハンクス主演の映画「ターミナル」は割と幸せな結末を迎えたが、現実の方は人権派がしゃしゃり出てきそうな話となっている。


ちなみに、映画「ターミナル」も実在の人物がモデルになっている様で、この手の話はそう珍しいわけでも無い。

で、ニュースのパキスタン人、福岡空港で1ヶ月も居座り続けていたようだ。
パキスタン人の40代の夫婦とその子供のあわせて7人は今年4月、韓国・ソウルから福岡空港に到着。しかし、7人は去年6月強制送還の処分を受けていたため、日本への入国が認められなかった。
どうやら、以前、不法に滞在している間に日本の生活を満喫した結果なのか、強制送還されてなお、日本に舞い戻ってきていたらしい。

ただ、日本の行政が外国人に対して優しいかというと、そんなことは無い。日本は外国人に対して厳しい法制を採っている部分が多いのである。

だが、にもかかわず僕の住んでいる地域でも外国人を見かけることは珍しくない、というより毎日のように見かける。
これは、外国の情勢がより厳しいと言うことなのだろう。

兎にも角にも、強制送還となったので、再び彼らはパキスタンにお帰りになる話になったようだ。
そのため、福岡入国管理局は先月27日、7人の身柄を収容し強制送還に向けた手続きを進めていた。このうちパキスタン人の40代の男性について福岡入国管理局はさきほど強制送還しました。残りの6人についても2日午後、強制送還するという。
この結末が、件のパキスタン人にとって幸せな話になるのかは分からないが、日本国民としては同情はしても妥協をすべき話では無い。

以前このブログではカルデロン事件の話を取り扱った。
こうした不法滞在は、放置すれば取り返しの付かないことになってしまう。不法滞在中に子どもが生まれ、済し崩し的に日本に滞在を目論む外国人は少なくない。だが、この手の話は「人道的支援」とか、そういう問題とは切り離して考えなければならない。

人道を声高に謳うのであれば、法律に則って行うべきであり、不法に滞在する人間にまで範囲を広げるべきでは無い。その方が確実に不幸を生むのだから。

で、この話は、これだけに留まる話では無くて、お隣の国でも……。

シリアを脱出した人々、韓国の空港で足止め続く CNN EXCLUSIVE

2016.06.02 Thu posted at 13:36 JST
(CNN) 空港の待合室のベンチで横になったり、部屋の隅で立ったりうずくまったりする男性たち。床は大切な所持品が詰まった小さなスーツケースやビニール袋で隙間なく埋め尽くされている。
空港のスラム化、と言っても過言ではない。
syrian-refugees-south-korea-cnn4
こうなってしまうと、もはや強制送還どころの話では無くなってしまう。彼らが自力で帰る資金など無いだろうし、かといって韓国としても入国させるわけには行かないだろう。



対応が遅れた結果が、これである。
弁護士によれば、ムハメドさんのように難民認定を希望して同空港で寝泊まりするシリア人は180人に上る。最高でも50人しか入れない施設に詰め込まれた状態で足止めされているという。韓国司法省は、空港にいるのは116人のみだとしている。
部屋にはベッドも窓もなく、シャワーは男性用と女性用が1カ所ずつしかない。食事は1日3回のハンバーガーとコーラのみ。肉はイスラム教の戒律に従ったハラル食でないことから、ほとんどの人はパンだけを食べる。足を伸ばすため、監視付きで免税店街を歩くこともある。
韓国では、イスラム教徒に肉を出すのはデフォルトで、ハラルという概念も希薄なのでこの有り様だ。
こうなると、もう韓国が国家的な人権侵害を推進しているようなものなので、速やかな国外退去を求めるしかない。
ムハメドさんの家族は、全員が出国する金銭的余裕がないため今もシリアにいるという。ムハメドさんはトルコと中国を経由して韓国にたどり着いた。危険を冒して地中海を渡る人たちに比べれば、自分たちはまだましだと話す。
ただ、シリア人達にとっても、帰る国も無い状況になっているのは事実で、この状況を打破するのは難しいだろう。



「人道」の名を借りた「人権侵害」はここでも行われているのである。
韓国で難民と認定されたシリア人は1994年以来、3人のみ。2014年以降はシリア難民問題に対応した韓国の新しい方針に基づき、668人に「人道的地位」が認められた。しかし福利厚生は受けられず、本国を脱出した原因が解消されれば帰国しなければならない。若者の失業率が上昇している韓国で仕事を見付けるのも難しい。
難民問題は、どんな国でも解決をすることが困難で、受け容れれば新たな人権問題を引き起こしかねない。

特にイスラム人達は、日本とは価値観が大きく異なることもあって、日本として手を差し伸べることは困難だ。
やるとすれば、シリアの内戦を解消する方向に手助けをするべきなのだが……、宗教問題や周辺国の思惑が絡む複雑な地域だけに、そうした対応も容易ではない。



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント