【韓進海運破綻】大韓航空支援によって、物流の混乱は解消へ???

いや無理だから。そんな、願望で記事を書かれても。

韓進海運破綻:大韓航空が600億ウォン支援、物流の混乱は解消へ

記事入力 : 2016/09/22 08:10
 韓進海運の大株主、大韓航空は21日午後、緊急取締役会を開き、韓進海運に対する600億ウォン(約54億円)の資金支援案を確定した。大韓航空の関係者は「韓進海運の売上債権(今後入ってくる運送料などの売掛金)を担保に600億ウォンを融資という形で支援することにした」と明らかにした。これによって、韓進海運の法定管理(会社更生法適用に相当)申請を機に世界各地に広がった「物流混乱」は解消に向かう見通しだ。
本日は若干時間を確保できないので、突っ込み記事だけ。韓国のメディアはこういう時に優秀だな(棒)





600億ウォンぽっちでは、焼け石に水だから。
既にこの問題では色々と言及してきたので、あまり説明の必要も無いと思う。
韓進海運の破綻は、韓国の海運業界全体の歪みを示し、それは韓国経済の体質の問題である点は既に言及してきた。
ちなみに、この問題で足止めされた荷主は約8300で、その額は1兆4500億円分だという。

既に、韓進グループが1000億ウォンを投入するとしているが、そのうち400億ウォンは会長の私財から捻出しているという話だ。しかし、残り600億ウォンはロサンゼルス・ロングビーチターミナルの持ち株を担保に出すとかいう計画で、これは既に無理だったという結論が出ている。
9月5日の時点で1兆ウォンほどの資金が必要だと見積もられていたが、既に20日が経過しようとしている。被害額は雪だるま式に増えてしまっていると考えるべきだろう。実際に訴訟に発展した件もある。

そんな中で600億ウォン出したら「物流混乱」が解消に向かうとか、どんなお花畑理論なのか。
韓進海運が先月31日に法定管理を申請して以降、国内外の港では荷役作業が滞り、物流がまひした。海外の船主などに船舶の仮差し押さえを申し立てられた上、荷役会社からは相次いで延滞金を要求され荷役を拒否されたからだ。
まず、船に荷を満載した状態で破産したために、物流麻痺が起こって、船は港に足止めを喰らった。
  • 韓進海運の破綻
  • 世界中の港で韓進海運絡みの荷役作業がストップ
  • 韓進海運の船は港に入港できず
  • 荷役会社から延滞金の請求
キャッシュフローがパンクしているのだから、韓進海運に現金を支払う能力は無い。
  • 荷役会社の荷卸し拒否と、運送拒否
  • 荷主からの損害賠償請求
  • 以降の韓国海運業の利用を忌避
今後の流れとしてはこの3つが考えられるが、そうなると、韓国海運業は確実に死ぬ。

記事ではこんな暢気な事が書かれている。
 韓進海運は600億ウォンの資金が入り次第、米国・日本など8か所の「安全な港(船舶差し押さえの恐れがない港)」で荷役作業を急ぐ予定だ。
うん、だけどそれは荷役作業が出来るだけだ。
降ろされた荷を運ぶにあたって、運送業者は韓進海運絡みの荷を扱いたがるだろうか?
海運業界の関係者は「いまだに荷役作業ができない韓進海運のコンテナボックスは18万個に達する」として「今回の融資に加え、さらに1000億ウォンの荷役費用が必要になる」と話した。
そして、今のところ船舶差し押さえのおそれが無い港は8つしかなく、世界中の港では18万個のコンテナボックスが荷役作業を待っている状態だ。あるものは港に積み上げられ、あるものは船の上で荷卸しを待ち……。
 
