クウェートの橋の床版落下事故、今回だけじゃない?

おやおや。

現代建設、相次ぐ事故...クウェート連陸橋天板「がらがら」

[0号] 2016年09月06日(火)11:46:34
現代建設が施工している「ジャベル橋梁」で天板が崩れる事故が発生した。
「相次ぐ事故」だと?


さて、この記事は先日取り扱った内容ではあるのだが、韓国語ソースのものを探していたら、意外な内容が。
記事の中で「長さ60センチ、重さ1800トンの床版」という下りがあったが、これが間違いである旨をコメントで指摘いただいていたので、ちょっと調べていたのだ。
過去5日、現代建設などによると、1日(現地時間)ジャベル連陸橋天板工事中の長さ60m、重さ1800tに達する天板が崩れる事故(写真)が発生した。
確かに、ソースの方は60mになっている。
なお、翻訳した記事の方は「床版」という言い方になっているが、機械翻訳の方は「天板」という表現になっている。
構造
日本では、橋の一番上、つまり道路を支えている蓋になっている部分を「床版(しょうばん)」と呼ぶのだが、今回はここを落っことしたということになる。
「天板」でもニュアンスは伝わるな。


さておき、1車線の幅は日本だと3.5mと決まっているので、片側2車線でも20m弱の幅に設定されることに。
韓国でもそれ程大差はないだろうから、クウェートの橋が2車線であっても幅は20m前後という話に。そう考えると60cmでは1800tは重すぎである。
そうするとやっぱり60mというのが正しいのだろうな。

で、これを運んでいるうちに落っことしちゃった、という話だと理解していたのだが……。
事故は天板を運んだ大型トロリー(車)で天板が落ちて、既存の接続された天板を襲い、発生した。事故では、天板には海に落ち、既存の天板4つの破損したが、人命被害はなかったことが分かった。
訳はトロリーになっているが、多分クレーン車の事だろう。


しかし、気になるのはここだ。
このような重要な工事に発注先であるクウェート政府監理団は去る1月、現代建設と協力会社が天板製作と関連未承認図面を使用するなど、手抜き工事の恐れがあり、工期が遅延されるとし、「繰り返される失敗と、これによる工期の遅れにすべての結果は、現代建設の責任だと警告する」との警告書を送った。
そもそも、この問題の床版(天板)は、2016年1月の時点で未承認図面を使用した手抜き工事で注意を受けていたようなのだ。
現代建設は、これに天板工事を担当したパートナーと下請け契約を解約して、現在の直営で工事を進めている。
自体を重く見た現代建設は、下請け業者との契約を解約。自前で工事を進めることにした模様。
どうやら、この1月の床版の騒ぎは現代建設が提供する「コンクリートの品質不足」か、契約を切られてしまった下請け業者の「技術不足」のいずれかであったということらしい。その責任のなすりつけ合いをやって、怒りの契約解除!という運びらしいね。


しかし、警告書の内容をもう一度読んでみて欲しい。
「繰り返される失敗と、これによる工期の遅れにすべての結果は、現代建設の責任だと警告する」とある。
どんな失敗を繰り返したんですかねぇ?

そして、タイトルになっている「相次ぐ事故」という表現から考えるに、間違いなく床版の強度不足によるひび割れや欠け落ちなど、プレキャスト工法であってはならないようなミスを連発していたのだろう。

日本語のニュースの方も、そうしたニュアンスの部分はあった。
同工事をめぐり、現代建設は今年1月、工事遅延と構造物の不良が原因で、一部工程において工事中止の通知を受けていた。
前回の記事ではあまり注目しなかった部分だが、「相次ぐ事故」という話を下敷きに考えると、小さな事故は何度も起きていたのだという推測が出来る。

それも発注するクウェート側が警告書面を送って、一部工程の工事通知書面を受け取っていたというから凄い。
一部工程とはいえ、工事を止めればスケジュールも随時狂っていく。それでも尚、工事を中止にしなければならないレベルのことをやっちゃってた、ということなのだ。

失敗すべくして失敗したと、そういう話のようだね。
ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ



コメント

  1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年9月9日 5:49

    >訳はトロリーになっているが、多分クレーン車の事だろう。
    「トロリー」には「トロッコ」「手押し車」という意味があるようなので、「トロリー」=「台車」という意味で訳は正しいと思います。

    「韓国企業が建設中のクウェートの橋が崩れる」(2016/9/7)の記事の画像に写っている黄色い台車のことだと考えてます。

    返信削除
    返信
    1. 黄色いのは足場車のような気もしますが……。
      確かに、通常で考えれば吊り上げるよりも台車でジャッキアップというのが正しいのだと思うのですが、そうなると、床版が落ちた理由がいまいちよく分かりません。
      アレですかね、平行にジャッキアップするのに失敗して滑り落ちたんですかね?こういうのは大抵、協調制御でジャッキアップするので、人の手が介在するシーンは無いと思うのですよね。
      とはいえ、クレーンで吊るというのが1600tもある床版で適切なのかというと、これもまた悩ましい話でして。

      まあ、もうちょっと調べてみます。
      2009年には現代建設がインドで建設していた橋も落ちたらしいですが、この辺りもあわせて。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。