GalaxyNote8、来年2月の販売予定を変えないサムスン

凄いな!!

韓国政府とサムスン 「ノート7」の発火原因を本格調査

2016/10/16 14:48
【ソウル聯合ニュース】発火問題により生産・販売が中止された韓国・サムスン電子の最新スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」に対し、韓国政府と同社が原因究明を進めている。
普通は原因が解明されるまで販売予定の延期とかアナウンスするシーンだと思うのだが、そうした気遣いはしないのな。



いや、それ以前に「GalaxyNote7」の原因究明を、サムスンだけでなく韓国政府も参加していると言うのがオドロキである。
>「ギャラクシーノート7」に対し、韓国政府と同社が原因究明を進めている。
まさか、行政指導だけとかだろう?と思っていたが、そうでは無いようだ。
 業界関係者は16日、産業通商資源部所管の韓国産業技術試験院が13日に発火原因の分析作業に入ったことを明らかにした。同試験院は韓国で発火事故を起こした4~5台を調べているようだ。
なんと、政府の全面協力の下、調査をやっているらしいのである。
 14日までにソウルや仁川、大田などで消費者から事故の報告があり、サムスン電子はこれら機器のほとんどを回収して試験院に渡した。試験院は発火原因をバッテリーの設計上の欠陥と決めつけずに、X線やコンピューター断層撮影装置(CT)などを使って綿密に調べる方針だ。
それも、サムスンが故障したスマホを改修して、これを産業通商資源部所管の韓国産業技術試験院が調査するというスタンスである。
流石、国策企業の面目躍如だ。



もちろん、韓国で最先端の調査を行うに当たって、国の施設を使用するということ自体を批判する気は無い。「それだけ本気」とも言えるのだ。
ただ、どうにもおかしな話になっている気がする。
 サムスン電子は試験院に製品の設計図など必要な資料を提供する一方で、社内でも独自に調査を進める。同社関係者は「試験院の調査に協力するが、結果を待ってばかりはいられない。速やか、かつ正確に発火原因を究明するため、社内の使えるものを総動員している」と話した。
何故かというと、サムスンの言い草だと、韓国政府が主体的に原因調査を行い、サムスンは協力している立場、の様に聞こえるのである。
 さまざまな可能性を想定し、シナリオ別に試験と安全検証に取り組むとみられる。また、米消費者製品安全委員会(CPSC)など海外の機関が現地の消費者から回収した機器を韓国に持ち込んで原因を調べることも検討中だ。
そして、韓国政府はどうやらサムスンの危機を丸抱えで解明しようと意気込んでいる模様。
アメリカでの事案は、アメリカに調査させた方が、きっと良い成果が得られると思うぜ!!!



きっと、サムスンの息がかかった調査報告だと、こんなのが出てくる。
サムスン電子の依頼で民間の試験機関と産業技術試験院がそれぞれ調べ、「外のケースとバッテリーに衝撃が加えられた痕跡が見つかった。バッテリー自体の欠陥で燃えたようではない」という趣旨の結果を出した。
いやいや、「外のケース」は分かるけど「バッテリー」に衝撃が加えられた「痕跡」って。スマホを分解してぶん殴ったとでも言う気なのだろうか?

そもそも、外部衝撃で燃えてしまうことそのものが問題だと、何故気がつかないのか。
スマホは、どうしたって手で持って操作する以上は、「落下」という事を考えなければならない。つまり、外部からの衝撃は想定する必要がある。例えば、落として踏んだりという事だってありうる。
それで壊れることそのものは仕方が無いが、発火して爆発するような事態を招くのはどう考えてもおかしい。
航空機内での発煙騒ぎも、「電源を切った状態」で「シートに挟まって」燃えていたと言うのだから、洒落にならない。



また、不思議な事に、他のメーカーのスマホが爆発したという話も聞かない。
となると、どうあっても外部の問題だとして片付けたい韓国政府やサムスンの思惑とは異なる結論を導くしか無いのだが、電源を切った状態で爆発するというのも不可解な話である。

 サムスン電子はこれを含めすべての発火事例について原因を調べる。世界中の消費者から信頼を取り戻すには、来年2月に予定された新たなフラッグシップスマホ「ギャラクシーS8」の発売前に原因を明確にする必要があるためだ。
で、冒頭の衝撃に戻るわけだが、なんと、来年2月のGalaxyNote8の発売を延期するような判断は一切無いと。驚く話では無いか。

こうした事故遠因の追求は、そう簡単にできるものではない。
サムスンは今月中の発表を目指しているようだが、今回は色々なケースでの爆発や発火が報告されているだけに、複数の要因が絡み合っているか、別々の原因で別の現象が発生するということも予想される。
原因特定に当たって、事象の再現性が無いと言うのが一番ネックなのだが、今回はどうもそうしたことが原因の究明の足を引っ張っている可能性が高い。
そして、そうした問題の徹底究明の姿勢こそが今のサムスンに求められている話なのだが……。

だって、今回の原因究明結果がGalaxyNote8の設計に反映される保証は何処にも無いから。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. Galaxy S8については延期どころか、リリース時期を前倒しするという噂もあります。

    定番スマホ用ベンチマークソフトの「AnTuTu」で、空前の最高スコア203,737を記録した謎の端末が現れ、これがExynos8895搭載のGalaxy S8である可能性が高いと噂されている。
    2016年9月の時点でのモバイル端末の最高スコアは、iPhone 7/7 Plusの17万ポイント台で、モバイル端末で20万点を超えた端末はこれが初めて。
    http://www.phonearena.com/news/Mystery-prototype-scores-record-setting-203737-on-AnTuTu_id86200

     上半期ランクを席巻したOneplusやLeEco等の新たな中国勢が15~16万点台、iPhone 7で17万点なので、噂通りこの20万点がGalaxy S8なら、圧倒的な差です。早く出したくなる気持ちも分かります。
     この圧倒的性能差で一挙に巻き返そうと、「販売休止全額保障」や「取引企業に全額補償」で環境整備しているのかも知れません。
    こういう苦難から立ちあがる逆転ストーリー、韓国人凄く好きそうだし。

    返信削除
    返信
    1. そんな噂もありましたねぇ……。

      この話はX線天文衛星「ひとみ」の話とも被るのですが、サムスンは性能を追求するあまり、安全のマージンを削りまくったのではと。
      GalaxyNote7も発売時期を随分前倒ししたような話でしたが、GalaxyNote8も前倒しするとなると、何が起こるか分かりませんね。

      苦難から立ち上がる逆転ストーリーは良いのですが、顧客の安全を犠牲にしてまでやる話じゃ無いんですよね。

      ……日本人の感覚は通用しないのかも知れませんが。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。