安全な港と言われる場所ですら、その荷の安全性が保証されるという話では無いのだ。
全然解消しないよね?混乱は。

追記
コメントを頂いたので、折角である。それぞれの記事を紹介したい。興味深いことが書かれている。

韓進海運の空コンテナ滞留に伴う緊急対応について

◆目的◆

世界第7位の海運会社である株式会社韓進海運(本社:ソウル市)が、8月31日にソウル中央地方裁判所に法定管理(日本の会社更生法に該当)を申請しました。
 神戸港で荷役された韓進海運の空コンテナについては、現在、韓進海運による貨物取扱いが停止しているため、コンテナターミナルに滞留しており、今後、ターミナルの効率的な運営に支障が生じる恐れがあります。
 国際コンテナ戦略港湾施策を推進する神戸港では、円滑な港湾物流機能を維持することを目的とした緊急対応を実施します。

◆内容◆

1.対象事業者:韓進海運の空コンテナを取り扱うターミナルオペレーター
2.支援内容:空コンテナ1本あたり15,000円を上限に、コンテナの移動、回収、保管等に係る費用について、対象事業者からの申請に基づき必要経費を負担
3.対象期間:平成28年9月1日~平成28年12月31日
「対象業者からの申請に基づき必要経費を負担」だそうだ。
「邪魔なコンテナは税金使ってでもどかすぜ」という、至極真っ当な事が書かれているのだが、問題はこっち。「韓進海運の空コンテナ」だ。
理由もきちんと書かれている。「神戸港で荷役された韓進海運の空コンテナについては、現在、韓進海運による貨物取扱いが停止しているため、コンテナターミナルに滞留しており、今後、ターミナルの効率的な運営に支障が生じる恐れがあります」とな。
これは当然各国で行われているであろう事であり、空のコンテナすら有害なのだ。つまり、荷主による損害賠償請求の可能性だけではなく、各国の港からも韓進海運は損害賠償請求を受ける可能性が高いということになる。長引けば長引くほど、悲惨なことになるな。

もう一つ。

NY沖で待機の韓進海運の船舶、出港計画未定で入港も許可されず

2016年9月21日(水)19時10分
法定管理(会社更生法に相当)を申請した韓国の海運最大手、韓進海運は、米ニューヨーク地域の港の外で待機している「韓進マイアミ号」の荷下ろし資金を調達した。だが、船舶の入港許可を得る以前に、どのように出港するかの計画がない、という新たな問題に直面している。
荷をおろしてもバラストが入れられない。故に、出向できない可能性が高いという話だ。そのために入港できなくなっているというのだから、本末転倒と言うか……。
韓進海運は「空のコンテナ」を積んで出港するとか言っているが、その作業をするためのお金はない。当然、ここでも「空のコンテナ」問題は出てくる。
色々足りないようだが、良いのか??


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 神戸港かどこかでは、韓進が引き上げるはずだった空コンテナが滞留し、市が税金で移動していると言います。
    アメリカの某港では、空荷のコンテナ船が喫水が下がらず、橋を潜れず出港できないとも聞きます。
    荷降ろしだけできればいいという話では全くないということが既に露わになりつつあります。

    返信削除
    返信
    1. 日本では、韓進の為に税金投入ですかorz

      荷下ろしだけ済むと思っている節がある韓国ですが……、どうなりますやら。

      削除
    2. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年9月23日 22:45

      ニュース記事で見かけたのですが、記者発表資料が上がってました。
      ソース)神戸市「韓進海運の空コンテナ滞留に伴う緊急対応について」
      目的:円滑な港湾物流機能を維持すること
      対象:韓進の空コンテナを取り扱うターミナルオペレータ
      内容:移動、保管等の費用を申請に基づき負担(上限あり)
      期間:9/1から年内一杯

      喫水の問題で橋を潜れないのは、ニューヨーク港です。
      ベイヨン橋を潜れないので、入港できずに立ち往生しているようです。
      ソース)中央日報「韓経:【コラム】ニューヨーク港を徘徊する韓進マイアミ号」
      ソース)Newsweek「NY沖で待機の韓進海運の船舶、出港計画未定で入港も許可されず」

      削除
    3. 補足ありがとうございます。
      参考になりそうなので、追記にあげておきたいと思います。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。