2016年8月27日土曜日

韓国の小型潜水艇が爆発

えー!

[社説]整備中の老朽潜水艇が爆発、こんなおんぼろで対北朝鮮作戦をしていたのか

Posted August. 18, 2016 07:52,   
国軍情報司令部が北朝鮮の侵入兼潜水艦偵察用に使用した70トン級潜水艇が、慶尚南道(キョンサンナムド)の鎮海(チンヘ)軍港で定期点検のために陸上に移動する途中で爆発し、将校と副士官ら3人が死亡し、将校1人が重傷を負った。
70t級潜水艇ってどーゆーことよ。





韓国の潜水艦は主力級が2種類。
何れもドイツから輸入したもの、或いは技術供与を受けて韓国国内で組み立てたモノだ。
  • 214型潜水艦(孫元一級)5隻 1,860t(水中)
  • 209型潜水艦(張保皐級)9隻 1,285t(水中)
そのお笑い具合はこのブログでも散々取り上げている。
まあ、詳しくはリンク先を読んで頂くとして、今回の潜水艇は記事によれば70t級なのだという。
しかし、寡聞にして該当する潜水艇を僕は知らない。
確かドルゴレ級という小型潜水艇を作っていた気がするが、保有しているのは2隻だけだというし、水中排水量は175tである。それよりも小さな潜水艇を保有していると??



ただ、このドルゴレ級潜水艇は1隻当たり32億5000万ウォンと、サイズの割にはなかなか高価で、ドイツから技術を導入した点は、現行型と同様である。
軍は、潜水艇にたまっていた水素ガスが突然爆発したものと見て、事故の原因を調査している。使用年限(30年)を超え、年末の退役を予定していた老朽潜水艇だったというが、事故に備えて点検と整備に最善を尽くすべきだった。
そして、使用年限30年という点を考えても、ドルゴレ級は1985年頃に就役させているので話に合致してくるね。
「古物潜水艇」でこれまで北朝鮮潜水艦を偵察して爆破する訓練が適切にできていたのかも疑問だ。
ドルゴレ級は3隻作って1隻は既に退役済み。ドルゴレ
老朽艦という点は間違いなさそうだ。
しかし、水素ガスの爆発というと、船体の老朽化とは余り関係無い気がする。潜水艦内で水素が発生するとすれば、バッテリー関係のトラブルだろう。バッテリーに鉛蓄電池を使っていれば水素は発生するし、そうしたトラブルは第2次世界大戦頃にも少なからず発生していたという。




……つまり何が言いたいかというと、これ、老朽化の問題よりも運用が適切で無かったか、整備が適切で無かったから発生した問題である可能性が高いワケだ。

まあ、古い兵器というのはそれなりにリスクはあるものだが、今回の事故原因は別にあるような。

韓国軍人にとっては不幸な話ではあるが。
追記
世の中には凄い人がいるモノで、コメントで頂いたがどうやら「コスモス型潜水艇」というシロモノが韓国軍に納入されているとの情報を頂いた。

調べたら1980年代に、水上排水量75t級のSX-756が実用化されて、韓国海軍で9隻が運用されているとの情報がWikiにもあった。何故こんなものを導入したのか。

でも、一時期北朝鮮の小型潜水艇が韓国に侵入する話だとか。色々騒がれていた時期だった気はするので、韓国海軍は必要かなーとか思っちゃったのだろうか。
cosmos_sx756
cosmostype

どうやらこんなシロモノらしいのだが……。
対北朝鮮用の特殊作戦用に用意されているらしい。
イタリアのコスモス社が1960年代に開発した潜水艦だとのことで、ちなみに最初に実用化された40t級のSX-404というタイプはパキスタン海軍にて事故を起こして沈没しているらしい。

……まあ、事故の経緯がハッキリしたいので、パキスタン軍の話にせよ韓国軍の話にせよ、何か言及すると言うことは難しい。
ただ、何故こんな老朽艦を未だに使い続けているのかは確かに理解に苦しむな。本当に必要なのであれば、今開発している3000t級や計画されている原子力潜水艦など放置しておいて、こうしたタイプを更新すべきだと思うのだが。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

6 件のコメント :

  1. 木霊さん

    70t級の小型潜水艦はドルゴレ級(イルカ級)の純国産版で1984年に就航したSSM-051かと思われます。(SSM-051はドイツからの技術供与のめどがたたず純国産にしたそうです。ドルゴレ級のSSM-52,SSM-053は木霊さん記載のとおりドイツからの技術供与で1990年から就航のもの)

    詳細は
    http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=neobio&logNo=220636093610&redirect=Dlog&widgetTypeCall=true

    このページchromeの翻訳は使えなかったですが、Edgeの拡張機能の翻訳機能は使えました。(Edgeの拡張機能はWindows10のバージョン1607からの機能です)

    返信削除
  2. そういえば、SSM-051は先ほどのwebの記事では2003年に退役したことになっているのですが訓練用か何かにまだ使ってたのかなあ??

    返信削除
  3. 写真をみると、結構カッコいいんですね(笑)。水素爆発かー、原発みたいで、カッコいいですね(笑)。ただ、南鮮の職業軍人さんにはお気の毒としか言えません。それはそれとして、3000t 級、垂直発射管を備えた潜水艦を9隻も建造する計画を発表するなど、175t の潜水艇の整備作業もできないのに、勇敢ですねー!

    返信削除
  4. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年8月27日 19:12

    Rodney様 木霊様
    あるけむと申します。

    >ドルゴレ級(イルカ級)の純国産版で
    ググッて見たところ、どうも「ドルゴレ級潜水艦」という表記と「トルゴレ級潜水艦」という表記があるようです。

    さらに、朝鮮日報の記事にはこんな記述がありました。爆発事故を起こしたのは「ドルゴレ級潜水艦」では無さそうです。
    >事故が起こった潜水艇は、1980年代にイタリアで建造された
    >70トン級の潜水艇を、韓国でライセンス生産したものだ。
    ソース)朝鮮日報「韓国軍:潜水艇が修理中に爆発、4人死傷 /鎮海」2016/08/17

    Neverまとめには「韓国海軍の対北朝鮮特殊作戦用コスモス型潜水艇が爆発、3人が死亡」という記事がありました。
    Wikipediaの「コスモス型潜水艦」の項には、以下の記述がありますので、爆発事故を起こしたのは「コスモス型潜水艇」ではないでしょうか。
    >1980年代には、水上排水量75トン級のSX-756が実用化され、
    >大韓民国海軍で9隻が運用されている。

    返信削除
  5. あるけむさん

    先のwebにもコスモス型は1976年にのちのドルゴレ級となる小型潜水艇の研究開発事業着手時に運用されていた潜水艇とあるので30年というより40年近い艦齢ですね。(事故を起こしたのは後期の80年代に就航したものかな)
    wikiの韓国海軍艦艇にももう登録がないし韓国海軍の要求を満足しないと言っていた潜水艇なのでとっくにこちらも退役してたと思ってましたがまだ使ってたのですね。

    コスモス型が韓国海軍の要求に合わないといって最初に国産開発したSSM-051は結局なにか問題があったのか1隻で終わってより大型のSSM-052,053を作ったけどこれも2隻のみで終了で、海軍が要求に合わないと言っていたイタリアのライセンス品を使い続けていたのは韓国だから仕方がないということなのかな。

    返信削除
  6. みなさま、色々とありがとうございました。

    情報通り「コスモス型」という潜水艇が使われていた可能性が高そうですね。
    追記しておきました。

    返信削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。