ミサイル防衛費増大を批判するゲンダイと、日本の防衛のあり方

偶には肩の力を抜いて、ゲンダイの記事でも眺めようでは無いか。

防衛省“限界”露呈 ミサイル防衛は1兆5787億円の役立たず

2016年9月13日
 北の核実験を受け「もっと抑止力強化を」という議論が出ているが、ちょっと待って欲しい。米国に押し付けられ導入した現状のミサイル防衛システムは、迎撃どころか想定通りの警報も出せず、役立たずを露呈。1兆円超が壮大な“無駄遣い”になっていたことがハッキリしたのだ。
ゲンダイの記事は、ミスリードしなければならないと言う不文律でもあるらしいな。



論理のすり替えが甚だしくて読むに堪えないのだが……、ちょっと考え方を変えて読んでみると面白い。
つまり、ゲンダイの文章はとにかく現実がねじ曲げたい。何処がねじ曲がって、何処に着地したいのか?と、さながらパズルを解くような積もりで読むべきだと言うことだ。

とまあ、その辺りの前提を踏まえて、読んでいこう。
「8月3日に北朝鮮は弾道ミサイル2発を秋田沖に発射しましたが、日本政府が第1報を発表したのは発射から1時間15分後でした。イージス艦などへ破壊措置命令は出されず、自治体などへの警報『Jアラート』も機能しないノーマーク状態でした。その後、常時『破壊措置命令』を出したままにして政府は警戒を続けていましたが、9月5日に弾道ミサイル3発が北海道沖に発射された際も第1報は1時間32分後。最も早かった警報は海上保安庁から船舶への『航行警報』で、それでも発射から19分後でした。これはミサイル落下の10分後で、警報の意味がなかった。ミサイル発射が探知されれば、その警報を船に伝えるのを意図的に遅らせるはずはない。つまり、日本のミサイル防衛能力の限界を露呈したものと考えざるをえません」
まず、軍事評論家の見解を引っ張ってきているが、この辺りの認識は概ね正しいのだと思われる。

8月3日の件に関して、「破壊措置命令」が出されなかったのも事実だし、「Jアラート」も機能しなかった。
9月5日の件に関しても、警報が出るのが遅くなったことは事実だ。



よって、この2つの事実の元に、「日本のミサイル防衛能力の限界」を感じるのは、真っ当な考えだと思う。
専守防衛におけるMD計画は、そもそも無理があるのである。
 ちなみに、去年12月と今年2月に北朝鮮がテポドン2で小型人工衛星を打ち上げた際は、事前通告もあり対応準備ができたため、政府は発射2分後から逐一、飛行状況を発表していた。ところが、移動式の発射機から発射された8月と9月のミサイルにはお手上げ。防衛省は「事前通告がなかった」「移動式の発射機だったので分からなかった」と変な言い訳をした。
「変な言い訳」と攻撃しているが、これもまあ仕方の無い話。
しかし、この話の誤解は、そもそも日本のミサイル防衛体制が「完璧である」「一発のミサイルも撃ちもらさない」というあり得ない仮定の上に成り立っている話で、発射地点が特定できなければ、ミサイル探知は相当ハードルが高いという事実は無視している。



ただし、続く内容は、まあ、真っ当な話である。
「実戦では相手はミサイル発射を予告してはくれませんし、自走発射機に載せて発射位置をしばしば変えるのが一般的です。防衛省の釈明は、本物の弾道ミサイルには対応できないことを自ら明らかにしたようなものです」
前半の指摘は正しいが、後半の指摘は半分だけ正しい。条件付きでならばミサイル防衛システムは機能する。つまり、「相手から通達があり」「発射地点が特定しやすい」という条件が揃っている場合のみだ。

何とも心細い話だが、しかし一方で、移動式のミサイルも多数出せば事前に察知される類のものである。つまり、奇襲作戦には向くが、飽和攻撃するには向かないのである。
 ミサイル防衛には今年度予算までに1兆5787億円が投じられている。ドブに捨てたようなものだが、官邸や防衛省は、さらなる増強に躍起。価格2倍のミサイル購入やイージス艦を増やしたり、ミサイル発射探知用に独自の静止衛星打ち上げの話まで出ている。
となると、限定的にではあるが、現在のミサイル防衛システムも機能することは期待できる。
だから、「ドブに捨てたようなもの」とまでは言えない。



だとすると、結論のコレはあまりに論理飛躍である。
「特定秘密」を盾に“不都合な事実”を隠蔽してこれ以上、防衛費を膨らませるのは許されない。
状況を整理しよう。
  • 現状のミサイル防衛システムは不十分
  • 移動式のミサイルに対応するのは、現状の技術では困難
  • 奇襲攻撃はどうしても防御が難しい
この辺りは誰もが認めるところだろう。
じゃあ、防衛費を膨らませることそのものは非難されるべき話では無い
では、何処に問題があるのか?それは、ミサイル防衛システムでは北朝鮮からの攻撃全てを防衛できないという事実を認めて、別の手段も同時に講じる努力をしていないことだ。



今朝は、韓国のF-35A追加注文の話を鼻先で笑うような記事を書いたが、これ、日本は笑うどころでは無いのである。

寧ろ、日本の状況は韓国よりも状況はマズい
韓国はソウルが火の海になれば、韓国経済が崩壊し、国の維持そのものが難しくなるだろうが、空軍や海軍は温存できているので反撃は可能だ。
しかし、日本はミサイル攻撃で東京が火の海になったとして、北朝鮮に反撃する手段を持たないのである。ミサイル防衛システムである程度のミサイルを撃ち落とすことは可能だろうが、指摘があるように完璧に守り切るにはあまりに不安な状況だ。ミサイルを撃ち込まれ放題で、迎撃手段もその内底を突くだろう。それでも他国に攻め入る手段を持たない日本は、北朝鮮に反撃できないのだ。

やられるだけやられて、反撃はアメリカ頼みなのだから、あまりに情けない。これで支那の手前、アメリカの初動が遅れれば、致命的なダメージを負って日本は死んでしまうだろう。

だとすれば、日本が持つべきは敵基地攻撃手段であり、先制攻撃可能な体制なのである。
これがロシアや支那相手の話だとするとまたちょっと変わってくるのだが、殊、北朝鮮となるとミサイルくらいしかまともな攻撃手段を持っていないので、日本と敵対すれば即時ミサイル発射みたいな構図になってしまう。

その様な現実に目を向ける時期に来ている。

ゲンダイのように「ミサイル防衛なんて無駄だから防衛費は削減ねー!」というアホな結論を出すようでは、国家として終わっているが。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント