2016年11月8日火曜日

韓国、欠陥ヘリを輸出する準備

スリオンの欠陥は問題無いのか。

韓国製機動ヘリ 半年以内の初輸出を示唆=航空宇宙産業社長

2016/11/03 18:19
【ジャカルタ聯合ニュース】軍用機の製作などを手掛ける韓国の防衛産業大手、韓国航空宇宙産業(KAI)の河成龍(ハ・ソンヨン)社長は2日(現地時間)、インドネシア・ジャカルタで開かれた国際防衛産業展示会で聯合ニュースのインタビューに応じ、「半年以内に具体的な成果が出ることを期待する」としながら、初の韓国製機動ヘリコプター「スリオン」の輸出が秒読み段階に入ったことを明らかにした。
正確に言うと、軍関係の記事では無いんだが……、まあ良いよね。



さて、スリオンと言えば、かの有名な韓国の欠陥ヘリである。
色々問題があったが、全般的にそんなに簡単に対策ができるとも思えない。
AJP20161103003700882_02_i
幾ら、「性能が良い」と宣伝されても、本質的な欠陥を抱えている状況ではねぇ。



それでも輸出してしまうのが韓国である。
 KAIは現在、インドネシア、タイ、イラクとスリオン約30機の輸出をめぐり協議している。
まあ、これらの国が安価な汎用ヘリコプターを欲していて、技術的にはフランスの技術が大半であることを考えればそれなりに信用がおけるだろうと、その様に判断しているとすれば、韓国製品を甘く見すぎである。

何しろ、洗濯機すら爆発させてしまうほどの実力を兼ね備えているため、外国の部品を使おうとも、不良品を生み出すことにかけては右に出る者は……。

ま、イイや。

変な兵器を購入して嘆く国が出たとしても、それはその国の選択だよね。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。