2016年10月7日金曜日

支那、空母開発者の身柄を拘束

バレちゃまずい事を知ってるしね。

中国の国産空母開発者が身柄拘束 25.5億円流用か

2016.10.05 07:00
 中国人民解放軍で党員の不正を追及する規律検査部門は初の国産空母建造のため国家的なプロジェクトチームである「048弁公室(「オフィス」または「事務所」の意)」所属の中国海軍大佐を汚職の疑いで身柄を拘束し、取り調べを行っていることが分かった。
この費用の流用が本当か嘘かはどうでも良い話で、真偽の程も確かめる術は無い。



興味深いのは、国産空母の開発担当有力者が捕まったという事実だ。
空母
支那の空母と言えばコレ。「ヴァリヤーグ」を改造した「遼寧」こと、ハリボテ空母だ。
001型というとコレのことを指すはずなのだが、そのあたりはNEWSポストなので仕方が無い。
2bf0fbe7
現在建造中の支那国産空母は、こんな写真が撮られているが、型式はCV001Aだったはず。
d74a5f2f
原型は「ヴァリヤーグ」だね。ものすごい急造で、今年末には出来上がる模様。



おっと、それはそれとして、逮捕されたのはその主要プロジェクトチームの有力幹部なんだとか。
 同紙によると、逮捕された大佐は陳文超氏で、弁公室の有力幹部として、主に必要な装備などを調達する部門の責任者の一人で、将来を嘱望された優秀な将官とされる。
うんまあ、色々と金が動きそうな場所にいるな。
 陳大佐は同弁公室に異動する前に海軍病院の建設などを担当しており、過去の兵舎建設に絡む問題が指摘されているという。報道では、陳大佐の妻がこの兵舎建設を担当する民間企業の幹部で、妻とグルになって、建設費から数年間に1億7000万元(約25億5000万円)もの資金を個人的に流用していた疑いがもたれている。
 陳氏は048弁公室に異動するために、上官に賄賂を贈っていたとみられている。また、陳氏の腐敗事件に絡んで、すでに数人の軍幹部が取り調べを受けた結果、相次いで自殺を図ったと同紙は伝えている。
しかし、支那ではこの程度の賄賂は日常茶飯事なので、空母が概ねできあがって、形になってきた今、色々とヤバイところに首を突っ込みすぎたというのが本当のところだろう。

空母、無事に出来上がっちゃうと、日本の防衛がヤバイのだが、どうなるんだろうねぇ。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。