ミサイル?いいえ、超小型衛星打ち上げロケットです

何やら、超小型衛星打ち上げロケットを打ち上げることに決めたらしい。

世界最小!超小型衛星打ち上げロケット、JAXAが突然発表

2016/06/10
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、観測用小型ロケット「SS-520」を改良したロケットで超小型衛星を打ち上げると発表した。ロケットの全長は9.54m、重量は2.6tで、人工衛星を打ち上げる宇宙ロケットとしては世界最小だ。
ミサイル開発か?!と騒いでいる人も多い様だ。


が、国際的にも小型の衛星を打ち上げたいという要望は高まっているのは事実。
色々技術革新があって、最近では小型でもかなり高性能な人工衛星を作る事が出来るようになった。だから、用途によってはだが衛星の小型化が可能になっている。
2016年5月27日に開催された文部科学省の宇宙開発利用部会、調査・安全小委員会で報告されたが、これまでこのようなロケットの構想はあったものの、開発状況が具体的に説明されたことはなく、突然の発表となった。
ニーズとしては、大型ロケットに相乗りをするのでは無く、早めに小型衛星を打ち上げたいという層の要求に応える物を作りたいと言うことなんだろう。

どこまでの需要があるかは知らないが、所定の軌道に乗せたいのに、相乗りで打ち上げとなると、色々と問題も出るのは事実。
しかしこれでは、相乗り相手の衛星に打ち上げ時期や軌道を合わせる必要があるため、自由に打ち上げることができなかった。そこで超小型衛星に合わせた超小型ロケットが望まれるようになってきた。
こうしたところをターゲットとして考えること自体は、アリなんだと思う。


事実、技術としてはそれ程問題は無いと言われている。
ISASは宇宙ロケットを打ち上げる以前から、観測ロケットを打ち上げてきた。観測ロケットとはその名の通り、航空機が飛行できないほどの高い高度の大気を観測したり、無重力実験などを行うための、宇宙空間には到達するが衛星にならずに落下するロケットのことだ。
JAXAの一機関であるISASは、これまでS-520やSS-520という観測用ロケットを打ち上げてきた実績があり、これにもう1段加えれば衛星軌道にまで到達するのはそれ程難しくは無いらしい。
S-520が1段のロケットで、S-520に2段目を加えたのがSS-520。新たなロケットはこれにもう1段加えようという話らしい。
第1段、第2段とも固体推進剤を使用しており、140kgの実験機器を高度800kmまで運ぶことができる。
……ただ、固体推進剤を使用したロケットは、そのままミサイルにも転用可能とあって、特亜3国からは色々言われる可能性はあるのだろうね。

良いじゃないか、狙った衛星軌道にピンポイントで打ち上げる技術を獲得すれば、それはもうICBM(以下略)。



ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 全長9,54m!
    おおっ!大型トラックにそのまま載せられるじゃないか。
    コレはもうついでに移動式発射台も開発して更なる汎用性と利便性を追究してもらいたい物です。
    もちろんコレはロケットです、はい。

    返信削除
    返信
    1. ロシアや支那の持っている移動式のICBMは20m超えるものが多いですから、余裕で移動式にできる大きさですよね。

      え?そりゃもう、ロケットですとも(苦笑

      削除
  2. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年6月14日 5:36

    「SS-520」は知らなかったので、少し調べました。
    カッパ(Κ)ロケットから分岐した「観測ロケット」なんですね。
    確かに、イプシロンロケットがデカいので、小型衛星打ち上げ用の安価なロケットがあるといいかもしれませんね。
    特亜三国がイチャモンつけてきても、今さら...という感じですね。
    >狙った衛星軌道にピンポイントで打ち上げる技術を獲得すれば
    固体燃料ロケットで惑星探査ミッションに成功したのは、ミュー(Μ)ロケットでしたっけ?...

    返信削除
    返信
    1. カッパロケットの系譜らしいですね。
      「はやぶさ」を打ち上げたのはM-Vロケットでしたっけ。ミューロケットの系譜ですね。

      削除
  3. かのはやぶさも上げたのはミュー(Μ)ロケットでしたね
    その前には無誘導で衛星を軌道に届けるというL-4Sロケットもありましたな

    返信削除
    返信
    1. 無誘導重力ターン方式というらしいですね。
      日本らしいアホな手の込みようで、びっくりです。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。