大韓航空、ボーイングと組んで無人ヘリコプターを共同開発

ボーイングも負けフラグがびんびんと……。

大韓航空、ボーイングと無人ヘリコプター共同開発に着手

2016年09月23日10時35分
  大韓航空は21日、大韓航空本社で韓進(ハンジン)グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長、ボーイングのデニス・マレンバーグ会長が500MD無人ヘリコプター共同開発のための合意覚書を締結したと明らかにした。ボーイングは大韓航空に飛行操縦、試験評価などの技術資料や関連技術を支援し、海外共同マーケティングを行う。
いやでもさぁ、これ、こんな事やっている場合なの??


このブログの人気エントリー、「お笑い韓国軍」の記事を書く切っ掛けになったのが500MDなので、なかなか感慨深い。
詳しくはこちらを参照して欲しい。
こんな感じの汎用ヘリコプターで、大韓航空によってライセンス生産されていた。いや、今もされているのかな?

もとはヒューズが設計したMD500が原型になっている様だが、ヒューズとは組まずに何故かボーイングと大韓航空が組んで、何故か海外協同マーケティングをやるらしい。
500MD無人ヘリコプターは昼夜間偵察監視はもちろん近距離精密打撃が可能だ。第一線で監視偵察と対応活動などに活用される見通しだ。
何か、もう既に出来上がったような書き方だが……、えー、開発するという覚書を交わした段階なんだよな?
まあ、MD500は同系列のOH-6カイユースが自衛隊にも採用されており、ベストセラーと呼べるヘリコプターではあるのだが、韓国の500MDディフェンダーの評価が低いのは、主に整備不良のせいである。

だいたい、韓進海運はどうでも良いのか?


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. ボーイングの軍用機部門はここ最近パッとしてない印象ですが、こんなプロジェクトに首を突っ込む辺りやっぱり厳しいのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 確か、K-FXの入札のときにも顔を出していましたし、大韓航空との結びつきは強いのでしょうね。

      そして、軍用機はことごとく持ってかれていますから、厳しいのは事実でしょう。

      削除
  2. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年9月29日 21:15

    >ヒューズとは組まずに何故かボーイングと大韓航空が組んで、
    ヒューズ(ヒューズ・ヘリコプターズ)は、現在はボーイングの子会社になってます。

    ヒューズ・ヘリコプターズ
    ↓マクダネル・ダグラスへ売却
    MDヘリコプターズ(マクダネル・ダグラス子会社)
    ↓ボーイングによるマクダネル・ダグラスの吸収合併
    MDヘリコプターズ(ボーイング子会社)

    返信削除
    返信
    1. なるほど!
      ヒューズはマクダネル・ダグラスに買収されていましたか。
      マクダネル・ダグラスはボーイングに買収されましたから、実質、ボーイングの子会社になったと。
      じゃあ、「何故か」ではなく当然というわけですな。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。