韓国海軍の対潜ヘリコプターが海中に墜落

潜水??

韓国海軍の対潜ヘリコプター 訓練中に墜落=当局が捜索中

2016/09/26 23:19
【ソウル聯合ニュース】韓国海軍の対潜ヘリコプター「リンクス」1機が26日、東海で訓練中に墜落した。
貴重な韓国海軍の対潜ヘリコプターがー!!!





本件に関しては、とにかくヘリコプターに搭乗していた方々が、一刻も早く救出されることを祈らずにはいられない。
そういう意味では「お笑い韓国軍」のカテゴリーに含めることは適切では無いのだが……。

……墜落した「リンクス」ちゃんがねぇ。
リンクス
こちらのリンク先でも紹介しているが、リンクスというのは韓国海軍で導入されているMk.99/99Aというヨーロッパ系のヘリコプターだ。
英アグスタウェストランド社が販売している「リンクス」だが、軍用・民間用汎用ヘリコプターとして開発されており、韓国軍ではこれを対潜哨戒用に利用している。
どうやら、韓国軍は「リンクス」を23機程保有しているようだが、ローテを考えると稼働できるのはこの1/3程度だろうと思われ、更に韓国軍のメンテナンス能力と相まって5~6機程度が同時に使える戦力だと言う事になろう。
そうした貴重な「リンクス」を水没させてしまったのだから、残念極まりないが、韓国海軍の場合はもっと人員の方が問題である。



ヘリパイロットは何処の国でも貴重な存在である。
そして、以前も紹介したのだが、韓国ではヘリに限らず民間航空機などのパイロットなどが支那に引き抜かれまくっている。

中国の「年俸タブル」に韓国パイロット離職ラッシュ

2015年09月12日10時30分
  今年に入って大韓航空・アシアナ航空のパイロットの退社が大きく増えたことが分かった。中国航空会社の「ラブコール」のためだ。
そして、韓国軍では人材不足が更に深刻だ。

韓国空軍は「ブラック企業」だった パイロットの異常な離職率…給料安く、機材も不安 「ふぬけ扱い」で士気低下

2015.9.26 11:00
 韓国空軍のパイロットが、毎年平均で150人以上も職場を見限って転職していたことがわかり、韓国内で波紋が広がっている。
~~略~~
 韓国空軍本部は8月9日、2014年に軍を辞職した操縦士が127人だったと発表した。聯合ニュースや韓国YTNテレビ(いずれも電子版)などによると、13年には124人、12年が113人で、直近の10年間の平均値をみると、軍は1年あたり150人のパイロットを養成しながら、同時に離職者は155人にのぼったという。

ベテランばかり韓国軍から抜ける状況で、更に韓国国内に留まらずに支那に渡ってしまうので、もう、どうしようもない。



これに加えて、韓国軍では飛行時間が極端に短く、リスクが大きい職場としても有名だ。
空軍では、こうした整備不良にまつわる事故が多いとされ、2000年以降で35機が墜落し、パイロット38人が死亡。うち5件が整備不良で5件が故障だった。
韓国軍の整備不良は度々指摘されているが、整備技術が無い事に加えて、そもそも整備に必要な環境や部品が用意されていないことなどが問題視されている。
お陰で、ニコイチ修理や共食い整備が主流だと言うから、恐ろしい。

何にせよ、無事に帰ってきて欲しいが、無事に生還したら、韓国軍から足を洗うのが良いかも知れないね。
追記
続報があったが、乗組員の方は絶望的のようだな。

ヘリ墜落事故 韓国海軍「残骸とヘルメット発見」

2016/09/27 11:51
【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は27日、前日に東海で訓練中に墜落した対潜ヘリコプター「リンクス」1機の残骸が見つかったと明らかにした。
 海軍関係者は記者会見で「夜間捜索した結果、27日午前0時ごろ、ヘリのドアなど胴体の一部とパイロットのヘルメットなどを発見し引き揚げた」と伝えた。ただ、ヘリに搭乗していた3人はまだ発見できていない。
韓国人は基本的に泳げない。それは軍人であっても、だ。
加えて、日本海は波が高い事が多く、墜落海域はどうか知らないが、潮の流れの速い海域が朝鮮半島周辺に多いのも事実だ。
泳ぎの達人でも、墜落したヘリコプターから脱出してからの遠泳は非常にハードルが高いので、この時点で発見されていないのは絶望的だ。
 ヘリは1999年に導入されたもので、機体の老朽化の問題もないという。
  パイロットについては飛行時間770時間のベテランで十分な経験があると説明した。
  海軍は事故後、運用中のリンクス約20機の飛行を中断し、事故調査委員会を設置して事故原因の調査を始めた。
貴重なパイロットが……。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ



コメント