2016年12月25日日曜日

韓国海軍、軍需支援艦を実戦配備へ

……えーっと、補給艦のことでいいの?

韓国海軍の軍需支援艦「昭陽」が進水 18年に実戦配備

記事入力 : 2016/11/29 12:52
【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は29日、南東部の蔚山にある現代重工業の造船所で1万トン級の新型軍需支援艦「昭陽」の進水式を行った。

いつも思うのだが、韓国って新型装備大好きだな。



先ずは、イメージを。
昭陽
なんかイメージ画が出てきたけど、これじゃあまりわかんないな。
c2c4e956
こちらが写真で、こんな感じの艦らしい。

「昭陽」は海軍初の1万トン級の軍需支援艦で、全長190メートル、幅25メートル、最高速度は24ノット(時速約44キロ)。現在運用中の艦艇では「独島」(1万4500トン)に次ぐ大きさだ。軍需支援艦は戦闘艦が港に寄港せずに海上で燃料や弾薬、食糧を補給できるよう支援する「機動軍需支援」能力を備えている。積載量は1050トンで従来の「天池」などの軍需支援艦に比べ2.3倍以上の量を積める。
積載量が1,050tですか。



……え?1,050t??
えっと、韓国海軍が保有すている補給艦としては、天地級というのがある。
ROKS_Hwacheon_in_counter-terror_training_October_2015
冒頭の記事にも記載があるが、物資格納庫として、以下のものが積めるとされている。
  • 貨油4,200t
  • ドライカーゴ450t
天地級の場合は満載時の排水量は9,200tの補給艦としてはそれほど大きくない部類に入る船らしい。フォークリフト4基とパレットトラック4基を備えて、移送用のエレベータ3台も備えているのだとか。甲板にはデッキクレーン2基が備えられている。
えーっと、2.3倍??
これって、ドライカーゴスペースだけの話なのかな?



ちなみに、日本の海上自衛隊にはましゅう型補給艦というのがあって、積載量は公表されていないが、前級のとわだ型補給艦がドライカーゴと貨油を合計して5,700t程度だと推測されており、10,000t以上積めるのではないかと推測されている。

とはいえ、ましゅう型が満載時で25,000t、とわだ型が満載時で15,850tなので、10,000t級の「昭陽」のドライカーゴが1,050tと言うのは案外妥当なのかも。それとは別に貨油が3,000t程度積めるなら、御の字なのだろうか。

で、この「昭陽」だけど、24ノットの速力を出せるので、並列航行をしながら補給が可能になるわけだが……、しかし、韓国の敵国は未だに北朝鮮である。
陸続きの相手と戦うのに、何故補給艦が必要なのか?シロウトには分かりかねる話である。
日本のように離島防衛をする必要があれば、補給艦(AOEクラス)も必要となるように思えるけど、韓国の場合はねぇ。支那と戦争する場合や日本と戦争をするつもりならば、或いは必要かもしれないけれど。



まあ、日本が仮想敵国で、それなりに軍備拡張が必要という考えでお金を使っているので、こうした補給艦も必要になるんだな。

その割には対潜哨戒能力が低いのだけれど、日本と戦うならまず潜水艦対策をしないと話しにならないような。
相変わらず、謎戦略で軍備を拡張していくのな。

反日であればすべてが許される国、それが韓国である。韓国軍にも似たような傾向があるのかもしれない。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

5 件のコメント :

  1. まあ常識的に考えればは北朝鮮と未だ戦争中なので陸上戦力を充実させる事が先ですけど「米軍の機動戦力なら平壌はすぐに灰に出来るニダ!」なんて政府の人が言っていたので完全に米軍頼みです、ひょっとしたら対日戦略も米軍を当てにしているのでは無いのでしょうか?
    対潜、制空を米軍がやってくれるのが前提ならばあの変な軍備も納得・・・出来ないか。

    返信削除
    返信
    1. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年12月25日 17:17

      米韓相互防衛条約と日米安全保障条約の日本語訳を確認しましたが、韓国による対日戦争に米国を参戦させることはムリがあると考えます。

      ソース)東京大学東洋文化研究所「米韓相互防衛条約(アメリカ合衆国と大韓民国との間の相互防衛条約)」
      >第三条
      (中略)
      >いずれかの締約国に対する太平洋地域における武力攻撃が自国
      >の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の
      >憲法上の手続に従つて共通の危険に対処するように行動する
      >ことを宣言する。
      ソース)外務省「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」
      >第五条
      >各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか
      >一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくする
      >ものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて
      >共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

      どちらの条約も「攻撃を受けたら共同で対処する」なので、韓国の先制攻撃には米軍は支援できないし、韓国は日本の領域を攻撃した場合は、日本は米軍の支援を要請することが可能であると考えます。

      微妙なのは「竹島」ですね...

      削除
    2. アメリカは日本と韓国との間で起こった案件に関しては口出ししないでしょう。立場的には傍観者、裏から「オイバカ止めろ」的な圧力をかけるくらいですかねぇ。

      あるけむさんご指摘の様に、法律上問題もありそうですしね。

      削除
  2. あるけむ(R.K.M) @fwbc19652016年12月25日 16:58

    ぐぐってみたところ、新型軍需支援艦「昭陽」の満載排水量は2万3千トン級という情報が出てきました。韓国語の記事なので裏は取れていませんが、「1万トン以上の油類と1000トン以上の食糧・弾薬など天地艦よりも2.3倍多くの貨物を運ぶことができ」という記述もあります。

    ソース)donga.com「현대重, 해군 첫 차기 군수지원함 ‘소양함’ 진수」tp://news.donga.com/3/00/20161129/81576438/1

    これが事実だとすると、ましゅう級補給艦並みの規模・装備ではないかと考えます。
    もちろん、韓国にとって宝の持ち腐れだと思います。

    中国の空母「遼寧」の演習出動が話題になっていますが、韓国も本気で空母機動艦隊の建設を考えて(妄想して)いるのでしょうか?(自分は実現できるとは考えてませんが)

    返信削除
    返信
    1. 2万3千トン級ですか。
      そりゃまた、随分大きいですねぇ。

      基準排水量が1万トン超えで、満載排水量が2万3千トンということは、たしかにましゅう型補給艦にそっくりですが、「そっくり」という事そのものが韓国らしいと言うか。

      韓国型空母、あると思いますよ?
      ただし、空母として機能するかどうかは疑問ですけどね。

      削除

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。