2016年9月4日日曜日

韓国海軍のイージス艦を改良してSLBM対策にするぜ!

まぢで!

残り時間3年... SLBM防ぐ槍と盾は?

記事入力2016-08-30 14:31 | 最終修正2016-08-30 15:47
~~略~~
幸いなことに、非常に優れた盾がすでに開発されて運用している。まさにイージスBMD(Aegis BallisticMissile Defense)がそれである。米国と日本が共同開発しているイージスBMDは、1990年代から開発が開始され、2000年代初頭から運用され始めたが、現在は改良に改良を重ねて、米国のMDシステムの中で最も「よく行く」システムとして評価されている。
注:機械翻訳です
実に冗長な文だが、中身はスゲーよ。


韓国にとって北朝鮮のSLBM発射は相当な衝撃があったようで、やれ原子力潜水艦だ、やれP-8導入だ、と大騒ぎをしている。
だが、予算的な問題や導入時期の問題もあって、買うと決めてから直ぐに手に入るようなシロモノでも無い。

実際に、この記事でもその辺りの話には言及があるようで、そういう意味では現実的な分析をしているのだと言えるが……、それ以前に韓国に潜水艦を売ってくれる国がドイツ以外にあるのか?という点が非常に疑問だ。
……或いはフランス辺りならば喜んで売ってくれるかも知れない。が、発注してから建造に数年かかるので、早くて10年以内に戦力化できればマシな方である。

いや、それ以前に潜水艦でSLBMに対抗しようという発想がどうかとは思うのだが……。確かに、港から出港した潜水艦を捉えたら、その動向を捉え或いは撃沈するために潜水艦が必要という話は分かる。分かるが、だったら北朝鮮の潜水艦の動向を捉えた上で対潜哨戒機を出して追跡ではアカンのか?


……まあ、いいや。今はそれはおいておこう。
SM-2
冒頭に引用した記事では、原子量潜水艦やP-8の購入では時間がかかりすぎるから何をするか、と言う話が書かれていて、それがイージス艦の改造だというのである。
敵国が弾道ミサイルを発射すれば、最初に宇宙のSTSS(Space Tracking and Surveillance System)衛星が弾道ミサイルの発射炎からすべての飛行段階をリアルタイムで監視・追跡して、このミサイルが本物の弾頭があるか、どのような飛行コースにどこに向かって飛んでいくのかを計算してC2 BMC(Command andControl、Battle Management、and Communications)を介して警報を伝播する。
~~略~~
イージス艦は、このデータをもとに射程距離700 km、迎撃高度500 km、マッハ10以上の速度性能を持つSM -3 Block IAミサイルを発射して、弾道ミサイル迎撃に出る。
……まあ、そうなんだけどさ。
image-20130503204627
韓国のイージス艦ってアレだよね?
あ、史上最強デシタネ。


ちなみに、イージス艦でSLBMを迎撃しようとすると、色々な付随システムが必要となるわけだけれど、一番問題なのは韓国版イージスはSM2しか撃てない状況だって事だ。
韓国は既にイージス艦3隻を保有しているが、残念ながら、これらのイージス艦にはBMD能力がない。ここでBMD能力を付与するのに必要な予算は、1隻あたり約4000億ウォン水準であり、日本の事例を参考した場合、契約から消費電力化までは約2年の時間が必要である。
改造する気らしいね。

だが待って欲しい、「日本の事例を参考にして」って、SM3は日米共同開発品なんですが、それは参考になるんデスかね?共同開発ってことで、ライセンシーも装備する許可も事前にあって、改造するノウハウも東禅寺前で持っている。そんな日本と比べられてもねぇ……。

韓国のデータリンクも大きな問題となる予感だが、そもそも実験が成功した段階の北朝鮮のSLBMを気にする前に、既にテストを盛んに行っている地上のミサイルに対応したり、ソウル上空に降ってくると言われる4000発とか1万発とか言われている火砲の雨の心配をした方が建設的だろうに。

……そんな正論を言っても仕方が無いだろうから、イージスBMDの導入が韓国にも可能である前提で話を考えるに……。

アレだな、新たに建造する予定のイージス艦にSM3を撃てる前提でVLS設計した方が行く分マシだろう。
だって、現行、3隻しか無いイージス艦を改造するって事は、改造中の運用は無理って話になる。それで良いのか?ただでさえヘビーローテーションで回していると噂される韓国版イージスだが、どうする気なんだろう、それは。

欲張っても良い事無いぜ。

あと、戦略的な事を言うと、基本的にはイージス艦の天敵は潜水艦である。3隻しかない虎の子装備だけにSLBM対策を講じる為に長期間ドッグ入りというのは……。ねぇ。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

6 件のコメント :

  1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年9月4日 10:52

    この件の日本語記事は、この辺りかなあ(リンク略)
    ソース)中央日報「北朝鮮の高高度ミサイルに対応、イージス艦迎撃体系を急ぐべき」
    >近いうちに現実となる北朝鮮の核搭載高高度弾道ミサイルに対応する
    >には、次期イージス艦に先立ち従来のイージス艦に優先的に高高度
    >迎撃能力を備える必要がある。

    韓国版イージス艦は、あたご級と同じベースライン7系ですね(あたご級は7.1J)ベースライン7系でも弾道弾迎撃機能を持たせることは可能なようです。
    あたご級がベースライン9(9J?)に換装するので「ウリも換装するニダ」的な話かもしれません。
    こんごう級は、弾道弾迎撃能力付加時のアップグレードでは、ベースライン4または5から5.2に換装(改造)しただけで、メジャーアップグレードは行われていないです。某雑誌によると、こんごう級へのベースライン9導入は検討されているようですが、船齢を考慮すると(費用対効果的に)疑問符が付いているとのことです。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      http://japanese.joins.com/article/763/219763.html
      この辺りでしょうかね。

      自衛隊はこんごう級のアップデートも計画していると噂は聞きますが、やはり新しい船を作った方が良いのでしょうね。とはいえ、そうそう新しい船を作る訳にも行かないのでしょうけれど。

      削除
  2. そろそろこんごう型も後継艦考える時期という恐怖
    防空艦としては十分一線級ですし、改装すればまだ使えるとは思いますが

    返信削除
    返信
    1. こんごう型(1993年~)
      あたご型(2007年~)

      ……たしかにそろそろでしょうね。
      8200トン級が来年辺りにお目見えする予定ではありますが、最近きな臭いので急ぎたいところですよね。

      削除
  3. お財布がなぁ<<DDGの代艦
    DDのほうも延命処理で四苦八苦してるし
    全部ビンボーが悪いんじゃー
    そういう意味では新型バンバン作ってる中国がちょっとうらやましい

    返信削除
    返信
    1. 支那は本当に凄いですよね。
      あれだけの予算を注ぎ込めるというのは、なんとも。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。