韓国海軍、214型潜水艦の8番艦を進水させる

正確には進水式なので、海軍がやったわけでは無いのだろうが、214型は欠点解消したのか??

韓国海軍の潜水艦「李範ソク」が進水 独立運動家から命名

2016/11/08 17:20
【ソウル聯合ニュース】抗日武装独立闘争に献身し、後に政治家となった李範ソク(イ・ボムソク)氏の名を冠した韓国海軍の214型潜水艦(1800トン級)8番艦、「李範ソク」の進水式が8日、南部の慶尚南道・巨済で行われた。
そして、相変わらずのネーミングだな。



韓国海軍の214型潜水艦は、反日活動家の名前を付けるのが恒例となっている。
過去に2回紹介しているが、今回も同じように紹介していこう。
AJP20161108002700882_01_i
  • 1番艦「孫元一」 ← 初代海軍参謀総長(1909~1980)
  • 2番艦「鄭地」 ← 倭寇討伐で功を上げた軍人(1347~1391)
  • 3番艦「安重根」 ← 伊藤博文殺害のテロリスト(1879~1910)
  • 4番艦「金佐鎮」 ← 朝鮮の独立運動家(1889~1930)
  • 5番艦「尹奉吉」 ← 抗日武装組織所属のテロリスト(1908~1932)
  • 6番艦「柳寛順」 ← 抗日デモ活動参加の民間人(1902~1920)
  • 7番艦「洪範図」 ← 抗日テロ活動を行った民間人(1868~1943)
  • 8番艦「李範ソク」 ← New!!



そのうち、朴槿恵とか李明博の名前が出てくるのでは無いかとすら言われているが、それ程までに韓国には偉人が少ない。
で、この「李範ソク」なる人物が何者かよく分からないので、やっぱり調べてみた。

李 範奭(イ・ボムソク:1900~1972)は、李承晩政権下で初代国務総理や初代国防部長感を務めた偉人らしい。とはいえ、李承晩政権自体が軍事政権であり、対日強硬政策を採っていたことでも有名である。当然ながら李 範奭もバリバリの軍人であったようだ。

では、この李 範奭がどのような人物だったか、簡単にまとめておこう。

1900年に忠清南道天安生まれ、高等普通学校を卒業後にいきなり支那に亡命する。そして、雲南講武堂騎兵科第12期生になっている。この雲南講武堂は、日清戦争に敗北した清朝が軍事改革の一環として新式陸軍設立の為の軍人養成の為に作られた学校である。多くの革命派を輩出する有名校で、雲南辛亥革命にも大きく貢献したと言われている。つまり、李 範奭の活動家としての原点もここにあったと言って良いだろう。
そして、韓国の重要な基点である3・1独立運動の中、抗日独立運動を志して私塾の教官になった。この頃に青山里戦闘を経験している。
1922年から1925年までは、ソ連の沿海州で高麗革命軍合同民族連隊の指揮官となる。が、ロシア人妻が自殺したのを契機に今度は満州にて支那軍に勤務する。



満州事変(1931年)で敗走した後、支那で東北抗日義勇軍に属することになる。そこで参謀としての働きをしたが、1934年に部隊は壊滅。ソ連に逃亡する。同年、ヨーロッパ視察後に中央陸軍軍官学校洛陽分校特別班学生隊長となる。中央陸軍軍官学校は初代校長が蒋介石であり、支那でその存在は重要な役割を果たす事になる。そして、日中戦争(1937年~)では国民革命軍に属して日本と戦っている。
1940年にようやく韓国に戻って、韓国光復軍に属して幹部扱いでの活躍をする。まあ、とはいえ、光復軍は殆ど戦闘には参加せずに解体されるんだが。

李 範奭が韓国の政治の表舞台に出てくるのは1948年になってから。初代国務総理に任命されると、その後に国防部長官にも任命されて、その手腕を発揮。1952年には釜山政治波動と呼ばれる李承晩が大統領に再選されるために暴力団を使ったテロまで起こしたと言われている。……寧ろ、韓国内でもテロリスト扱いのような気がするが。
その後、1961年に民族青年団系の軍事クーデター未遂事件の首謀者として逮捕されるが、直ぐに釈放されている。これ、「首謀者」だったけど、韓国の不思議な力で無罪になったんだろうね。



……あれ?確かに抗日運動は行っているが、目立った実績は無いよ。

あんまり関係無いのだろうか?
 李氏は1900年にソウルで生まれ、日本による植民地時代に中国に亡命。20年には日本軍との青山里戦闘に指揮官として参戦し、勝利に寄与した。46年に帰国し、48年の韓国政府の樹立と同時に初代の首相兼国防部長官に就任。国軍の創設と養成に尽力した。
ほうほう、青山里戦闘の際に指揮官として参戦していたのか。

ちなみに、青山里戦闘は洪範図の時にも出てきたが、韓国国内では日本に勝利した貴重な戦いとして、日本国内では単なる韓国内の国内紛争として記録されている。
青山里戦闘は韓国の建国神話の中核をなす戦いだが、その実は単なる武装テロリストの軍事蜂起であり、日本軍により速やかに鎮圧されている。そもそも、この武装テロリストの主力は支那人であったらしいし、日本側の被害は記録で確認する限りは極めて軽微である。

……ファンタジー上の活躍だったって事らしいぞ!

まあ何でも良いんだが。
 「李範ソク」の水中速力は最大20ノット(時速37キロ)。敵の重要施設に対する長距離精密攻撃が可能な射程1000キロの潜対地巡航ミサイル(海星3)を搭載している。
このように宣伝されているが、214型のカタログスペック詐欺は既に説明してきた通りだし、多くの問題を抱えているのも事実だ。

加えて、この海星3というのは、ハッキリしたスペックが示されていないのだが、こちらのニュースと関係するのかな。

軍艦・潜水艦から…韓国版トマホーク巡航ミサイル

2013年02月15日08時40分
韓国独自の技術で開発し、2010年末に実戦配備した「海星」は、射程距離800-1000キロで、北朝鮮全域を射程圏内に入る。09年に韓国型駆逐艦「王建」(KDX-II、4400トン)が艦対地巡航ミサイルを試験発射している(上の写真)。214級(1800トン)潜水艦から潜対地ミサイルが水面上に飛び出している(下の写真)。
独自技術(笑)

まあ、欠陥の指摘される新型艦を量産することにどんな意味があるのかは知らないが、続々作るより、韓国造船業を助ける道は無いとか思っているのかも知れない。そうであれば、これ程滑稽な話も無いのだが。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント

  1. 日本と中国という大国にずっと翻弄されて、たまたま独立出来たのが朝鮮ですな。歴史上のほとんどが中国の属国みたいなものでしたから建国の理由付けを無理やり作り上げた感は否めないですね。

    返信削除
    返信
    1. 建国の理由付けはそりゃ、必死でしょうねぇ。
      何しろ、韓国の存在意義に関わるわけですから。

      ただ、それを追求するとどうしても情けないことになってしまうので架空の歴史をでっち上げて満足するという状況に。
      韓国の歴史がファンタジーであると言われる所以ですな。

      削除
  2. 名は体を表す、とは良く行ったものですね(笑)。ポンコツ潜水艦にゴミ人物名。いかにも南鮮らしくて、良いではありませんか!

    返信削除
    返信
    1. それは哀しき韓国史によるものですから、ある意味仕方が無いわけですが……。

      しかしそれはそれとして、その潜水艦に搭乗する乗組員達はたまったものではないでしょうな。何の苦行かと。

      削除

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。